スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

89年9月15日号/ファミ通作文コンクール入選作発表





■TOP 30

ビデオゲームTOP 15
1 スーパーモナコグランプリ
2 ウイニングラン
3 テトリス
4 オペレーションサンダーボルト
5 アウトラン
6 ワールドスタジアム'89 [NEW]
7 ファイナルラップ
8 メタルホーク
9 麻雀クラブ [NEW]
10 ハードドライビング
11 スーパーチャンピオンベースボール [NEW]
12 ストリートスマート [NEW]
13 ダートフォックス
14 ナイトストライカー [NEW]
15 麻雀ギャルの告白


■クロレビ

昔常連だった秋葉原のパーツ屋さんに4年ぶりに行ったら、顔を覚えていてくれたので感激。感激ついでにいらんパーツまで買い込んできてしまった。オヤジは相変わらず口達者だった。(TACO.X)

モンスターレア
8 8 9 8
アクセスタイムは気にならないし、BGMはCDで鳴らしてるし、あー、こりゃええわって感じなのだ。ゲームは単純明快でとっつきやすいし、難易度の上がり方も自然でよい感じがする。後半、ちょっと難しいけどね。ゲーセンでお金をつぎ込んだ人も納得できる難易度だと思う。(TACO.X)

ならず者戦闘部隊 BLOODY WOLF
4 6 7 5
ゲームデザインがちょっと古い感じがするんだけど、メッセージがイカスんだよね。「ワカッタラサッサトイケ」とか。そーゆー言葉の感覚が好きな人なら、結構楽しめると思う。(TACO.X)

アイドル八犬伝
5 7 7 5
思わず「くだらねえー」とか言いながらもドンドンとストーリーにのめりこんでしまった。よっぽどの人でもないかぎり、数時間熱中してプレイすれば、クリアーできてしまうのだ。簡単すぎてちょっと残念だったけど、ある意味で目からウロコが落ちてしまうゲーム体験でした。(店長)


■インプレ

想い出のゲームたち
バンゲリングベイ/東府屋ファミ坊
想い出のゲームはやっぱり『バンゲリングベイ』かなあ、僕の場合は。なにしろ、ファミコン通信ではじめて紹介したゲームだからね。ファミコン通信といってもいまのファミ通じゃない。パソコン誌、ログインの連載記事のことだ。
そのとき僕はかなり困っていた。そのときってのは、1984年の11月。新コーナーのファミ通で紹介するゲームを、必死で探していたのだ。
もともとファミコンのページを作ろうと言い出したのは、ちょっとしたアテがあったから(でなければ、そんなこと言い出すわけがないぜっ)。当時静かなブームだった『ゼビウス』の全マップを2号連続で載っけよう、3号目になれば新作も出てくるはず、そうすれば安泰、安泰ってな胸算用だった。
ところがその予定が、まったく崩れ去った。N社のYさんに了解を取ろうとしたところ、マップ公開ってのは例がないから、もう1号待ってほしいとショッキングな返事が返ってきたのだ。うー、困った困った。いったい何をやろうか。
H社のNさんから連絡があったのは、ちょうどそのころ。「じつは、ヒミツの新作ゲームがあるんだよ」。次の日にサンプルROMを奪ってきた僕は、3日間プレイし続けた。思えば、純粋に仕事としてファミコンに取り組んだのは、このときが初めてだったなあ。
ゲーマーなんて当然いないから、プレイヤーは僕ひとり。もちろん紹介する部分は、僕自身がクリアーできたところだけ。いまから思えば、平和な時代だったんだね。
次の号の『ゼビウス』では、さすがに自分だけで16エリアに挑戦する自信がなかったので、ゲーマー1名、仲間1名プラスの3人のファミ通チームを結成した。ゲーマーってのがゲヱセン上野、仲間はあの水野店長。こうしてファミ通が本格的にスタートしたわけ。
それにしても、ゲヱセン上野はある意味で、世界初のゲーマーってやつじゃないのかなあ。


■Hはどこまで表現できるのか?

[※フェイスの『麻雀学園』発売をきっかけとしたエロ特集]

ファミコンはここまでが限界だったが……
・オホーツクに消ゆ(めぐみ)
・さんまの名探偵(今くるよのエアロビの後ろにいる女の子ふたり)
・桃太郎電鉄(ろてんぶろ)
・妖怪道中記(水浴びする天女)
・蒼き狼と白き牝鹿(オルド)

対米○○○摩擦、こんなンも出てまっせ、ウハウハ
JPN 『スターシップランデブー』
USA 『ストリップポーカーⅡ』

ソフトメーカー直撃!Hソフトはどこまで許されると思うか?

[※1(普通)・2(谷間チラ)・3(キャミソール)・4(乳首片方、パンツなし、片乳と股間はパジャマで隠している)・5(乳首両方全開、パンツ一丁)、といったかんじで、数が増えるにしたがって露出度が上がっていく写真(アップル通信提供の桂木美雪という女優のもの)をメーカーに見せ、反応をうかがう。乳首がファミ通の誌面に載るのはこの企画が初めて]

データイースト竹内氏…本来、家庭用ゲーム機というのは、低年齢の子供にターゲットをしぼっているもので、そのシェアの大部分を子供が占めているのです。そういうことから、やっぱり健全娯楽という問題は避けて通れないと思います。よって1番ですね。今後ともデータイーストは健全娯楽を強く推進していきたいと考えています。

コナミ池田氏…映画のように18歳未満お断りなんてことを、ファミコンではできないでしょ。子供たちでも簡単に見られちゃいますからね。現状ではせいぜい3番ってとこじゃないですか。

スクウェア平田氏…先端を露出しちゃうのはマズいと思います。だから、3番。この手のソフトって、出せば売れると思うんです。でも反面、出したときのデメリットも大きいですよね。メーカーのイメージとかもあるし。ファミコンではグラフィック的にも無理があると思うし、ウチからこの手のソフトが出ることは、まずないでしょうね。

カプコン人見さん…ウチでは、ゲームで女性のグラフィックを描く際は、あくまでかわいらしさを前面に出したいなと考えています。だから、とくに家庭用ゲーム機向けのでは、ウチの商品のなかで裸の女性が表示されるということは今まではもちろん、今後もないと思いますよ。そんなわけで、許容範囲は1番です。あしからず。

ナツメ平井さん…写真のポーズから見ると、4番がいちばんHな感じがしますね。5番は明るい感じがして、そんなにHとは思いません。でも、実際にゲームを作るとすれば、3番まででしょうね。

ナグザット下地氏…世情を考えると、Hソフトは発売が難しい状況にありますね、近ごろは。ウチにも出す予定があったんですけど……。まあ、そう遠くない将来に期待しててください。でもユーザー側に年齢制限などを加えたものになるかも……というわけでワタシは5番。いや、ちょっと待ってください。やっぱり3番にします。


■SEGA メガ パラダイス

私は、すごいことを発見したのだ。テレビでやってる『機動刑事ジバン』の悪者の総裁ドクター・ギバがスタパ斎藤にそっくりなことを発見したのだ。ストーリーも面白いので、日曜の朝は『機動刑事ジバン』を見るようにしよう。


■広告

ファイナルファンタジーシリーズ
ⅠとⅡとⅢ
FFのことなら意見、感想、希望、イラストなどなんでもOK!思いつくままを右のハガキに書いてスクウェアまで!君のメッセージを待っている。
※全応募者の中から抽選で500名にFFオリジナルグッズセットをプレゼント!
[※ハガキには“ファイナルファンタジーⅠ・Ⅱの感想、ご意見、イラスト、またⅢへの期待、ご要望、ズバリ予想、詩、俳句、短歌、作文etc……とにかく、ご自由にお書きください。”と書いてある]


■町内会

ゲーム以外の楽しさを追求する!
ディズニーランドっていうのはそうとう面白いね。ファミコンもPCエンジンもかなり面白いけど、ディズニーランドはもっとずっと面白い。かなわんなあ。

キスミー!お習字
・相川恵里(タイガーヘリ)/長崎県 中村左吉
・ケルナグールまちの 光とかげのなか/岡山県 ゼット
・巨泉のワンダーモモいらない/岡山県 レオン・リー
・マタグラ部/愛知県 こみっく

アートな一句
・友だちに 貸したゲームが 売られてた/静岡県 左藤
・なんとかの ひとつおぼえが 2、3(ツー、スリー)/岡山県 庄司

報告書
・うちの犬のジュンは、しっぽをつかむとポーズ状態となり、放すと解除されます。/東京都 大野
・うちの家には、よく隣のじいさんが迷い込んで来る。/東京都 梅玉
・この前、うちに野良猫が来た。兄が追いかけていくと「シャー」という猫のうなり声がした。見にいくと、それは、兄が鼻をかんだ音だった。/山梨県 ななしのミークン


■新着ゲーム通信

陣取りアクションゲーム グリッドグラバー
(※=『Wit's』)


■ファミ通3周年記念作文コンクール 入選作発表

北海道・杉本(17歳)
ついに、卒業式も終わって、ぼくらはそれぞれの高校に進学することになった。親友のTは、結局高校には行かないで東京で就職するらしい。ぼくらは、最後にということで、仲間うちだけでゲーム大会を開くことにした。ゲームは、ぼくらにとって一番思い出深く、そしてさまざまなドラマを作ってくれた、『ファミスタ』に決めたのだった。
友だちが何人か試合を行ったあと、ついにぼくとTの試合の番が来た。白熱した熱戦が続いて、延長10回の裏に決着がついた。しらいのさよならホームランが出て、ぼくの勝ちだった。
Tが東京に行く日、ぼくは見送りに行けない。ぼくは、ゲーム中にTにさよならを言っておくことにした。ぼくは、できるだけ普通に、「じゃあね」と言った。Tもまるで、普通に「じゃあな」と返した。ぼくたちは、その間もずーっと画面を見つめていた。Tもぼくも感情を外に表すのがヘタだ。でも、Tの投げた最後のストレートは、たしかにTのぼくへの心からのさようならだった。
高校に入って、Tとファミ通をはさんでファミコンの話ができないのが悲しかった。そこで、Tに手紙を送ったのだ。近況と、最近遊んだゲームの話、ファミ通についてなどが手紙の内容だ。
数日後、Tから手紙が来た。Tはもう、ファミコンをやっていないらしい。ぼくにもファミコンを卒業しなさいと、お説教している始末。社会人になったTに取り残されたみたいで、なんだか悲しい気分だった。
しかし、手紙のラストに書いてあるイラストを見た瞬間、ぼくの悲しい気分はふっとんでしまった。そこには、最新ゲームのキャラクターのイラストが書いてあったのだから……。いつかまたTとファミコンで遊びたい、本当にそう思う。

[※89年6月23日号で募集したもの]

■大トロ倶楽部

GRAND FATHER



[※個人的にはいちばん好きなシリーズ]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。