スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

90年11月9日号





■表2見開き広告

コナミ

パロディウスだ!(FC)

T.M.N.T.(GB)

ケースボーイ
「ニャー(かっこいいな、ほしいな)」
(※ケースボーイの下に脈絡なく『ニャン太郎』という実写のネコがいて、「ニャー」と言っている。ツカサのウィークリーマンション的でヘボい)


■エクスプレス

抱き合わせ販売がなくなる!?
公正取引委員会が勧告


■クロレビ

パーシャル解凍の冷蔵庫を購入したので、最近はお刺身ばかりいただいている。今も、生きたあわびが冷蔵庫で凍っている。今夜は浜焼きかなあ。(ファミ坊)

アストロ・ファング
4 6 6 3
『ハイウェイスター』風のスクロールで、画面操作関係はかなりのモノ。ただし、操作系がひどく不親切で、やりにくいったらない。慣れの問題もあるんだろうけど……。(TACOX)

パチ夫くん3
8 8 9 8
本物に近づけながら、しかもゲームとして成り立たせるってのは、きっと大変なことなんだろうなあと思う。今回は、新台もたくさん入荷して、遊びがいもたっぷり。怠惰な大人のゲーマーのみなさんにオススメでーす。(店長)

クロスファイヤー
3 4 6 3
難易度のほうがけっこう異様に高いんだよね。こんなに難しくすることに、何か意味があるのかなあ。(ファミ坊)

鮫!鮫!鮫!
6 8 9 8
頭バカにしてぼけながらプレーするのにもってこいだ。ハイな気分でバリバリ撃ち殺すのが好きな人は死んでも買おう。(TACOX)


■インプレ

ファイアーエムブレム
転ばぬ先の杖だなんて年寄りの戯言だ/ジョルジョ中治
(※このインプレ中で『FE教』という言葉が生まれる)


■趣味のインタビュー

片山まさゆき

このコーナーも久々だね。今回のゲストは……あ、片山先生、お懐かしや!

――『大トロ倶楽部』みたいな、ファミコンネタのマンガってのは、描き続けてていかがでしたか?
片山 まだ遊ぶだけの立場だったときは、「おもしろいゲームがいっぱいあるなあ」とかずーっと思ってて、マンガのネタなんかたくさんありそうだなと考えてたんだけど、いざコンスタントに続けるとなるとね。おもしろいゲームっていうのは、出るときは連続して発売されるでしょ。けど出ないときはスカスカに出ない。去年、半年くらいそのスッカスカな時期が続いた記憶がありますね。そうなるとマンガのネタをひねり出すのに、ものすごい苦労しちゃったりしてね(笑)。
――連載が終わり、最近は仕事としてのファミコンから解放された気分なんですか?
片山 まあそれもあるんでしょうね。基本的にゲームは大好きなんですけどね。ファミコンばかりやっていると、意識がもうずーっとそっちのほうへ行っちゃって、精神が内向的になってきちゃうんですよ。だから、ほどほどに……ね(笑)。~ぼくは思うんですけど、やっぱり子供のころはなるべく外で遊ぶのがいい。サッカーとか野球とかで遊んで、夜になったり雨が降ってきたりしたら、家でファミコンを引っ張り出す。
――太陽がサンサン、なのに部屋を閉め切ってファミコンはないでしょ、みたいな?
片山 ええ、まったくそうですね。


■特集 ROLE PLAYING GAMES

RPG痴れ者座談会
(参加者:TACOX、小峯徳司、成沢大輔、八島俊一、玉井広宣)

RPG系統樹
(※RPG研究家の島崎遙なる人物による入魂の作。『WIZ』、『ウルティマ』から、当時の最新作である『サイバーナイト』『ドラゴンボールZ』『SDガンダム外伝』、近日発売予定の『ドラッケン』『ガデュリン』あたりまで網羅)


■ファミ道楽

増刊ファミコン通信情報
11月16日発売、260円!
2週間に1回で満足できなかった人に朗報っ!


■PC ENGINE通信

スペシャルマニアックス

謎のアーケードゲーム基盤『妖怪転生Ⅱ』 基盤収集家の渋谷洋一ついに入手
先日、業界でも屈指の基盤収集家である渋谷洋一が謎のアーケ0ドゲームを入手した。タイトルは『妖怪転生Ⅱ』。ふたり同時プレーのアクションだ。渋谷洋一、TACOX、ダービー梶原でプレーした結果、まぎれもないクソゲーと判明。その直後、編集部にブーイングの嵐が吹き荒れた。出生の秘密を握る手掛かりとしては、タイトル画面に'84年ペニオリジナルと表記されている点。それと基盤と電源を結ぶハーネスの配線がコナミの配列になっている点のふたつしかない。読者の中でこのゲームの情報を知っている方はPCエンジン通信宛てに連絡して欲しい。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。