スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクウェアより、FF4開発中止のお知らせ | '91年2月22日号・後編





■ファイナルファンタジーIV

『ファイナルファンタジーIV』の開発中止!! ここにきて悲しいニュースが飛び込んできてしまった……

えっ? なんで『V』じゃなくて『IV』なのかって? うん、まずはそこから説明しなくちゃいけないだろうなぁ。では、心して読んでほしい。ある日、スクウェアさんから編集部に次のようなファクシミリが届いたんだ。

* * *

『ファイナルファンタジーV』に関する名称変更のお知らせ、ならびにお願い
下記のスーパーファミコン対応ソフトにつきましてご連絡をさせていただきます。昨年11月に発表させていただきました小社スーパーファミコン対応ソフト『ファイナルファンタジーV』につきまして、タイトル変更のお知らせをさせていただきます。
すでにご案内のとおり、スクウェアではファミコン対応ソフト『ファイナルファンタジーIV』ならびにスーパーファミコン対応ソフト『ファイナルファンタジーV』を並行して開発をすすめております。また、一作品における平均開発期間が18ヶ月以上の長きに及ぶため、常に品質管理に留意しております。昨年末の状態で作品性を検討いたしました結果、ファミコン版『ファイナルファンタジーIV』は、『ファイナルファンタジーシリーズ』の続編として、その名に恥じない作品ではあります。が、同時に進行しておりましたスーパーファミコン版ファイナルファンタジーV』の完成度はストーリー性、ビジュアル、キャラクターの動き、イベントなどどれをとっても『IV』を大きく上まわる作品であると判断いたしました。無論、これはスーパーファミコンというハードウェアの力に負うところも多いのですが、スクウェアといたしましては、より優れた作品をファンのみなさまに提供する責任があり、この時点で『ファイナルファンタジーIV』の開発の中止を決定いたしました。その結果、スーパーファミコン対応ソフトの名称は『ファイナルファンタジーV』から『ファイナルファンタジーIV』のタイトルに変更させていただきます。発売時期(今年夏ごろ)などに関しましては変更はございません。ご理解のほどお願い申し上げます。(後略)
株式会社スクウェア

* * *

……という内容だった。ツライ、ファミコンユーザーにとってはほんとにツライ決定だった。あれだけ楽しみにしていたのに……。もう決まってしまったことだから仕方ないのかなぁ……。悲しい話はこのへんにして、発表された新情報のほうに話をうつそう。~


[※関連記事:『FF5』、SFCで登場!『4』はファミコンで/90年11月23日号増刊]


■町内会

報告書
・この前、新宿の地下で『F1レース』のCMに出ている外人のお兄さんがコンサートを開いていた。/東京都 エッチ
・先日、編集部にガバスを送ったら、“現金は送らないでください”と判子が押されて返ってきた。/千葉県 おこじょ
・近所の本屋で、消費税込みの本を買うと、またそこに消費税が加算される。/新潟県 度ローン
・ゲーセンで、クシャおじさんが『ドンキーコング』に熱中していた。/大阪府 アンメルツ


■A級保存版1990

'90ベストヒットゲーム大賞!!

読者の支持をもっとも受けたゲームはこれだ!!
1 ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
2 ファイナルファンタジーIII
3 スーパーモナコGP
4 キャプテン翼II
5 ファミスタ'90
6 魔界塔士Sa・Ga
7 ベストプレープロ野球II
8 女神転生II
9 ウィザードリィIII
10 ドクターマリオ(FC)

ファミ通編集部員が選ぶこの1本!
デビルクラッシュ(東府屋ファミ坊)
水島新司の大甲子園(浜村通信)
パチ夫くん3・帰ってきたパチ夫くん(水野店長)
SDガンダム外伝 ラクロアンヒーローズ(アルツ鈴木)
スライムワールド(渋谷洋一)
三國志II(スタパ斎藤)

ジャンル別大賞
RPG賞 女神転生II/ドラゴンクエストIV
シューティング賞 スーパースターソルジャー
シミュレーション賞 ファイアーエムブレム
アドベンチャーゲーム賞 うる星やつら STAY WITH YOU
パズル賞 ドクターマリオ
アクション賞 F-ZERO
スポーツゲーム賞 フォーメーションサッカー

部門別大賞
シナリオ賞 ファイナルファンタジーIII
グラフィック賞 アイラブミッキーマウス ふしぎのお城大冒険
BGM賞 ドクターマリオ
話題賞 スーパーファミコン
キャラデザイン賞 ヨッシー
移植賞 ポピュラス/グラディウスIII
システム賞 ふしぎなブロビー
携帯ゲーム機賞 Sa・Ga2 秘宝伝説
ロングセラー賞 ドラゴンクエストIII/テトリス


■広告

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

以下の表現はDQ以外では使用できません。

面白くて面白くてたまらない。
時を忘れてのめり込む。
冒険、冒険、大冒険。
最後までいくのがもったいない。
大感動、大興奮、大満足。
スーパーアドベンチャーアミューズメント。
大人の人も子供も男も女も。
もうRPGという枠では語れない。
一日でも早く手に入れたい。
ストーリーがめちゃくちゃおもしろい。
グラフィックもどんどんすごくなる。
操作性も超親切。
音楽もたまらなくすばらしい。
コストパフォーマンス200%。
謎ときもたっぷり、仕掛けもまんさい。
次から次へとたたみかけるイベント。
どっぷりと世界に浸りたい。
一ヶ月に一本新作がでてほしい。
夜中に友達に電話しまくる。
有名人とかコピーライターもハマっている。
毎回毎回新しい事に挑戦している。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁



■広告

ドラゴンクエストワールドグッズ

新学期・ドラクエ計画

ニューグッズ2/9発売!!

学校で、じゅくでモテモテ!!

ズビズバッとそろえよう!!

ファミコンパッケージそのまま! プレゼントにぴったり!!
ドラゴンクエストIV 小さな勇者カンペンセット
中身はコレ!!
①パッケージイラストカンペン
②スライム ペンキャップけしゴム
③スライムベス ペンキャップけしゴム
④ドラクエロゴえんぴつ
⑤てんくうのつるぎじょうぎ

かおりのする細字サインペン
ホイミペン(くろ)…つかれがふっとび、げんきいっぱい! ココナッツのかおり。
ラリホーペン(あか)…ねむくなるほど、こころがおだやかに☆ ラベンダーのかおり。
ザオリクペン(あお)…いきかえったように、きもちがすっきり! ミントのかおり。

商品のお求めは全国のデパート、スーパー、おもちゃやさんの、ドラゴンクエストワールドグッズ売場で!!


■SEGA メガ パラダイス

魔物ハンター妖子

今、チャイナドレスが流行(トレンド)

“ようこ”で思い出すのは南野陽子、荻野目洋子あたりが普通だが、今陽子も忘れてはならない。それはさておき、'91年の“ようこ”といったら『魔物ハンター妖子』。こいつで決まりだ。

バトルゴルファー唯

今、ゴルフが流行(トレンド)!!

紫禁城

今、パズルゲームが流行(トレンド)




■付録

強者新聞



[※PCエンジン通信の関係者たちによる新聞。ちゃんと更紙っぽい紙質。全8面。内容は、本誌『ズビズバ新聞』の拡大版のようなかんじ。高橋由美子インタビュー、矢野徹インタビュー、のんきな父さん8コマ、秋葉原買い物MAP、桃栗のエッセイ、広告やたずね人のパロディなど。隔週刊時代末期、過剰な遊び心と気合いにみちあふれた企画。この号のあとにももう1回だけ作られた]
スポンサーサイト

青山ガゾー『暴れん坊天狗』インプレ | '91年2月22日号・前編





[※この号は2回に分けて紹介します]


■目次対向広告

ファイナルファンタジーIV

スーパーファミコン発売から4ヶ月
スーパーなハードなんだから
もっとスーパーな感動が欲しい
そんなあなたにこの夏

「ファイナルファンタジーⅣ」発売

[※スーパーファミコンのマークをバックにした、大きな"FINAL FANTASY IV"のロゴ]


■エクスプレス

白ゲームギア登場

ファミコンを教育に導入するとっ!?
福武書店と任天堂が、ファミコンを使った教育システムを共同開発したというニュースなのだ。
教育システムのメインになるのは、スタディボックスという専用ハードだ。スタディボックスは、任天堂のディスクシステムのカセット版と思ってヨイ。カセットには、プログラムや音声が入っているのだ。カセットテープからプログラムを読み込みながら、音声(ナレーションや効果音)を再生するわけね。


■クロレビ

ファイナルファイト
7 7 8 7
ぼーっと、頭からっぽ状態で破壊欲を満たすのにはもってこい。迫力はかなりあり、『スパルタンX』に源を発するこの手のゲームのひとつの完成形態ではなかろーか。チト大げさだが、そう感じる。惜しむらくはふたり同時プレーが削除されたことと、ねーちゃんが服着てること。(TACOX)

ダークロード
7 7 7 7
けっこう複雑なシステムのRPG。ノリとしては『ソーサリアン』なのかなあ。職業で特性が変わっていったり、年齢の要素が入っていたりね。ただ、新しいファクターはふんだんに取り入れられてるんだけど、ちょっぴり消化不良な感じはする。過渡期のゲームは、やっぱり難しいよね。(ファミ坊)
見た目や細かいところが粗いけど、これはなかなかおもしろいRPGだ。システム的には『ソーサリアン』に似てるんだけど、それを感じさせないところがいい。なにより世界観がしっかりしてるところに好感が持てる。気長に、暇見てちょこちょことプレーするのに丁度いいな。(TACOX)

マックス・ウォーリアー ~惑星戒厳令~
5 5 6 5
斜めビューの擬似3Dアクションゲーム。かなり昔にヒットした『ザクソン』とか『ソルスティス』のような感じね。このゲームが好きになれるかどうかは、斜めスクロールのゲームパターンが好きになれるかどうかにかかってると思う。どうしても操作関係にネックが残るからね。(ファミ坊)

三毛猫ホームズの騎士道
6 6 8 4
まさに本格派ミステリーの舞台としては十分な設定で行われるアドベンチャーゲーム。親切なゲーム運びで、まるで短編小説でも読むようにストーリーが進んでくれちゃうのだ。ホームズがもうちょっとかわいく描かれてるといいなとは思ったけど、お話はおもしろかったです。(店長)

グラディウスIII
8 8 9 8

じゅうべえくえすと
7 6 7 5

サイキックワールド
5 5 6 3


■インプレ

暴れん坊天狗

とろける理性! 突き抜ける感性!

小、中学校のころからちょくちょく通ったゲームセンター。あのころのゲーセンには何かヤバい雰囲気があった。つっぱりとかヤンキーとか呼ばれる人が、貧乏ゆすりをしながらゲームをしていた。カツアゲ、たばこ、たまり場、トイレのスケベな落書き……そういった不良イメージのものが雑然と静かに横たわっていた。やだな、とも感じたがワクワクもした。
高校生になってもゲーセンには通いつめた。行くと、必ず知ってる奴がいた。しょうもない奴ばかりだったが、憎めない奴ばかりだった。ゲームに熱中している間は楽しいのだが、家に帰ると何かむなしさを覚えたものだ。そのころはほかに熱中できるものがなく、楽しみを取り上げられている代わりに、腐るほどの悩みを抱えていた。当時の俺は、自分に無限の可能性があると信じると同時に、自分なんか必要ないとも感じていた。
そのころ夢中になってゲームは、破壊的でザツなものばかりだった。ドット単位の操作を要求されるゲームなど、フラストが増えるだけでちっともおもしろくなかった。
『暴れん坊天狗』。ひさびさに出会ったザツな奴。今のゲームらしく、難易度はちょっと高めだけど、内容のブッ飛び具合は天下一品だ。天狗の自機がメリケン国を破壊し尽くす、とにかくひたすら破壊しまくる。ああ、忘れていたこの感覚。そういえば、ゲームの基本は“ウサ晴らし”だった気がする。いつの間にか、心と時間の隙間を埋めるものとなってしまったゲームたち。それはそれでイイんだけど、マニアだけのものにはなってもらいたくない。
いつも下を向いて歩いていたあのころ、ゲームセンターだけが扉を開いて待っていてくれた。ゲームだけが、めんどくさい予習や練習なしに楽しむことができた。からまれても、先生に見つかっても、腹が減っていてもゲーセンには通い続けた。家庭で手軽にコンピューターゲームがプレーできる現在、ゲーム=おたく→弱気でフヌケでどうしようもない奴、という位置付けがなされようとしている。そんなんでいいのか! 俺はイヤだぞ、絶対にイヤだぞ!!
そんな気持ちを救ってくれたのが、『暴れん坊天狗』なのだ。正々堂々としたウケ狙いの潔さといい、ネーミングのいいかげんさといい、豪快でじつに気持ちいい。愛すべきバカゲーとでもいおうか。ドット画の荒さも、“だからよい”と思ってしまうほどに味がある。よく話題になる“グラフィック性”や、“ROMの容量”なんてものは、ゲームのデキにとっては取るに足らないもので、大切なことはほかにあることを証明しているかのようだ。
少々大げさになっちゃったけど、ザツな印象の『暴れん坊天狗』のなかに、ゲームにとって大切な“何か”があるような気がしてならないのだ。それは、ブラウン管の中でだけ許されるなんでもありの非現実さや、人間の本能である闘争心やフラストを吸収してしまうやさしさかもしれない。そういったものが『暴れん坊天狗』には含まれているような気がするのだ。
メルダックさん、これからもワイルドでヘンなゲームをよろしく。
(青山ガゾー)


■おすすめCDこの1枚

ファミ通関係者のイチ押しCDを大公開!

桜玉吉
榎本健一 - 蘇るエノケン 榎本健一大全集

吉田戦車
小林旭 - 小林旭 全曲集
仕事中、とくに下絵を描くときのBGMにして、よく聴いています。

鈴木みそ
タイマーズ - タイマーズ

水野店長
トム・ペティ - フル・ムーン・フィーバー

渡辺美紀
稲垣潤一 - トランジット
どうせアルフィーだろうという、おおかたの予想を裏切り、稲垣潤一のベストアルバムをオススメするのだ。

桃栗たき子
森高千里 - 非実力派宣言
とくに11曲目の『夜の煙突』なんかすんごくヨイ。

渋谷洋一
ジグ・ジグ・スパトニック - ドレス・フォー・エクセス
ジグジグは偽りの皮を被った本当。ジグジグはイメージだけのバンドだとそこらへんの音楽評論家は酷評するが、奴らはわかっちゃいない。

ジョルジョ中治
ゲームミュージック - ファイアーエムブレム

ローリング内沢
角松敏生 - ゴールド・ディガー
どこがいいって、角松の音楽って詞と詞の間奏部分がしっかり作られているから、聴いててアキがこないんだよね。


[※ローリング内沢かっこわるい]

91年2月8日号増刊/宮本茂 VS 堀井雄二 RPG頂上対談





■クロレビ

RPG特集号の今回は、増刊号の評論家たちが選んだ過去の名作RPGのなかから、さらに厳選された10本を、クロスレビューしちゃうのだ。

(※レビュアー:浜通、スタパ、渡辺美紀、渋谷)

タワーレコードでアダムアントのベストCDを購入。これがジアンツ時代からの選曲で、以前日本で発売されたクソベストとは大違い。アダム通が納得するイカシた曲のオンパだ。(渋谷)

ゼルダの伝説
8 7 8 7

ウィザードリィ
8 9 6 9
パソコン版が登場してから10年以上も経っているが、まったく古さを感じさせないゲームだ。ファミコン版はディスクアクセスもなく、操作性はピカイチ。しかし操作性のよさと妙な演出類が、逆に世界を安っぽいものにしているような気もするのだが……。(スタパ)

ドラゴンクエストⅡ
6 6 10 7
シリーズ中、最難。最後のロンダルキアの洞窟で露と消えたプレーヤーもけっこういるはず。でもクリアーした人のなかには、「苦労が大きかっただけに感動も大きい」と、RPGベスト1に推薦する人も多いのだ。じゃあ聞くけど、最初からもう1回プレーしたい?って聞かれたら……。(浜通)

ファイナルファンタジーⅢ
7 5 8 4
最後の長い長いダンジョンで呪文が無効化され、セーブもできない。途中で死んで、それまで費やした時間が一瞬で無駄になったときの無常感。我慢大会じゃあるまいし、何度も味わわされるといいかげん腹が立ってくる。(渋谷)


■宮本茂 VS 堀井雄二 RPG頂上対談

スーパーファミコンが買えないふたり?
――スーパーファミコンが品不足でなかなか買えないようですね。
宮本 そうなんですよ。任天堂の社内でも買うための抽選があるんですが、ぼくもまだ1台しか買えてないんです(笑)。
堀井 ぼくも1台だけ。事務所に置いてるんですけど、家でも遊びたいからスーパーファミコンを持って家に帰るんです(笑)。ケーブルも不足してるんでしょ?
宮本 ええ。あれは意外でしたよ。RFケーブルが流用できるから、品切れになることはないと見てたんですけどね。
堀井 ぼくは最初RFで、そこからモノラルのAVケーブルになって、昨日ついにステレオになったんです。次はSケーブルかな(笑)。

『F-ZERO』の意外な真実
――『F-ZERO』って、なんでF1にしなかったんですか?
宮本 まあ、ディレクターの趣味なんですけどね(笑)。あと、タイヤを描かなかったということで、すごく作りやすくなったというのはあります。
堀井 そういう秘密があったのか。
宮本 これまでのレーシングゲームって、タイヤによって束縛される部分があったと思うんです。『F-ZERO』でクルマの進行方向とクルマが向いてる方向を別々にすることができたのも、タイヤがないからなんですよ。それで、あのドリフトふうの走りが可能になったわけです。
――『F-ZERO』って、ゲームの初心者でもそれなりに遊べますよね。
宮本 最初の『スーパーマリオブラザーズ』が、初めてゲームをするおじさんでも遊べるように作ったゲームだったんです。でも、回を重ねるごとに複雑になってきて、こんどの『マリオワールド』は初心者にはちょっと辛いかな、と。そこで、『F-ZERO』を初心者でもそれなりに遊べるようにつくったわけです。~『F-ZERO』は、じつは最初のマリオで、『マリオワールド』がじつは『グラディウス』的な側面を持ってるんです。

宮本さんはRPGが苦手?
――『ドラクエ』シリーズの4本、宮本さんはすべて遊びましたか?
宮本 やりましたけど……、ぼく、長時間遊ぶことが苦手なんですよ。『Ⅳ』も、トルネコのとこで止まってるんです(笑)。でも、かけねなしで面白いゲームだと思いますよ、『Ⅳ』は。「あのゲームのことをとやかく言うヤツは勝手に言ってろ」と思いますね。
――「ドラクエ」シリーズに対する宮本さんのご意見は?
宮本 とにかくうまい。1、2作目のころは、数字を使っていかに本物の冒険に近づけるかって感じだったでしょ。それがシリーズが進むにつれて、セリフによるキャラクターの存在感の出し方とか、絶妙のうまさが出てますね。
――シリーズ全部やってるのに、クリアーしてない。でも次回作は必ず遊ぶという人も珍しいですね。
宮本 きっとぼくは、『ゼルダ』も『マリオ』も、ひとが作ったゲームだったら最後まで遊ばないのかもしれないなぁ。最後まで行けば、別の味わいがあるんでしょうけど。ところで堀井さんは、『テトリス』やりましたか?
堀井 やりました。たしかに面白いとは思ったけど、ハマりはしませんでしたね。
宮本 ぼくはハマったんです。そこでふと気づいて、「こういうものにハマる自分にはなりたくないなぁ」と思ってやめたんですけど(笑)。今、開発の連中が『ドクターマリオ』にハマってるんです。でも、ひょっとしたら明日死んじゃうこともあるかもしれない。その瞬間に、「あのカプセルもう一度回しとけばよかった」とは思いたくはないな、なんて話をしてます(笑)。
堀井 あのテのゲームって、時間をつぶすには最適なんですよね。ただ、つぶす時間もないのに、暇を割いてまでやるのはちょっとねぇ……。ただ、人間との対戦プレーは勝ったときにある種の達成感がありますよね。
宮本 また別の楽しみがありますよね。でも、みんな対戦プレーが好きなわりには、腕相撲とかしませんよね(笑)。
堀井 腕相撲は、強い人が必ず勝っちゃうからなんでしょうね。

[※関連記事:89年3月17日号/堀井雄二 VS. 宮本茂]


■付属芸術大学テキサス校ララミー

作字でポンチョ

 且且且
 且且且

『ウィザードリィ』の全滅
(宮城県/ミスター・K)


■ゲームバトルロイヤル

F-ZERO

参加者:TACOX、スタパちゃん

スタ 今回は『F-ZERO』ですね。
タコ これは、私は、90年度最高のゲームだと自負しておる、じゃない、考えておる。~最初はスーパーファミコンの機能見せのためのデモンストレーションソフトだと思っていたんだけどね。実際そういう意味合いもあるのかもしれないけど、それにしてはあまりにも内容が濃すぎる。~最近何かがフィードバックされるゲームって少なかったじゃん。クリアーしてもただそんだけのゲームばっかで。そんななかで、『F-ZERO』は光ってますな。やればやるほど新しい発見がある。
スタ カートリッジ買ってきて、そこからデータ読み出すだけのゲームが多い中で、&ストーリー面で小説や映画に勝てないゲームが多い中で、『F-ZERO』はプレーヤーそれぞれが違った体験ができる。
タコ 素材をこねくりまわしてぐちゃぐちゃにして複雑さをかもしだすのも、まあ否定はしないけれど、単純明快なものでも説得力はあるんだよね。『F-ZERO』はその代表選手だと思う。『マリオワールド』がちょっとややこしくなっちゃったじゃない。あれでちょっと悲しくなったんだけど、『F-ZERO』で元気になりました、私は。
スタ それはあるよね。『マリオワールド』が難しくなったのはイカンと思う。~なんていうか『F-ZERO』って買いでしょ。私は『マリオワールド』に高い点つけたけど、どのくらい万人向けかという観点でして、あれはその、やはり意見というものはときとともに変わっちゃうものでして、つまり、あの、その……『F-ZERO』に10点!
タコ だよね。万人向けっつーことならどうしても『マリオ』だけど。ゲームが好きで、ついついのめり込んじゃう人になら『F-ZERO』をオススメしたい。これは死んでもやるべきゲームだと思う。
スタ そうだそうだ。死んでもプレーすれ。なんせ10点だからな。


■充電少女 チャージガール

吾妻ひでお
(※読みきり。現在のところどの単行本にも収録されていません)


■ゲーセンの太陽

宍戸留美
小澤和美
ほか
(※実写マンガ)


■のんきな父さん

桜 玉吉
(※『渡る世間にメガトンパンチ』の代原)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。