スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッツゴー女の子/91年4月5日号・後編





[※前回の続きです]


■春爛漫 レッツゴー女の子

[※ゲームに出てくる女の子特集]

















[※後年のギャルゲー特集に比べるとバカ記事色が濃い。画像モアレ出ちゃってすいません]


■平成水玉ランド

水玉螢之丞
新連載





[※シンプルシリーズっぽい発想?]


■NEW'S CLUB

EAT
ネッスルの朝ごはん ロックンフルーツ/ネッスル
気をつかいソーダ 情にあつソーダ/ポッカ
飲む朝食 朝CAN/宝酒造
スーパーファミコングミ/ナガサキヤ

GIRLS
小柴香織 パナソニック・ミニコンポハーフ


■世紀末戦闘マンガ マリオちゃんとタートルズ

IMDのーだ(能田達規)



[※『しあわせのかたち』の代原]
スポンサーサイト

永作博美が語る謎の赤いファミコンソフト/91年4月5日号・前編





[※この号は2回に分けて紹介します]

■エクスプレス

リンクスⅡ、日本でも発売決定!!

ファミコン汗まみれ ファミコン・フィットネス・システム
以前からジム専用として存在していたこのシステム、'90年12月からは、一般向け販売もされている。

バーコードすらも遊びになってしまう
最近、商品に必ず付いているバーコード。POS(販売時点情報管理)の普及に伴って、もはや値札と同じくらい、なくてはならないモノとなっているよね。そんなバーコードを使って遊んじゃおうという、冗談みたいなゲームマシンが現れたのだ。その名も『コンビニウォーズ・バーコードバトラー』!


■クロレビ

マンホール
7 9 9 8
CD-ROMのあるべき方向を示しているソフトだと思う。ゲームをスタートすると、もうそこはべつの世界。その不思議な世界を勝手気ままに動き回るだけ。なんて自由なゲームなんだろう。このゲームをプレーして、いまのゲーム業界に欠けているものがわかったような気がした。(店長)

シャイニング&ザ・ダクネス
8 9 8 6
コンピューター側からの情報の出し方に、多少新し目の趣向がこらされてるけど、それほど革新的なものではないなあ、と思う。やってることは同じなんだよね、今までの同じ趣向のゲームと。そういった意味であまり力んでプレーすると肩透かしくらうかも。まとまりはいい。(TACOX)

サイレントデバッガーズ
6 7 8 7
『アウトライブ』などの3DRPG風だが、中身はまるで違う。『エイリアン』的な恐怖がモニターとスピーカーから溢れ出るアクションゲームだ。緊張100連発。『オペレーションウルフ』などのガンシューティングの変型、という見方もできる。方向転換がヘンだけど、慣れれば大丈夫。(TACOX)


■ribbon突撃インタビュー

フレッシュ3人組はファミコン大好き少女だった!!

あい あ、ゲームボーイだ。1プレー100円って書いてありますよ。遊んでもいいですか?
――どーぞ。
(あいちゃん、スタッフと『テトリス』の対戦プレーを始める)
――ファミ通は読んだことありますか?
あみ あたしね、ファミコンにすごい燃えてたんです。中学生のときに。で、買ってたんですよー。
――ほんとに?
あみ はい。『ドラクエ』とか流行ったときかな。すごい燃えてて。『グーニーズ』とか。あと『マリオ』でしょ。ファミコンはくるったようにやってましたよ。
――いちばん好きだったのは?
あみ やっぱり『スーパーマリオ』。
――エンディングは?
あみ いきましたよ。あと何やったんだっけ?忍者のね、カンフーとか。アチョーとかいって。何だろあれ?
――『スパルタンX』?
あみ そう『スパルタンX』っ!好きだったんですねー。あとね『アトランチスの謎』ってやつが好きで。あとー、あれも好きだったんだよな。忍者のやつ。『じゃじゃ丸』かな?けっこういろんなのやってました。
――今もプレーしてるんですか?
あみ 今はあんまり。でもまだ部屋に取り付けてあるから、たまーにやるかなあファミコン。
ひろ あたしは今はぜんぜんやってない。
(あいちゃんは対戦プレーに熱中)

――ひろちゃんはファミコンとか?
ひろ はい。やりました。まずね、『マリオ』から始まったんですよ。たぶん。『マリオ』から始まって、えーと……。
――撃つやつ?アクション?
ひろ アクション。『ハットリくん』とかね。あとさっき言ってた、何でしたっけ?
――『スパルタンX』?
ひろ それもやったし。あと『じゃじゃ丸くん』も『2』くらいまでやったし。『ドラゴンボール』とかもやったしね。
あみ 『ドラゴンクエスト』でしょ。
――あるんですよ。
あみ あるんですかあ?ほんとに?おら悟空だ!
(いきなり悟空のモノマネを披露)

ひろ あ!あとね、あれが好きだったんだよな。赤いソフトなんですよ。
――赤い?
ひろ てぃーりりー、てぃりりりりーってやつ。
あみ ?
ひろ あれすごい好きだったのに忘れちゃった。なんかへんな機械みたいな、ロボットみたいなのが出てくるんですよ。
――シューティング?
ひろ 撃つんです。あ、撃つっていうか歩くんだ。歩いていってそのブロックを取っていくんだ。で、いくつかたまっていって、で、そのブロックでチョウとか、いろいろそういう変わった機能のやつが取れるんですよ。なんか洞窟とか入っていくんですよ。
――?
(結局なんのソフトかわからず)

(ここでやっとあいちゃん登場)
――勝ちましたか?
あい 負けました。3回対戦したんですけど……。
――あいちゃんはファミコンは?
あい カセットいっぱい持ってます。いちばん印象に残ってるのが『F1レース』。
――青いディスクのやつですね。
あい ずいぶん昔ですけど。あれはゲームセンターでやってる雰囲気っていうか……。燃えちゃいますよね。
―― ゲームセンターも行くんですか?
あい 行ったことありますよ。小学生のとき。お父さんに連れてってもらって。デパートの屋上とか。

あい 『バルーンファイト』でしたっけ。風船を割るやつ。随分昔の。あれもね、すごく好きだった。『マリオ』関係は全部好きだったし。あとね、『マッピー』!
ひろ うん!
あい お地蔵さまが出てくるやつ。
あみ 知らなーい。
――ねずみのやつだよね。
あい そう。すんごいおもしろいの。あとね、『スパルタンX』。さっき、あみちゃんが言ってたやつ。
――みんな好きなんですね。
あみ 『スパルタンX』流行ったもんね。
ひろ 流行った。
あい 流行った。
あみ アチョー!
あい で、ぶつかるとウッとかいうのね。
あみ おかしいね。







[※永作さんの言ってる赤いソフトがなんのことだかわからない。『ボンバーキング』?]


■べーしっ君の秘密

このたび、『べーしっ君』の続編となる『べーしっ君Ⅱ』が発売されることになった。これを記念して、べーしっさんの知られざる秘密を今、解き明かそう。

これが目森家の間取りだ!!





■町内会

御中!お習字
・♪信じることさ かならず サイレントデバッガーズ/愛知県 岡戸孝宏
・サダムの国へトマホーク/埼玉県 センちゃん

報告書
・ある店のチラシには、『ファミコンウォーズ』の広告もあり、その下に“さあキミもフセインをたおせ”と書いてあった。/福井県 TM
・いつも100円が足りないと、「前にやった100円さえあれば……」と根にもつ兄ちゃん。/滋賀県 ウリー
・うちの父が、とうとう光GENJIのことを諸星軍団と言った。/愛知県 いなずまん


[※次のエントリーに続きます]

ゲーム帝国連載開始/89年9月29日号





■クロレビ

スーパー桃太郎電鉄
8 7 8 6
ファミコン版の悪いところがかなり改良されている。これだけの改良を加えて再び出すってことは、さくまさんはかなり思い入れがあるんだろうね。何よりも、ボードゲームには不可決の戦略が活かされているところがいい。まだスゴロク的なノリが強いけど、まあこれは仕方ないかな。(ファミ坊)

ウルティマ 聖者への道
8 8 8 7
前作に比べて、絵や音のメッセージやブラックアウトなどの画面操作が格段によくなってて気持ちがいい。不評だった戦闘シーンも改善されていて、前作で戦闘に苦労したあのころに涙してしまうほどだ。ただ、アバタールとか徳とか、目的が抽象的なのだ。ハイレベルなRPGです。(TACO.X)

中華大仙
5 5 7 4

明治維新
6 5 6 5
まず、アドベンチャーとシミュレーションを合体してしまったところは評価したい。前半でガンバっておけば、後半のシミュレーションシーンで有利に進めるのだね。なかなか新しい試みだ。しかし気になるところもあった。アドベンチャーシーンがとにかくトロいのだ。残念だよね。(店長)


■インプレ

アイドル八犬伝

このゲームなかなかイカスじゃないか

毎日毎日ゲームをプレイしていると、ゲームそのものよりも、そのゲームをプレイしている人たちのことが気になってくることがある。
締め切りに追われて、真っ赤な目をしてプログラミングしている姿や、苦し紛れにひとつイベントを削っているゲームデザイナーの姿……。ときどきモニター画面の向こう側に彼らの姿がチラチラ見え隠れする。ゲームは、できることならゲーム好きの人たちが楽しみながらつくって欲しいと思う。あんまり苦しい思いをしないでつくって欲しい。そーゆーふうに、私は切に希望するのだ。
『アイドル八犬伝』は、ここ半年くらいの間にプレーしたゲームのなかで、もっとも面白いゲームだった。面白いゲーム、イコールいいゲームではないかもしれないけど(なんつってもこの私でさえ3時間でクリアーしてしまったのだ)、ただひとついえるのは、『アイドル八犬伝』には、今までのゲームにはないテンポと楽しさがあった。そしてそれは、ゲームを製作したひとたちが、きっと楽しみながらこのゲームを作ったからなんじゃないだろうか……。
もちろんゲームって、一朝一夕に思いつきだけでできあがるとは思わない。でもまた、その思いつきや“いきおい”みたいなものが感じられないゲームって、どこかもの足りなかったりするのも事実。
構想1年、製作2年!なんていう大河ドラマみたいな大作RPGも、そりゃファミコンゲームにとっては大事だけど、こういったイキのいい作品あってこその大作ゲームだと思うわけね。
とにかく、『アイドル八犬伝』には、『ドラクエ』や『MOTHER』にはない、何か自由な発想みたいなもんがあってよろしいのだ。友だちに買わせるなり、どっかから借りてくるなりして、ぜひともプレーしていただきたい作品なのだ。

(水野店長)



■町内会

キスミー!お習字
・ギャリバンのない怒り/長崎県 中村
・激サイティングサッカーい党/新潟県 中堀

単発イラスト道場

鹿児島県/あいこ

今週のマヌー

千葉県/うるりら

[※PNの「うるりら」って語感に時代を感じる。発祥というかネタ元はよくわからないけど、能天気でハイになってる様子を示すフレーズですよね。クラスのオタ気質の女の子が実際口にしていた。もともとは「うるうる」「うる~」とは別の意味合いだったはず]

■ゲーム帝国

[※新連載]

●ゲームは力だ。力がほしい奴は
ゲーム帝国に集え!!ゲーム帝国
に来るものは拒まぬ。どんな奴で
も超時空集団ゲーム帝国の恩恵を
受けることができるのだ。

●我々の目的は、全世界を支配す
ることだが、コーナーの人気がな
いと、たったの5号でゲーム帝国
は滅亡する。つまり、諸君は、読
者アンケートはがきの“おもしろ
かった記事”にゲーム帝国を選べ。

帝国に意見を送るがよい
ゲームをしていて思ったこと、ある日突然ひらめいたこと、どんなことでもゲーム帝国に送るがよい。くだらない、と思ってもまず送ることだ。そこから未来が開けよう。諸君の意見は、ゲーム帝国が繁栄するためのエキスとなり、やがてはガバスとなって諸君のもとへと還るのだ。ゲーム帝国が繁栄したあかつきには、ガバスの10万や20万くらいどうということはない。南青山の億ションも夢ではない。帝国の繁栄は必ずや諸君に幸福をもたらすのだ。諸君の健闘を祈る。

[※連載は意外と地味かつ唐突に開始した。当時の誌面構成は、新アルゴリズム情報局→ゲー帝→アンケートはがき→銀はがしRPG→ガバス、というかんじ。白黒ページだけど目に付き易くはあった]


■広告

EYE・COM

いよいよ創刊!
アイコンは、コンピュータマニアのための雑誌ではありません。――――


■エクスプレス

ファミコンホームバンキングが始まる!
いよいよ10月16日からスタート

ファミコントレード続々登場!

『ファミリースクール』はICパンフレット
これはファミコンの新しい活用法だ!
ファミコンが保険の勧誘に利用される時代がやってきた!第一生命が東京書籍に依頼して開発した『ファミリースクール』は、保険のセールスを目的とした、電脳パンフレットともいえるソフトなのだ。
ファミコンのある家庭を訪れたセールスマンがカセットをポンと差し込み、コントローラー片手に保険の説明をする。
「このソフトのコンセプトは、コミュニケーション。ファミコンを使うことで、お客様とセールスマンの会話が、今までよりもかなり円滑になるんじゃないでしょうか」
(第一生命 岡氏)

クロスレビュアーたちが語るそれぞれの採点ポリシー/94年10月14日号





[※記事タイトル変更しました]

■エクスプレス

お待たせしましたネオジオCD トップローディングタイプ登場

ゲームギアが元気になるぞ!GGパワーバッテリー登場

若手社会人の企業ランキング
9月20日、“若手ビジネスマン・OLが選んだ、21世紀をリードする人気企業ランキング”が発表されたのだ。これはキャリアデザインセンターが、首都圏と関西に住む、20代から30代半ばの若い社会人を対象に、アンケートを行なった結果なのだ。

1 ダイエー
2 セガ
3 ソニー
4 NTT
5 マイクロソフト
6 アップルコンピュータ
7 NTTデータ通信
8 コンパック
9 シャープ
10 任天堂

セガサターンの最新情報も提供 セガ・ゲームステーション開設!!
セガが10月1日から、IBMが畝慰しているパソコン通信ネットワーク“People”で、“セガ・ゲームステーション”というサービスを開始するぞ。
特徴的なのは、単なる文字や静止画像での情報以外に、最新ゲームが実際に動いてる画面が見れること。動画を送れるパソコン通信の特性をうまく活かしたサービスといえるだろうね。

パルコであのゲームに会えた!オールドゲームファンが泣いた
9月20~29日、渋谷パルコ・スペース5で、“テレビゲーム・クラシックス”というイベントが開催されたのだ。このイベントは、懐かしいテレビゲームをずらり並べたという展示会。テレビゲーム創成期から、ファミコンが登場する頃までの名作が勢ぞろいしたのだ。
[※伊藤ガビンとゲームウォーカーが企画に関わっている]

■クロレビ

(野田稔、内沢、イザベラ永野、TACOX)

ファミ通ゲームカタログのスタッフらといっしょにゲーマーズナイトというイベントにいってきたっス。下北沢のクラブに様々な格好のゲーマー、そしてクラブキッズたちが集結。踊って、ゲームして酒飲んで。異様な雰囲気がこれまたよく、クセになりそうっスよ。(内沢)
[※この人が電気と佐藤大あたりに感化されてテクノテクノと色気づいてく様子はそのうちまとめて紹介する予定です]

とっても!ラッキーマン ラッキークッキーみんな大好きー!!
5 4 5 3

ノスフェラトゥ
7 7 6 5

シヴィライゼーション 世界七大文明
7 6 6 7
これはおもしろいです。国を盛り立てていくだけのゲームなんだけど、その過程にさまざまなシミュレーションゲームの要素がみっちり入ってて大充実。おそろしくかったるいゲームではあるけど、真正面から取り組む価値のあるゲーム。マウスじゃないとしんどいです。絵も地味。(TACOX)


■PR記事

ミリティア
特別付録・矢口渡のナムコ本社図解マップ
[※『ヘボナイス新聞』でおなじみのナムコおじさんが、『ミリティア』のフィールドをむりやり大田区に見立てて、ナムコ近隣を紹介]


■PR記事

セガ大暴れ 炎の衝撃波 SONIC WAVE


■'93-'94上半期クロスレビューベスト189 PART 1

現役クロスレビュアーが語る 私が点数をつけるとき

浜村通信
平均点 6.34
ゲーム制作者は、製作初期段階ではみんな、おもしろいソフトを作ろうと思っているはず。おもしろくないゲームって、たとえば納期、人員、そのほかのさまざまな制限で、結果的に思い通りに仕上がらなかったもんだと思う。だから、捜せば必ず光る箇所がある。捜せばどこかに、制作者の叫びみたいなのが、必ずある。それを捜し当てるのが、ゲームに点数をつけるもののマナーだと、そう信じてレビュー書いてます。だって、ゲームは嗜好品。ツボにはまった人にとっては最高のソフトになるかもしれないんだから。もちろん、完成度という点で、バッサリ点数はつけてますけどね。

野田稔
平均点 6.81
評論というと、どうしても忘れられぬ雑誌が1冊ある。その雑誌は遊撃手。ユーザー不在のゲーム業界に一石を投じ、その過激な方向性に多方面から愛想をつかされ、商業誌としてなりたたず結果的に淘汰された雑誌。でも、その酷評にはキザな言い方だが“愛”があった。遊撃手の影響がなかったら、きっとボクはゲームを文化とは見なせず、トレンドの通過点であり、誰もがかかる風疹であり、いつかは卒業しちゃうモノくらいにしか考えなかったろう。文化だから未来に残る、だからボクが批評する価値がある。あの筆致はボクの性格上できないが、そのコンセプトは継承してるつもりだ。

鈴木ドイツ
平均点 5.42

ローリング内沢
平均点 6.71
ボクは脊髄でモノを考えるのでこれといって判断基準っていうのは設けてません。直感ですかね、自分がおもしろいと思えば点数高いし、イマイチならば点数低い。ユーザーの立場になって、点数はつけていないかも。ひとの感性なんてそれぞれ違うじゃん。ほらボクってたま~にヘンなゲームにいい点数つけることってあるでしょ。ボクと同じ感性の人にわかってもらえればいいと思ってるから。そんな適当な基準でゲーム批評なんかするな!とか怒る人もいると思うけど、けっきょくはその批評家の趣味じゃん。最終的な判断って。ええ、生意気いってスイマセン。以上。

渡辺美紀
平均点 5.79

イザベラ永野
平均点 5.84
満点に近いかなり高めの点数や、逆に低い点数は、けっこう短時間で決まるんですよね。10点とか9点レベルのゲームは「自分は絶対買うし、10回はクリアーするからあんたも買え」ってことです。極端に低い点のときは、「はっきり言ってオススメできん」ってこと。どっちもわかりやすい。深読みが必要なのは、5~6点の平均的な点数。すげー7点に近い6点とか、もうほとんど4点な5点とか微妙なの。そのへんは文章でのほめ具合、辛さから想像してほしい。あとシリーズものって、どうしても前作と比べて評価しちゃうので、点のつけかたが辛くなってるかもしれないなあ。

ジョルジョ中治
平均点 5.00
おいらの場合、点数はフィーリングでつけてるんであまり参考にならんかも。それよりも一見わけわからん風な文章にこそ、おいらの正直な気持ちが込められている場合が多いっち。つまらんゲームははっきり「つまらん」と書いているし(もちろんおいらが思う「つまらん」であって人はどうかわからん)、おもしろいと思ったゲームには最大限の賛辞を贈っているはず。んで、おいらには斬新なアイデアが盛り込まれたモノや知的冒険心をくすぐるモノを高く評価する傾向があるみたい。安易な続編や“まねゲー”はイカン。とにかくクロスレビュー時のプレーは純粋に楽しんでます、ハイ。

TACOX
平均点 5.82
基本は、「買うか買わないか」です。金を払う価値があるかどうか。最近のソフトはクソ高いから、これは重要だよね。あとは俺好みのゲームかどうか、すなわちヘンな特徴のあるゲームかどうか、だなあ。十数年もゲームばかり遊んできた反動だろうなあ、これは……。お買いものの参考にしてる人も多いのかもしれないけど、人の好みなんて千差万別なんだし、あまりあてにしないほうがいいと思いますよ。いちばんいいのは、すべてのユーザーがお試しプレーできる環境を作ることなんだけどね。早くそういう時代がやってきて、クロスレビューがなくなる日を待ち望んでます(本音)。


■獣神サンダーライガーのトラブルスープレックス

Q. 中学生になってクラスのYくんがみんなに嫌われるようになりました。ボクもハッキリいって嫌いです。なぜYくんが嫌われているかというと、人の気持ちを考えず、気にしていることをズケズケと言うからです。ところが彼はみんなに嫌われているということを知りません。こういう場合、注意して気づかせるほうがいいのでしょうか?/(住所氏名なし)
A. いまそのYくんは嫌われていることに気づいていないんだろう?だったら誰かがズバリ指摘してあげない限り、彼は死ぬまで嫌われ続ける。人の短所を指摘するのは勇気が必要だけど、思い切って注意してみよう!それが本当の優しさというものだ。ところでキミはYくんを嫌っているのに、彼のことを心配できるすばらしい少年だ。よし、5ポイントあげよう!!
[※ライガーポイントを20ポイント集めると、試合に招待してもらえる]

真・聖刻(ラ・ワース)決めゼリフコンテスト/95年2月10日





■エクスプレス

『ぷよぷよ』ファンが有明に集結 第1回ぷよマスターズ開催!!
ぷよマスターには、トロフィーや認定書のほか、ロサンゼルス旅行がペアでプレゼントされるという豪華さだったのだ。

『バーチャファイター』関東大会開催 冬の渋谷にバーチャ戦士たちが集結
当日会場の渋谷ON AIRに集まった人の数は、なんと1000人以上!!


■クロレビ

(浜通、水ピン、渡辺美紀、ジョルジョ)

ここんとこのゲーム機ウォーズを、怪獣大戦争に例えると。任天堂のウルトラ64はゴジラ。ソニーのプレイステーションはスペースゴジラ。セガのサターンはキングギドラ。NECホームエレのPC-FXはモスラ。ちなみにバーチャルボーイはミニラだな。キミはどう思う?(浜)

キリーク・ザ・ブラッド
8 9 7 7

バトルクラッシャー
5 3 4 4
キャラもの対戦格闘。対象年齢が低いことで、複雑な操作はむしろ排除。ガチャガチャ押してれば、適当に遊べる。子供だまし!?いいじゃないの。人気キャラがパートナーを引き連れて続々登場。その豪華演出に、子どもたちはおもちゃとしてキャーキャー喜んでくれるんだから。(浜)

放課後 in Beppin女学園
6 5 4 4
近ごろ流行りの『卒業』ライクな、ギャル育成ゲーム。しかも、人間型ロボットに乗り込んで、格闘してしまおうなんて。ま~、いやらしいほどに、マニアの秘孔をつつきまくったコンセプト。でもね、対象となさったかたはそれなりに目の肥えたかたがた。も少しバランスがよかったらね。(浜)


■NEW'S CLUB

バカタール加藤のボードゲームでポン!

[※最終回]

CM GIRLS

グリコ ニュープリッツ/岩渕愛里



[※セブンティーンのモデルだった子]


■『真・聖刻(ラ・ワース)』決めゼリフ入賞者発表!!

『真・聖刻(ラ・ワース)』の主人公、シフォンの決めゼリフを送ってくれたみなさん、いよいよお待ちかねの入賞者発表ですぞ。

最優秀賞

「死にきれなかったら、いつでも相手になってやるぜ!!」
(兵庫県 親父)

優秀賞

「おまえの魂(いのち)を盗んでやる!!」
(東京都 若林)

「つよいんだな おれが」
(岐阜県 渡辺)

「こんなもんかよ。これならミシェルダのビンタの方がよっぽど強えーや。」
(長野県 南沢)
作者曰く、「このあとミシェルダのビンタが飛んでくるのはゆーまでもない。」

佳作

「シフォンどとうの カイシンゲキィ~!(快進撃)」
(山梨県 小沢)

「戦いとは、かくもむなしい。 だが、オレは 死ぬわけにはいかない。」
(千葉県 小柴)
[※小6]

「あの夕日をよく見ておくんだな。貴様は、もう二度と日の光をあびることはないだろう。これからは、闇の中で暮らすがよい。」
(兵庫県 金尾)

「ホントにやったのか……? オイ、念のためにもう一発なぐっとけ。」
(京都府 藤沢)

「滅することが 聖なるあかし!」
(大阪府 川井)

「みんなかえるのさ。 風に洗われて、中原の砂にな。」
(茨城県 根本)

「俺は信じた道を進む。誰にも邪魔はさせない!!」
(神奈川県 浜野)

「行こう、ミシェルダ。戦いはまだ終わってはいない。」
(北海道 幻想詩人ふあみな)

「オレのオヤジは もっと強かったぜ!」
(静岡県 伊藤)

「子供だからといってなめるなよ! これでも地獄を見ているぜ!!」
(千葉県 竹井)

たくさんのご応募ありがとうございました!


■ビーム通信

サッカースーパースターズ

(担当:スタパ)

スターが蹴るサッカーボールだーゼ~!!

とても楽しい内容のサッカーゲームだヨ!!

視点がグリグリ変化してスゴイ!!
サッカーの試合展開に合わせて、画面に映る映像がグリグリ変化する。もちろん立体的にだ!!プレーヤーの興奮度もさらに倍になって思わずムクムクプシァアァァァァ!!

世界中のなかの国が参加している!!

イタリヤでやりたい!!
昔はこんな駄洒落も大人気でしたな。いやはやなんともまったくたいしたもんですな。

ラブジル プシャファ!
意味もなくこの言葉を言ってもあまり意味がない。

このボールドイツんだ!?
こんな駄洒落をプレー中に言えば、対戦相手も爆笑。そこでシュート!!

オランダ
右上の駄洒落をこんなセリフで返されてしまったらキミは大爆笑!!だが相手はシュートを狙っている!!そこで右の駄洒落を言おう。

12ヵ国もアルゼンチン
「あるぜ」という言葉に「ンチン」つまり、いわゆる「チンコ」を連想させる言葉を加えた。


■TechView 2000

[※最終回]

美少女キャラ倶楽部、丸裸三郎と全裸マンブラザーズバンド/93年6月18日号





■エクスプレス

新型ワンダーメガ 7月2日に発売だ!!

ゲームにも適正年齢!?
セガが、海外で発売するゲームソフトのパッケージに適正年齢を表記することになった。これは、子供には刺激が強すぎるソフトがあるという批判が各国で出てきていることに対応するための措置。
“MA7”が17歳未満に適正で適切ではないソフト。“MA13”が13歳未満は保護者と一緒に遊ぶのが望ましいソフト。“GA”がとくに制限のないソフトということなのだ。

『ストリートファイターⅡ』の映画化がついに決定したぞ!!
製作総指揮を務めるのは辻本憲三カプコン代表取締役社長。

ふたつめのディズニーランド“ディズニーシー”オープン!?


■クロレビ

(浜村、田原誠山、渡辺美紀、ジョルジョ)

すんげー遅ればせながら、『ボディーガード』を観た。もー死ぬかも。ケビン・コスナーがかっこよすぎる。あーもー、この興奮はとても口では言い表せない!!!!あーん、かっこいい。あの人って映画によってさまざまな顔をするんだなあ。ぜひ、ビデオで観てね(死ぬかも)。(渡辺美紀)

ジョイメカファイト
7 6 7 6
頭と胴と手足の先しか描かれてないロボットのデザインは、ファミコンで『ストⅡ』やるための苦肉の策!?慣れれば気にならなくなったから、まぁいいか。キャラの個性の弱さはロボットの数でフォロー。『ストⅡ』の短編シナリオをオムニバスで楽しむ。そんな感覚なのかなぁ。(浜村)

マイティファイナルファイト
6 6 6 4
キャラをSD化。経験値をためると使える技が増える。『ダブルドラゴン』路線のリメイクだね。ちまちましてはいるけど、『ファイナルファイト』の世界観はバッチリ再現。スーパーファミコンを持っていない小さな子供たちヘのフォローとしても、けっこう評価できそうな仕上がりかも。(浜村)

スラップファイト
7 7 6 6
古きよき時代の正統派シューティング。確かにトロさは感じさせる。ジミさも隠しようがない。でも!!派手さを競うあまり、ビジュアルを一通り見終わったらオシマイ、なんてゲームより、よっぽど味がある。『グラディウス』や『ゼビウス』がまだ若かったあの頃を思い出させるな。(浜村)


■広告

丸裸三郎と全裸マンブラザーズバンド/全裸マンのテーマ



[※ゲームに無関係の広告が載ることは稀だったこともあり、当時はオッと思った。「正義のハダカ。」などというコピーを踊らせてしまうところがいかにもソニーのセンスってかんじ]


■THE BOOM

[※『ストⅡ』、『ファイナルファイト』、『テトリス』、『ドラクエ』、『ゼビウス』など、一大ブームを巻き起こしたゲームとそれぞれの亜流ゲームを紹介]


■アーケードマニアック

第119回『WATER SKI』


■町内会

美人とお習字
・昭和ヴァリスⅢ by さくらと一郎/大阪府 ロシアン
・ああ麻里浜田 by 最近けばい/埼玉県 バ勝村

報告書
・反生徒会同盟を結成した。まず明日、図書部長の丸山を……。/ファンクス兄
・我らが3年1組の学級目標が『笑いと自由でゴー!』に決定した。/北海道 バカくん
・このまえ、学校の校内放送で「検尿を忘れた人は5月12日にチャンスがあります」と言っていた。/大阪府 ペンタゴン


■NEW'S CLUB

うまい缶コーヒーが飲みたい
[※72種類の缶コーヒーを写真つきでレビュー]

CD
ユニコーン - スプリングマン
ピチカート・ファイヴ - BOSSA NOVA 2001
かしぶち哲郎 - Fin~めぐり逢い~
谷山浩子 - 天空歌集
Rod Stewart - Unplugged
Jesus Jones - Scratched
ゴンチチ - 『日曜はダメよ』サウンドトラック


■美少女倶楽部

美少女レスゲームなんて考えられない時代なのだ

いろんなメディアで氾濫している美少女たちが、最近目立って活躍している場がゲームの世界。マシンの高性能化とCD-ROMの登場がこの現象の要因とされてる。が、本当にそれだけなんだろうか?
ゲームなんかやったこともなかったアニメファンたちが、いまではこういうゲームを支持する新規ユーザーになっている、という話もある。やっぱりニーズあってこその現象なんだよね。だからこの際、正直に言っちゃおうじゃないの。「僕らは美少女が大好きだ」って。女のコが嫌いな人なんてこの世の中にいないんだからさ。





[※みやすのんき]

美少女たちの歴史 アニメ編
スペースの都合で割愛したキャラもいるけどカンベンね。





美少女たちの歴史 ゲーム編
つづいて、ゲームのなかの美少女の歴史なんかも見てみよう。





ゲームの美少女を語るうえで、決して除外するわけにはいかないゲームがある。日本テレネットの『夢幻戦士ヴァリス』がそれだ。
この『ヴァリス』にはふたつの売りがあった。まず、美少女が主人公となって、フトモモもあらわなコスチュームで敵と戦うという点。そして、各ステージをクリアーすると、アニメ調のビジュアルシーンが挿入されるという点だ。
今でこそ当たり前のこの売りは当時としては斬新なもので、とくにビジュアルシーンの採用については、アニメファンをゲームに引きずり込んだという点で、その功績は大きい。また強い美少女というイメージも、数多くの美少女系ゲームに継承されているといえるのではないだろうか。

第1回国民的ドット絵美少女コンテスト

[※読者、ファミ通編集スタッフ、各ゲーム誌編集スタッフからのアンケートを集計]

[ ]内は得票数
1 ワルキューレ [135]
2 リリア [129]
3 不知火舞 [67]
4 絹 [63]
5 神楽坂ユナ [57]
6 真野妖子 [54]
7 マキ(ファイナルファイト2) [49]
8 ウインビー [47]
9 リディア [43]
10 フィーナ(イースⅠ・Ⅱ) [34]
10 エレナ(イースⅢ) [34]
12 ビアンカ(ドラクエⅣ) [33]
13 麻生優子 [31]
13 カトリーヌ(スナッチャー) [31]
15 アルル・ナジャ [29]
15 リョウコ(ワールドヒーローズ) [29]
17 フレイ(サークシリーズ) [27]
18 吉沢弓美 [23]
19 レア(イースⅠ・Ⅱ) [20]
20 クルル [16]
21 コットン [15]
21 フィリス(ゴールデンアックス) [15]
21 ニーナ(ブレスオブファイア) [15]
24 レイカ(タイムギャル) [13]
25 小夜 [12]
26 ジャンヌ(ワールドヒーローズ) [11]
26 琴乃(デッドダンス) [11]
28 アネット(アネット再び)[10]
28 カイ [10]
28 西園寺エリカ [10]
28 キャピ子 [10]

[※実は2位に2倍近くの差をつけて春麗が1位だったが、「24の女を少女と呼ぶのはどうかと思う」という話に。また、森高の歌の歌詞に「女盛りは19」という一節があることから、今回のコンテストでは19歳以上の女の子は対象外ということになった]


※関連記事:
ギャルゲー進化論/94年9月30日号
ギャルゲー年表'83~'93、美少女コレクション/93年9月17日号

“勝負”を覚えていますか/97年10月17日号





■エクスプレス

ソフト書き換えサービス“ニンテンドウパワー”スタート

え!?飯野賢治氏が新会社設立!?
なーんて、じつはこれすべて架空の話。9月30日から毎日放送で放映されている『ゲームの惑星』というテレビ番組の製作発表会での話なのだ。新会社設立会見と題して、同番組の製作発表会が行なわれたってわけだ。

あのTBSのテレビ番組専用にサターン用非売ソフトが登場!!
その名も『デリソバデラックス』。


■インプレ

実況パワフルプロ野球4

“勝負”を覚えていますか

遠い記憶を探っていくと、僕の最後の“勝負の記憶”は中学3年の夏ということになる。バスケの夏の県大会。ベスト8だか16だか、もうよく覚えていないけれど、あれが僕の最後の“勝負の記憶”だ。
夏の体育館。何度も何度も時計を見る。手がシビれる。重ねるポイントに拳を握る。唇を噛む。大声を出さないと声が震えてしまう。試合終了のホイッスルが鳴ったのかすら、いまではもう覚えていない。ただ僕は座り込んで頭からタオルをかぶり、床にボタボタと落ちる汗だか涙だかを見ていた。
学生時代の終わりとともに、多くの人は“勝負”から遠ざかってしまう。金銭やプライドと無縁の、瞬間の勝ち負けに全身で反応するような濃厚な時間は、僕らのまわりからすこしづつ姿を消していく。
だから、僕はテレビのスポーツ中継を見ていると、ときどき不思議な気持ちになる。“勝つ”という感覚がよくわからなくなるのだ。
たとえばテレビでよく見る、“勝負から遠ざかってない人たち”は、勝った瞬間にガッツポーズをとったりする。あれは、どういう感覚だ?拳を突き上げたり、踊ったり、叫んだり。たぶんあれは、熱いものに手が触れた瞬間に手を引っ込めるような、“反射行動”に近い。熱いものに手が触れたことがない人に自分の反射行動が想像できないように、僕は自分のガッツポーズをうまく思い出すことができない。
『実況パワフルプロ野球』のおもしろさは、多くの野球ファンによって何度も語られてきた。いかにこのゲームが野球に近いか。野球好きの琴線に触れるものであるか。そのとおりだと思う。だが、僕はこのゲームが持つもうひとつの側面に強く惹かれる。『パワプロ』は、野球ゲームである以前に対戦ゲームとして最高なのだ。それは僕に、遠ざかっていた“勝負の記憶”を思い出させる力を持っている。
編集部で先月から行なわれているリーグ戦。首位を独走するのは編集部一の『パワプロ』マスターである水間勇一。11勝1敗。対する僕は戦前の予想通り最下位。水間勇一には6戦全敗だった。その日の試合も、敗色濃厚。7対2で9回の裏を迎えていた。5点差。
きっかけは、2塁に松井を置いて清原が打った内野ゴロだった。水間勇一は、これを捕って3塁へ投げた。フィルダースチョイス。流れは僕のほうへ緩やかに傾き始めた。その後、僕の読みは冴え、シンカーをねらって3連打。2点を返し、なおも満塁。だが3点差の余裕からか、水間勇一にはまだ焦りはない。代打大森をきっちり内野フライに切って取る。ワンアウト。ここで代打は吉村。ちなみにこの吉村に対しては、ともに巨人ファンである僕と水間勇一の好みが極端にわかれている。水間勇一が吉村をロートル扱いするのに対し、僕は吉村のうまさに心酔している。さあ行け、吉村。両手が少しずつシビれ始める。水間勇一に投手交代の様子はなく、「ゲッツー、ゲッツー」と自分に言い聞かせるようにつぶやいている。汗を拭く。初球。外角へのスライダーを叩いた吉村の打球は、甲子園の右中間を深々と破った。ふたりの走者がつぎつぎと生還する。1塁走者の仁志も、快足を飛ばしてホームを狙う。返球。駆け抜ける仁志。同点。「っしッ!」と、よくわからない声が僕の口から発せられる。今度は背中がシビれる。2球目を叩く。会心。打球はレフトの左へ。追う清水。ナイスキャッチ!!僕の頭のなかの永田ファンがメガホンを叩きつける。水間ファンが大歓声をあげる。ツーアウト2塁。代打広沢。だが広沢はツーストライクと追い込まれる。神経が研ぎ澄まされる。最後の一球。しかしそれは大きくそれてデッドボールとなる。僕らは大きく息をつく。ツーアウト1、2塁。打者松井。水間勇一はボール球を振らせる配球。自分でも驚くほどの選球眼で、僕はそれを見極める。1-3。僕はストレートだけに的を絞る。そして水間勇一は投じる。高めのストレート。快音。打球はセンター後方へ。背番号55が打球を追う。「捕れる!」、「抜けろ!」。息が止まる。打球は飛びつくセンターのグラブをかすめ、甲子園の芝に転がった。
サヨナラの走者が生還した瞬間、僕はコントローラーを投げて編集部の通路を2、3歩小走りに走った。そしてその勢いでもって体を前方に傾け、全体重を右手の拳に乗せて3度振り下ろした。これが僕の反射行動だった。これが永田泰大のガッツポーズだった。
馬鹿馬鹿しいかもしれないが断言しよう。もし、僕が甲子園でヒルマンからセンターオーバーのサヨナラヒットを打ったなら、僕はまちがいなくこのガッツポーズをとる。『実況パワフルプロ野球』とは、そういうゲームなのだ。そしてもしも水間勇一が松井にサヨナラヒットを打たれたならば、彼はそこでそうしたように、両手を頭の後ろで組み、肘で顔を覆うようにしてうずくまるのだろう。『実況パワフルプロ野球』とは、そういうゲームなのだ。
セミの声が、気づかないぐらいの緩やかさで小さくなり、いつのまにか夏が終わる。“勝負の記憶”は僕らから少しずつ遠ざかっていく。だが、僕は少しだけ思い出した。そう、『実況パワフルプロ野球』のようないいゲームがあれば、僕にはいつでも夏が訪れる。
(風のように永田)

(関連記事)
しゃべるように戦おう/96年10月11日号
僕にとっての知識と娯楽/97年2月28日号


■FFⅦムーブメント

『インターナショナル』版発売をきっかけに、この怪物ソフトを再検証する。

植松氏大いに語る!

――『FFⅦ』発売から8ヵ月経っています。いまだから言える部分などありますか?
植松 もっと音楽を鳴らさなくて済んだような気がするんです。作っている段階でも意識していたんですが、実際プレーしてみたら、ここは音楽鳴らさないほうがいいなっていうところがありました。
――そういう部分が次回作の音楽に活かされてくるのですか。
植松 音楽だけがどうのこうのというわけじゃないですが、『FFⅦ』の世界って誰もやっていなかったことじゃないですか。あれだけCG入れてムービー入れて、長いストーリーにして。作品がおもしろい、おもしろくないは別にして。
――絵にしても何にしても……。
植松 そう。だからこの先どこへ行くかは私たちもわからないんです。誰も教えてくれないし、自分らで闇のなかを手探りでやっていくしかないんです。『FFⅦ』を作った以上、それを越えるものを作らなきゃならないわけで。苦しいけど、誰もやっていないぶんやりがいがありますよね。だからね、『FFⅦ』のなかにはエッセンスがいっぱい詰まっていると思うんですよ。でも、装いをどうすればいいのかわからなかった。だから、ランク的にはたいした作品じゃなかったかなといまになって思います。なかに入っている部分はおいしいんだけど、商品として成り立つかどうかは……。ただ1回やってみて、いろいろ得るものが多かった。つぎはいいのが作れるんじゃないかと思うんですよ。
――音楽も、何もかも含めてってことですよね。
植松 そうです。ダイヤモンドの原石みたいな作品だと思うんですよ。まだまだ問題も苦労も多いけど、これから磨いていくんで、長い目で見てほしいですね。




■町内会

アナ・サム
・唖然、彼のドリル瓜、グサッと(リアルサウンド~風のリグレット~)/東京都 林

報告書
・むかし長州力が登場するシューティングゲームが、ファミコンで出ていた。/福岡県 極夫
・レンタルビデオ屋で、『セーラームーンR』を全巻借りようと、ケースからひとつひとつ抜いていたら、警備員を呼ばれた。/滋賀県 鶏

発光ダイオードに関してアイレムが正式に回答/91年11月15日・22日合併号





■エクスプレス

大手中古ファミコンチェーンと任天堂がライセンス契約を締結!!
「わんぱくこぞう、カメレオン倶楽部、エフアールシー、ブルート、TVパニックの5社が集まりまして、横の組織を設立したんです。今回の1件はその組織の体裁が整った段階で、こちらから任天堂さんにアプローチしました」(わんぱくこぞう 東京本部長 藤本)

PCエンジンLT 12月13日発売!!
なんと!99800円!!


■クロレビ

(ファミ坊、浜村、渡辺美紀、TACOX)

プリンス・オブ・ペルシャ(PCE CD-ROM2)
7 8 6 5

ラディア戦記 黎明編
4 7 6 5
一画面上で見えるマップの範囲がかなり狭いので、方向性が希薄になっている。久しぶりに、全体マップが必要なRPGって感じだ。ネックは戦闘に時間がかかりすぎるのと、オートバトルがそれほどかしこくないこと。気が短い人にはつらい。(ファミ坊)

スターウォーズ(ビクター音産)
5 5 4 3
ファミコン版の『バットマン』的なアクション面がかなりイジワルな構成で、プレーしててめげる。映画からは想像もつかないようなアクションシーンが展開されるくせに、画像取り込みっぽいビジュアルが挿入されたり、なんかチグハグな感じだ。とまどうし、難しすぎると思う。(TACOX)

マジカルチェイス
7 6 6 7
『ファンタジーゾーン』や『R-TYPE』、『マリオワールド』など、いろんなゲームファクターをたくみに取り入れたシューティングゲーム。基本は『ファンタジーゾーン』かな。とくにオリジナリティーはないのだが、中間色のグラフィックとゲームバランスは二重丸。完成度は高い。(ファミ坊)
難しすぎず、かといってやさしすぎず、ほどほどのバランスがいい。最近、奇をてらったクソ難しいだけのシューティングが多いけど、このゲームはその点安心してプレーできる。キャラクターもファンシーでかわいい。オーソドックスな手法でていねいに作り込んだって感じだ。(TACOX)

ビーストウォリアーズ
5 5 5 5

ルナーク
4 6 6 4


■史上最強の将棋ソフト決定戦

出場するのはファミコンをはじめディスクシステム、ゲームボーイ、PCエンジン、スーパーファミコンから選び抜かれた10タイトル。これらのコンピューター棋士たちにトーナメント戦で戦ってもらい、真の最強将棋ソフトを決めてしまおうというわけだ。

激戦に挑む10人のコンピューター棋士たち
本将棋内藤九段将棋秘伝/セタ/FC
森田将棋/セタ/FC-DISK
谷川浩司の将棋指南Ⅱ/ポニーキャニオン/FC
ファミコン名人戦/SNK/FC
谷川浩司の将棋指南Ⅲ/ポニーキャニオン/FC
将棋/ポニーキャニオン/GB
将棋初段一直線/ホームデータ/PCE
ファミコン将棋竜王戦/アイマックス/FC
初段 森田将棋/セタ/SFC
森田将棋PC/NECアベニュー/PCE

試合ルール
出場ソフトは、トーナメント表の左から、発売日の古い順に並べてある。あとから発売されたソフトは、すでに発売になっているソフトを研究できるので、後手で指すことにする。
対局は、各ソフトごとの最強のモードで1局のみ行ない、その勝ち負けで勝負を決める。

決戦に臨むメーカーさんの声
セタ・日下部さん…『初段 森田将棋』はちょっと強いですよ。強さや速さは、ファミコン版よりかなりパワーアップしてます。
ポニーキャニオン・松本さん…ウチのゲームは、序盤、パターン認識、思考の3種類のルーチンが充実しているので、バラエティーあふれる展開が楽しめます。ただ、発売からだいぶ月日が経っているので、他社に当社のソフトが研究されまくっている可能性アリ。そこが弱点かな。
SNK・佐藤さん…うちの名人は百戦錬磨!手ごたえ最強!!極めつけの実力派!!!今までのファミコン将棋で最強の自信があります。
ホームデータ・倪さん…今回、発売中のソフトということでもっと強いメガドライブ『将棋の星』やPCエンジン『将棋初心者無用』が出せないのは残念。
アイマックス・河野さん…従来のソフトに比べ、定跡のルーチンを豊富に盛り込みました。はっきり言って強さには自信があります。
NECアベニュー・鈴木さん…コンピューター将棋の第一人者森田和郎氏の思考アルゴリズムは天下一品!PCエンジンの処理速度を限界まで使い、スーパーファミコン以上の高速対応を実現しました。

第一回戦
●本将棋内藤九段将棋秘伝(FC)  森田将棋(FC)○
○谷川浩司の将棋指南Ⅱ(FC-DISK)  ファミコン名人戦(FC)●
●谷川浩司の将棋指南Ⅲ(FC)  将棋(GB)○
●将棋初段一直線(PCE)  ファミコン将棋竜王戦(FC)○
○初段 森田将棋(SFC)  森田将棋PC(PCE)●

準々決勝・準決勝
●森田将棋(FC)  谷川浩司の将棋指南Ⅱ(FC-DISK)○
●谷川浩司の将棋指南Ⅱ(FC-DISK)  将棋(GB)○
●ファミコン将棋竜王戦(FC)  初段 森田将棋(SFC)○

決勝
●将棋(GB)  初段 森田将棋(SFC)○
『初段 森田将棋』が優勝!
『森田』の思考時間は、合計なんと11時間50分。決勝にふさわしい大熱戦であった。


■アーケードマニアック

第45回『与作』とごんべえ


■素朴な疑問2

オール・アバウト・ゲームQ&A

■マルチタップにマルチタップをつなげて、25人同時に遊ぶことはできるでしょうか?
●「25人同時には遊べません。マルチタップは、5人分のデータしか処理することができませんから」(日本電気HE 営業 近藤)

■ファミコンのボタンは中央がへこんでいるのに、スーパーファミコンはふくらんでいるのはなぜ?
●「やっぱり、ファミコンのときとは開発スタッフが違いますから。それと、デザイン的なことですかね。人間工学的にはどっちでもいいみたいですね」(任天堂 広報部)

■任天堂からトランプや花札のゲームは発売されないのでしょうか?
●「テレビゲームにする必要がないからですね。友だちどうしで遊んだ方が楽しいでしょうし、テレビゲームにすると持ち運びもできませんよね」(任天堂 広報部)

■ファミコンのカートリッジで赤の発光ダイオードがついたものがあったけど、あれはなんのため?
●「電源が入っているときに、カートリッジを抜かないように気をつけてもらうためです」(アイレム 広報 高津)

[※なんだよ「気をつけてもらうため」って]

クロレビ初の40点満点、小島可奈子/98年11月27日号





■エクスプレス

『FF』映画化決定!監督は坂口博信だ!!

『ポケモン』が世界の共通語になる!?ピカチュウは海外でも大人気!

ドリームキャスト、好スタート!?
最優秀テレビCM賞を受賞!


■クロレビ

(野田、乱舞吉田、渡辺美紀、うすば)

ゼルダの伝説 時のオカリナ
10 10 10 10

そんなわけでファミ通創刊13年目にしてはじめて、史上初の40点満点がついに出た。歴史的瞬間!こうやって10が4個も並ぶと壮観。つぎの40点はいつ訪れる!?



■アイドルスタジオ

小島可奈子







[※衣裳のパイル・オブ・トラッシュというブランドが相当なつかしい。あとこの人のヌード最高だった。2年くらい前の]

98年11月30日号





■エクスプレス

ワンダースワンの画面写真を初公開!

ゲームボーイカラー発売!!
大人気で売り切れ店続出!!


■町内会

報告書
・オレがいま作ったモルモル理論の内容は秘密。/愛知県 薦田拓大

98年10月30日号





■エクスプレス

新ハードラッシュ!東京ゲームショウ開催

ポケットステーション、12月23日に3000円で発売!

ドリームキャスト29800円!ナムコも参入!!

ついに全貌が!バンダイのWonderswan発表


■ビデヲゲーム通信

うわさの街角美人
バグ取れバグ取れ街角美人。むろんアタシがその女。精進かつキータッチはカチカチよりペコペコが好ましい。その美しさたるや、“ゲームショーのプレスデーに街角美人が来るらしい!”とのウワサが業界に轟き門前列を成すほどだというわ。今日もアタシはDAT片手にDVD夢見つつBCG打ってたのだけれど、TRFよりはCCBを好む性格なのかもしれないわ。そんな、'80年代へ回帰するニューロマンティックな流れのなか、脳裏よぎるは『ギャルズパニックS2』のウワサ。カネコの濱口氏へ直。
――そのゲームをひと口で言うと。
濱口 陣取りしてって女の子のいやらしいポーズを見るゲームか?
――陣取りしてって見るゲームか。

[※街角美人=風のように永田]

98年10月23日号





■エクスプレス

せがた三四郎 感動のフィナーレ
'97年10月からスタートした、せがた三四郎のテレビCMシリーズ。強烈なインパクトで話題となった人気CMも、ついに最終回(?)を迎えることになったのだ。

ニンテンドウパワーが1周年!
8月からダイエーでテストが開始されたのに続いて、10月1日からレンタルビデオショップのTSUTAYAでも、ニンテンドウパワーのテスト設置が始まったのだ。

ネオジオポケットのスケルトン クリスタルホワイトを公開!!


■TOP 30

1 ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド [NEW]
2 いただきストリート ゴージャスキング [NEW]
3 ポケットモンスター ピカチュウ
4 機動戦艦ナデシコ The blank of 3 years [NEW]
5 メタルギア ソリッド


■伝言板

[※風永(編集者KN、千のいいわけを持つ編集者、もったいつけジジイ、素直な突っ込みが売りの編集者、ワナ知識が豊富な編集者など)担当終了]

98年10月16日号





■エクスプレス

ドリームキャスト ついに実機を公開!

ネコが主役のテーマパーク
『甲子園』シリーズでおなじみの魔法がテーマパークを建設。10月10日、神戸市のショッピングセンター、ダイエーKOU'S内に、世界中の猫に触れることができるテーマパーク、“ねこ.だいすき”をオープンするぞ。


■2999年のゲームキッズ

[※新連載]


■町内会

報告書
・月曜の夜7時50分ころになると隣の家から「パジェロ!パジェロ!」の声が聞こえてきます。/大阪府 ロシアン
・家のなかに知らない記念碑がある。/埼玉県 サービスカード高柳

触れ忘れてました





死刑で思い出したけど、大トロ倶楽部の『GRAND FATHER』って、宮崎が捕まった('89年7月23日)すぐあとに載ったんですよ。それをふまえてみるとこのコマの味わいがぐっと増します


◆89年9月15日号/ファミ通作文コンクール入選作発表

浜丘麻矢/97年4月11日号





■エクスプレス

'97東京おもちゃショー 過去最大の規模で開催!

セガバンダイの社名が変更に!
セガとバンダイが合併して、10月にできる新会社の社名が、“セガバンダイ エンターテイメント”となることが決まったぞ。
「“セガバンダイ”という社名だと、ゲームとおもちゃだけのイメージになりがちです。合併後は、映像や音楽、コンピューターネットワークなど幅広い分野の事業を手掛ける予定ですので、そのイメージに合う社名にしよう、ということになりました」(セガ 広報)

たまごっちブームさらに加熱か!?
3つの新種やPHS版も登場するぞ。


■町内会

報告書
・最近の『中学生日記』ときたらバッドエンディングが多すぎ。/神奈川県 サムライ
・小学校のドッヂボール大会。我がチームの“めちゃ強負けない優勝チーム”は初戦敗退。/岐阜県 新宿ジャーキー


■徐々にポイマン

新連載


■IDOL STUDIO

浜丘麻矢









[※誌面を通して『浜岡』と誤植。ポケモン世代の子たちって、友だちみんなで『学校の怪談』観に行ってそうなイメージがある]

ドット絵宇宙一、第6回ファミ通マンガ大賞/94年3月4日号





■エクスプレス

注目のCDXの日本での発売は?

映画にアニメにゲームソフト 『ヤマトタケル』の多角展開!


■クロレビ

(野田、ローリング、渡辺美紀、TACOX)

パラディオン
7 5 6 5
『ブリーダー』っていうゲームが昔ありましたが、あれ的なゲーム。作りが軽くてアニメ的なので、ゲームに入りにくいス。水平方向にしか展開しない戦いもイマイチ。動きもシブいしね。(TACOX)

T2 ザ・アーケードゲーム(GB)
6 5 4 3
ゲームボーイに多くを求めちゃいかんのだけど、でもなあ。(TACOX)

いただきストリート2 ネオンサインはバラ色に
9 8 9 8

ゴジラ爆闘烈伝
9 6 7 7
さすが版元だけあってしっかりした作りです。なんつっても音がよい。空きっ腹に響く重低音が非常にかっちょええ。ゲーム内容はただの対戦格闘技だけど、それぞれのキャラクターがその個性を発揮しててわかりやすいですな。動きもシャキシャキしてるし。(TACOX)

ファイナルファンタジーⅠ・Ⅱ
8 7 6 5


■ごくらくゲーム

あべかよこ
[※連載再開]


■第8回ドット絵講座 ドット絵宇宙一

現役ドッター夢の競演

テーマ『火星人』










■NEW'S CLUB

CD

久松史奈/MAX ~Best Collection~
西司/Truly
須藤あきら/MY SELF
Kei-Tee/頭が割れそう
シャ乱Q/ロスタイム
BLOW/風が見える瞳のままで
ゲームミュージック/龍虎の拳2

山田晃士/ひまわり
LIVIN' IN THE CITY/葛木哲哉
B'z/Don't leave Me


■獣神サンダーライガーのトラブルスープレックス

Q. このあいだ両親と話していたら「プロレスは脚本どおり」と言われ、プロレスファンである僕は、ものすごく腹が立ってしまいました。そこでライガーさんにお聞きしたいのですが、脚本どおりのプロレスなんてありませんよね?/東京都 内藤
A. そういうことを言う人は一度道場に来てほしい。そして私の技を受けてみろ!もし技を受けたあとでも「脚本はやっぱりある」とか「プロレスはインチキだ」というのなら、そうれはしょうがないことだ。けど、経験もせずにそんなことを言っても、言葉に重みはない。キミもそう思わないか?


■しあわせのかたち

最終回


■週刊ファミコン通信 第6回マンガ大賞

入選

返済セイスケ/乾いたやつら



[※安井誠太朗(安井誠太郎)。この人好きだった]


ダムこうじ/世界兄弟



[※肉柱ミゲル先生]

ヘビ野玉子/KAZOKU-TICK. 家族的.

佳作
瀬賀よーじ
重吉大悟
みたかほる
アスベル生きていたか
出塚勉
蟻御飯 [※新谷明弘]

ファミ通共通一次実施、クロレビ2ページ化/87年2月6日号





■表2広告

元祖西遊記 スーパーモンキー大冒険

出たあー、ソンゴクー!

広大な中国大陸に展開するマップは700面以上。
このスリルは本当にノンフィクション。

4大特典
1 日本テレビ系『歌のトップテン』の入場券を抽選で合計2000名様プレゼント。
2 テレホンカードを抽選で合計1000名様プレゼント。
3 ゲーム体験をもとにしたオリジナル劇画『西遊記』を募集。優秀者にはシャープCD・WラジカセQT-25CD他豪華商品を進呈。
4 天竺親子ファミコンゲーム駅伝大会開催。於東京ヒルトンインターナショナル/'87年3月29日~30日

バップ・ビデオ好評発売中!
ジミー小林のスーパーマリオブラザーズ2 完全攻略法
ファミコン漫画スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出作戦

[※ジミー小林って?]


■表2対向広告

タッチ

泣きぬれてコンティニュー

さわやか三角関係をロールプレイ♥
1Mビットロム採用!


■1986年ベストヒットゲーム大賞発表!!

読者が選んだ栄えある大賞は『ドラゴンクエスト』
他のゲームに圧倒的な差をつけて、みごと大賞の座についたのがこの『ドラゴンクエスト』だ。シナリオ、キャラクターデザイン、BGM、そしてプログラマーに日本最強のメンバーを揃え、約1年を費やしてつくられた。その企画の良さと出来ばえの素晴らしさは、多くのゲームファンの視線を集め、強い支持を受けるにふさわしいものだ。これからも正統派RPGとして、長く愛されるゲームであり続けるに違いない。

年間ベスト20
1 ドラゴンクエスト
2 グラディウス
3 ゼルダの伝説
4 がんばれゴエモン!からくり道中
5 グーニーズ
6 スーパーゼビウス ガンプの謎
7 スーパーマリオブラザーズ2
8 悪魔城ドラキュラ
9 ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境
10 ワルキューレの冒険
11 メトロイド
12 魔界村
13 ツインビー
14 忍者ハットリくん
15 スターソルジャー
16 高橋名人の冒険島
17 スーパーマリオブラザーズ2
18 プロレス
19 ディグダグⅡ
20 戦場の狼

[※『スーマリ2』が2回ランクインしてる]


■TOP 30

1 プロ野球ファミリースタジアム
2 ドラえもん
3 ファミリートレーナー
4 ドラゴンボール 神龍の謎
5 たけしの挑戦状/「子供にはこのゲームのおもしろさはわからんかも」なんて豪語していたわりには(!?)、快調に売れてるみたいだね。「カラオケのとき、Ⅱコンを持つ手の小指を立てるとハイスコアが出る」と送ってきた静岡県の林くん。絶対だな!?ウソだったらガバス没収だからね。


■クロレビ

突然ページ数が増えて、10本立てになったクロスレビューです。

先週タコスをいただいていたら、タコシェルでやけどしてしまった。ねこ手だから困るんだよね。(ファミ坊)

リンクの冒険
8 10 9 9
操作性の悪いのには閉口した。アイテムが、なかなか取れないんだもんな。あと、死んだら経験がゼロになるってのもひどい。そのほかは、なかなかの2重丸。一度遊び始めると、なかなかやめられないタイプのゲームだ。ただ、3重丸の『ゼルダ』の続編にしては物足りないけど。(ファミ坊)
『パルテナの鏡』には不満いっぱいだけど、やっぱり任天堂さんは違うね。プロフェッショナルだとゆー気がする。ここまでやられちゃ、私は文句ありましぇん。(店長)

ナイト・ロアー
3 5 6 6

消えたプリンセス
5 6 8 8
シャレた会話と生活感あふれる設定でおもしろいアドベンチャーゲームだ。(ガスコン)

ブリーダー
7 7 7 6
なぜか万里子は、紙で作ったおすもうさんを箱の上で戦わせるという“紙ずもう”を連想しちゃいました。他のゲームとはちょっと違う、新しいジャンルのゲームみたいです。模型の好きな人向けかな。(万里子)

ドラゴンバスター
6 6 7 7
私のバアイ、この『ドラゴンバスター』に関してはあんまり思い入れはないのだ。ゲーセンでもそんなに遊ばなかったしね。そんなわけだから、ま、フツーのアクションロールプレーイングだな、ってな感じ。好きな人だけ買えばいいんじゃないの。悪いけど……。(店長)

時空の旅人
3 5 7 5
ひとことでいえば、ファミコン版アドベンチャーブックかな。でもどうしてみそ味よりすましの雑煮がいいと決めつけるの?そんなの人それぞれだろ。(ファミ坊)

ディープ・ダンジョン
5 5 8 6
このゲームには、シナリオとゆーものがない。戦って経験値を上げるだけのRPGは、真のRPGとはいえないのだ。RPGの目的は、単に敵を倒すだけであってはならない。私はそう考える。(店長)

飛龍の拳
5 7 8 8
なにしろ、1メガ使ってるからね。ゲーセンで好きだった人なら……というところかな。(ファミ坊)

アルカノイド
7 8 8 7

ドラゴンクエストⅡ
9 10 10 9
相変わらず『ウルティマ』色の強いゲームになっているが、シナリオの精巧さ、ゲームバランスなど、一般的なファミコンゲームとは一線を画している。(ファミ坊)
私もキミたちといっしょで、『ドラクエⅡ』絶対買います。ええ、買いますよ。でもね、私はキミたちと違って、攻略本とかそんなのぜーんぜん見ないもんね。もちろんファミ通の攻略本もね。だってもったいないじゃん。せっかく自分で買ったゲームなんだもん。ね。(店長)


■ファミ通降任共通一次

この共通一次は、はっきりいって、かなり真面目だ。ファミ通でアルバイトしたい、って思ってる人にはまたとないチャンスだから、しっかり応募するように。また、ガバスがたくさんほしい、という人にも、おあつらえ向きの企画になっているぞ。

[※ガバスプレゼント兼ファミ通バイト募集企画]

国語

問2 次の小説を読んで、以下の問に答えよ。(各2点)
僕は昔から、カマ[a]が嫌いだった。せっかくの苦労が、いつも無駄になってしまうからだ。聖水も役に立たなかった。目的地に到達する手前で遭遇する、波うって空中を漂う悪魔[b]……。決まって体力を奪われてしまうのだ。
A この小説は何のゲームについて書かれたものか?
B 傍線[a]は誰を指すか?
C 傍線[b]は誰を指すか?
D このゲームを作ったメーカーのファミコン第1作は何か。

算数

問6 時空暦2010年で爆弾を4つ、くつを3つ、レーザーとシールドを1つずつ買って、時空暦1608年で爆弾を2つとパーサー、時空暦1301年でシールドを買った。手もとに残った時間は200。さて、最初に時間をいくら持っていたか?なお、一番安い店で買ったと仮定し、ワープは無料だったとする。(2点)

問7 アレフガルド地方の人口調査を行なって以下の結果を得た。さて、アレフガルドの人口は何人か?(2点)
既婚者28人、男性28人、既婚男性20人、未婚女性24人

外国語

問8 『スーパーゼビウス』のエンディングメッセージを和訳し、30字以内に要約せよ。(4点)

図工

問11 市販のおりがみで次の3種類のキャラクターのうち、任意の1種類を作り同封せよ。ただし、折り紙は、折りたたんだ状態で送ること。(7点)
A マリオ
B ウィンビー
C ニャームコ

音楽

問14 『ドラゴンクエスト』の町のテーマは、4分の(ア)拍子、(イ)小節のリフレインで、F、(ウ)、Gm、(エ)、Fの順でコード進行する。(各1点)

歴史

問18 次の事項にもっとも関係の深いゲームに登場する主人公をそれぞれ選び、記号で答えよ。(各2点)
A お店で丁半勝負ができる。
B 7つの時代を行き来する。
C チーズや指輪を集めてクリアー。
D 姫の名前を入力すれば、裏モードへ。
E 下上BABABABA。
a.サムス b.ビッグバイパー c.ボンジャック d.六三四 e.ゼルダ f.マイキー g.ごえもん h.ラルフ i.ウィン j.ハリー k.鷹丸 l.ピット m.マッピー n.モール o.ソルバルウ p.ワルキューレ

倫理

問20 次の分は、いずれも有名なゲームのマニュアルの書き出しである。ゲーム名を答えよ。(各1点)
A ぼくの名前はヒュー・ルーカス。シニアスクールの3年生、14歳だよ。
B 時は江戸時代。これは四代将軍徳川家綱が天下を治めていたころの……。
C 突然の地殻変動により南大西洋上に巨大な島が姿を現してから……。

地理

問21 空欄の中に、適当な地名、あるいは言葉を入れよ。(各2点)
A アレフガルド大陸には、(あ)の廃墟がある。
B はじまりの国で右向きにワープすると、(い)に出る。


■スーパー出前一丁

福永規恵


■奥付

マップ公開とか攻略法ってさ、いったいなんなんだろうね。よくわかんないなあ、もう。
そーゆーことをやってる張本人のファミ通がいうのもヘンだけどさ、つまんないと思うんだよね。マップづくりにしても、攻略法の発見にしても、ゲームの一部だもんね。自分で楽しんでやらなきゃウソだ。でも、世の中のフーチョーがそうだからしょーがない。なんとかしたいものであることだなあ、と考えるファミ通なのだ……。

森下万里子 想い出のゲーム/89年6月23日号





■ファミコン通信3周年おめでとう企画大プレゼント

作文コンクールでアメリカに行こう!!
ファミ通も、今キミの手にしている号で3周年。いやぁ、おめでたいもんですな。このおめでたいついでに作文コンクールを開催するのだ。なんと、商品に、ハワイ旅行とロサンゼルス旅行を用意したぞっ!!
で、コンクールの課題は『ファミ通との3年間』だ!!

ゴールド賞 ペアでハワイ旅行7日間の旅だっ!!
あの有名なダイアモンドヘッドもワイキキビーチもみーんなキミのものになるのだ。

プラチナ賞 ロサンゼルスに行く7日間っ!!
西海岸に着いたら、キミはもう浅井慎平の写真の一部だ。

[※関連記事:89年9月15日号/ファミ通作文コンクール入選作発表]


■クロレビ

ゲームボーイが参入して市場はもう元気いっぱいという感じがするのだ!!

テニス(GB)
4 6 7 5
『ベースボール』と違って、ボールのスピードを4段階に変更できるのが強みだ。ただ、ボールを速くすると、プレイヤーの動くスピードとのバランスが悪くなる。やっぱり、液晶画面じゃスピーディーなゲームはムリなのかなあ。(ファミ坊)

パックランド(PCE)
7 7 8 8
ゲーセンにこの『パックランド』が登場したときは、ホントーにビックリした。このゲームデザインは5年に1本出るか出ないかのものだ。今でも素晴らしいと思っている。PCエンジン版はそれを忠実に再現してるところがよい。でもあれから何年もたっちゃってるからね。そこがね。(店長)
世界一、アーケード版に近い。暗闇の屋敷がないところなどマップに一部違うところがあるものの、キャラクターやBGMはほぼそのまんま。ファミコン版同様、2通りの操作方法が用意されてるのがうれしい。なんつっても操作感覚がアーケード版に近いのが、この移植の偉いところなのだ。(TACO.X)

テトリス(GB)
6 8 8 7
はっきりいっていい。ひとり用は置いとくとして、対戦型は最高だよね。消したブロックを相手にプレゼントするシステムは、じつに画期的。かなり、燃えるものがある。ゲームそのものが単純なので、色がない液晶画面でも、いままでほどは気にならない。ゲームボーイを持ってる人なら。(ファミ坊)

ファイヤープロレスリング
6 7 7 7
やりこめばかなりおもしろいプロレスゲーム。はじめのうちは技はかからないわコンピュータは強いわで話にならないのだが、じっくり取り組むと技がかかりまくって気分爽快。ここらへん、『ファミスタ』を買ったばかりのときに似ているのだ。見た目はいまいちだけど、中身はいいぞ。(TACO.X)

サンダークロス
5 6 7 5
色使いがものすごくキレイですね。キャラクターの動きもリアルで、いいと思います。敵キャラがみんなユニークでかわいいし、主人公もけっこうステキです。(万里子)

今週はゲームの本数が少なかったね。ROM不足が思ったより深刻で、まいっちゃったなあなのだ。ゲーム完成から7ヵ月後にようやく製品発売ってのがイタイよね。で、おすすめなんだけど、やっぱり『テトリス』と『パックランド』ってとこかなあ。(ファミ坊)


■インプレ

想い出のゲームたち
ピンボール/森下万里子
万里子がファミコンを好きになって、しかもそれが元でこうして仕事をするようになったというのは、すべて高校3年のときから始まるのです。ファミコンが任天堂から発売されたのは1983年。今から6年前で、万里子はまだ高校生だったわけです。そのころ、万里子には仲のいいともだちというのが男女含めて5~6人いて、いつもなんだかんだと集まっては、たわいもなく遊んでいました。いろんな個性の持ち主がいっぱいいて、その中に、とりわけ新しもの好きのヤツがひとりいたのです。
その人が提供する遊びものには何かしら必ず説得力があって、「これおもしろいよ」なんて言われると、みんなで「どれどれ」という感じになってしまうのです。で、いく種類かあったのですけれど、そのきわめつけとして、“ファミコン”があったわけ。まだブームとなる前で、ほんとに発売と同時!!のときです。夏だったんですよね。みんなしてアウトドアを満喫しよう、というときだったけれど、「ちょっとコレやってみない」と言われてやったら、これが素直におもしろくてすっかりトリコになりました。『マリオブラザーズ』と『ピンボール』がよかったな。
海にも行きたかったけれど、その年は、それ以上にファミコンで遊ぶのが楽しかったのです。なんて、言いすぎかもしれないけれど。だって、海も思い切り楽しんだ上で、ファミコンも楽しんだ夏だったのですから。
当初のソフトって、ふたりプレイがとてもおもしろかったのです。『マリオブラザーズ』なんて、ふたりプレイで、技を競い合ったりして、それで成り立ってしまっていたんですよね。テレビゲームが暗い!!なんて全然思わなかったわ。
今になっても、ときどきあのころの、ほんとうに新鮮だったころのゲームをやってみたりします。むじゃきな夏の一日を思い起こせるから。
(森下万里子)




■町内会

日記でこんにちは
隼一郎の巻
5月○日
船田戦闘機というマントを着た男からCDプレイヤーを買った。だがこのプレイヤー、曲が多いCDは再生できない。イカしたマシンだぜ。
5月○日
渋谷洋一がコンピュータでなんかしてたので覗いたら、ファンレターの返事を書いていた。パンクのくせして律儀だぜ。そういや、桃栗も返事書いてるな、みんなまじめなんだな。俺も返事を書こうと思ったが、俺のところに来るのは請求書とお怒りの手紙ばっか。あと、不幸の手紙も来るぜ。ベイビー。

キスミー!お習字
・♪悲しみこらえて ほほえむよりも パリダカールラリー 泣く方がいい/新潟県 中堀
・ほんじゃまか帽子 by 早野凡平/愛知県 岡戸孝宏


■開運占いコーナー

読者の見た夢を占っちゃうよん!!

[夢] 南野陽子と友だちになって、僕の家までいっしょに自転車で行くと、家が火事になっていて、母が一生懸命に荷物を運び出していました。どういう意味の夢ですか?/東京都 渡辺
[回答] 火事の夢は、一見、不幸な感じがしますが、実は好転のきざしなのです。夢の不幸を現実のものにしないように心がければ、成績アップ、学校での行動が認められるなど、開運につながっていきます。また、火事の夢は視力が減退することも示していますから、目には十分注意してください。それから、南野陽子ですが、これはとくに強い意味はありません。自転車は、新しい自転車を買ってもらいたいという意識のあらわれです。(福田)


■しあわせのかたち特別編 大魔界戦線Ⅱ



[※ボードゲームRPGの第2弾]


■ファミ道楽

アンケートはがき大公開
これがファミ通の平均的読者さん像だぜ!
①平均年齢:15.7歳
②性別:男91パーセント、女9パーセント
③居住地:東京と大阪がほぼ同じ。あとは神奈川、兵庫、千葉、埼玉の順
④好きなゲーム:RPGがダントツ。RPGは全体の約半数の支持
⑤興味のある遊び:野球、麻雀、音楽鑑賞。あとはラジコン、サッカー、ビリヤード、ラジコン、ミニ四駆など
⑥好きなテレビ番組:みなさんのおかげですが22パーセントの支持率でトップ。以下、ドラゴンボール、ねるとん紅鯨団、プロ野球中継、ニュースステーション、教師びんびん物語Ⅱ、美味しんぼ、元気が出るテレビなど


■エクスプレス

スーパーファミコン年明け早々に発売も!?
新マシン市場にソフトメーカーが続々参入!!

ナムコ、任天堂契約交渉のゆくえ


■はまり道

次号より新連載記念企画 1ページ特別編

マツメグ/97年7月11日号





■エクスプレス

世界最大のショー アメリカで堂々の開催!
6月19日~21日、アメリカ、アトランタのワールドコングレスセンターで、E3(エレクトロニック エンターテイメント エキスポ)というイベントが開催されたのだ。
『SONIC R』もプレーできたのだ
おなじみマリオも大人気
パラッパ アメリカでも大人気!

今度は紳士服業界にも進出!?たまごっちネクタイ登場!

セタが業務用ゲームシステムを開発
セタが、ニンテンドウ64と互換性を持つ業務用ゲームシステム(基板)ALECK64の完成を発表したぞ。


■TOP 30

1 ポケットモンスター
2 エースコンバット
3 がんばれ森川くん2号
4 スター・ウォーズ 帝国の影 [NEW]
5 超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか


■広告

ふね太郎

何だかハマるね!
パックインの釣りゲー!


人気の船釣りを初めてゲーム化!今年の夏は大漁だ!


■クロレビ

(野田、水、永野、ローリング)

西暦1999 ~ファラオの復活~
7 6 6 6

沙羅曼蛇 デラックスパック プラス
8 6 6 5

EOS Edge Of Skyhigh
5 4 5 4

だいすき♥
6 5 5 5


■町内会

報告書
・『エヴァ』より『エバ』のほうがいい。おまけコーナーにも出ていたし。/大阪府 ロシアン
・『あずきちゃん』はいつも俺の傷ついた心をいやしてくれる。/大阪府 必殺


■IDOL STUDIO

松本恵





スーパーマリオクラブスペシャル/92年10月16日号(通巻200号)





■エクスプレス

『ドラクエ』トリオが特別講義!!
エニックスゲームスクールで、9月18日に堀井雄二氏、中村光一氏、すぎやまこういち氏の座談会形式の特別講義が開かれたのだ。
「あれもこれもと欲張らず、発想したアイデアをエイと切り捨てる思い切りのよさも、ゲームの製作には大切なことです」(堀井)
「テレビゲームばかりやるんじゃなく、友だちとカケヒキしながらトランプとかボードゲームなどで遊ぶことが必要です」(中村)
「思いつきと企画とは違います。新しいものを創りあげる感受性を日常生活のなかで磨くようにしてください。技術×感受性=能力です。どちらが欠けてもゲームは作れません」(すぎやま)
(「“おもしろい”とはどういうことですか?』という質問に対して)
「言葉にしなきゃわからないようなら、ダメ」(すぎやま)

セガゲーム図書館がついに休館!!
通信システムはまだ早すぎたのか?

『スーパーマリオクラブスペシャル』放映!
この番組も、今年の秋でついに100回目を迎えるんだけど、それを記念して10月8日に特番が放送されることになったのだ。
この特番の目玉はファミコン世界一決定戦。2000人が参加した予選(使用ソフトは『ヨッシーのたまご』)を勝ち抜いた日本のファミコンチャンピオンと、40000人が参加した全米大会(使用ソフトは『スーパーマリオ』、『ラッドレーサー』、『テトリス』の3本を1本にまとめた特製ソフト、『ファミコン近代3種』)で優勝した全米チャンピオンが、世界一の座をかけて勝負したのだ。決定戦で使用されたソフトは、『スーパーマリオワールド』、『F-ZERO』、『パイロットウイングス』を1本にまとめた、『スーパーファミコン近代3種』だ。結果ははたしてどうなったか!?

[※前列左から、チャンピオンベルトを巻きマリオトロフィーを抱えた白人少年、渡辺徹、本田理沙、マリオトロフィーのみを抱えた日本代表の少年。後列左から、通訳の女性、ストⅡリュウのコスプレをした松尾伴内、ハッピをまとった笑瓶、糸井重里。という写真から、白人少年がチャンピオンに輝いたのだということがわかる]

[※関連記事:88年9月30日号/近畿代表の関戸君、ニューヨークへ]


■『ドラクエⅤ』発売記念 すぎやまこういちの『ドラクエⅤ』のここを聴け

――スーパーファミコンの音源は全部で8トラックありますよね?それを全部使ったんですか?
すぎやま それが8トラックうめちゃうと結果が良くないんです。音と音のつながりが悪くなってしまってね。だからひとつのメロディーを2トラックで使うように工夫しました。

――作られた曲のなかには、やっぱりボツになった曲、なんてのもあるわけですよね?
すぎやま ええ、気に入らないのは自分でどんどんボツにするからね。まあ、中には一発でコレって決まったのもありますけど。戦闘シーンの曲なんてたいへんですよ。何曲作ったろう?毎回そうなんだけど、戦闘シーンの曲がいちばん時間かけてますね。数曲作って、選びに選びぬいて。今回は5、6曲は作ってますよ。自分でボツにしたヤツでも、この部分は残しとこうとか、このアイデアはいいからとっとこうとか。いいところをギュッと絞りぬいてね、1曲にまとめあげるんです。なぜかっていうと、ぼく自身もゲームをプレーしてみてわかるんだけど、いちばん多く聴くのが戦闘シーンの音楽ですからね。戦闘の曲がつまらないと、そのゲームの楽しさは50パーセントダウンすると思いますよ。

~[※全滅するとみんなすぐリセットするから、死んだときの曲は終わりまでまともに聴いてもらえない、という話]~

すぎやま でもね、全滅したときの音楽がこれはともすると全然聴いてもらえてないんじゃないか、と思ったのが、『Ⅲ』のとき。この交響組曲のアルバムを作ったときに、NHK交響楽団のフルメンバーでレコーディングしたんですよ。じつは、NHK交響楽団のなかに『ドラクエ』愛好会というのがあって、このなかにかなりの『ドラクエ』フリークがいるんです。で、『Ⅲ』が発売になったあとの夏のコンサートの音合わせをやったんです。そのころのメンバーは『Ⅲ』をクリアーしたあとだったから、音合わせしている最中でこの曲あったねーとかこの曲よかったねぇなんてみんなで演奏しながら言うわけ。でもレクイエムが出てきたときは、こんな曲あったっけだって。オイオイッ(笑)。聞いてみたらチェロの人なんか一度も死ななかったそうです。そりゃあ、聴いてないわけですよ(笑)。


■クロレビ

(浜村、ジョルジョ、渡辺美紀、TACOX)

ワンダードッグ
5 6 6 5

ロードモナーク
8 8 7 6

クイズ殿様の野望
7 5 6 7
やさしめに設定しなおさないとツラい。ゲームの面白さにぶち当たる前に終わってしまうはずだ。もっとも問題バランスはいし、敵の侵攻など新しめのフィーチャーも楽しい。ノウハウを溜め込んだメーカーのゲームはやっぱ違うな、という感じ。まとまっててよくできてる。(TACOX)


■アーケードマニアック

第87回『THE BOUNTY』


■町内会

なんでもBest 10
1 勝利へトス!日新製鋼セッター松田明彦(290)
2 南野陽子(200)
3 東京パフォーマンスドール(102)
4 細倉ゆたか(ホモ漫画家)(75)
5 日高のり子のKBS京都はいぱぁナイト金曜日(34)
6 鉄のさるまた(30)
7 フィオ=ピッコロ(28)
8 鈴木杏樹(24)
9 古守泉くん(オレ)(21)
10 今夜もSODA!パステルミュージアム(16)
圏外 会員番号32番山本スーザン久美子(5)、斉藤(2)、TACOXに2点を付けられたすべてのゲーム(2)ほか

報告書
・我がクラスでの文化祭での演劇が、『ロス暴動』に決定した。/大分県 焼肉ヒカリ


■NEW'S CLIB

CD
中島みゆき/EAST ASIA
観月ありさ/ARISA Ⅱ
熊谷幸子/ART OF DREAMS
インスパイラル・カーペッツ/リヴェンジ・オブ・ザ・ゴールドフィッシュ
ハッピー・マンデーズ/イエス・プリーズ
ストーン・ローゼズ/ターンズ・イントゥ・ストーン
BY-SEXUAL/4D Pocket

BOOKS
いするぎ りょうこ/ファンタジーノベルズガイド
高橋源一郎/ペンギン村に陽は落ちて
J.R.R. トールキン/指輪物語
宮原弥寿子/ギャランス・ハート
久美沙織/ドラゴンクエストⅣ

93年4月23日号





■エクスプレス

4.23 メガドライブ2 メガCD2 電撃発売!!

レオマワールドに新アトラクション
香川県綾歌町にあるテーマパーク“レオマワールド”に、新しいアトラクションが誕生したぞ。その名は“バトル・ビースト”。


■クロレビ

(野田、内沢、永野、TACOX)

星のカービィ 夢の泉の物語
9 8 9 7

フィーンド ハンター
6 4 5 5
『プリンス・オブ・ペルシャ』の主人公ほどではないが、クネクネ動くキャラクターたちが妙な味を出してる。長大なビジュアルデモの下で動いてるキャラクターたちもヘンで好きだが、アクションゲームが月並みで物足りない。(TACOX)

魔界村外伝 THE DEMON DARKNESS
6 5 6 5


■見えない「学力」

天久・F・聖一



[※『ごくらくゲーム』の代原として?唐突に掲載された天久先生の4P読みきり。目次は『ごくらくゲーム』のまま]


■アーケードマニアック

第112回『パックマン』


■グラビア

裕木奈江





[※奈江たん]

ギャルゲー進化論/94年9月30日号





■エクスプレス

秋のCSG開催!!次世代ソフトに注目

第32回AMショー開幕直前 注目はやっぱり格闘ゲーム!?

アメリカでE3展示会開催

電気街でバトルテックを一勝負
8月27日、秋葉原に『バトルテック』をプレーできるアミューズメントスポットがオープンしたのだ。その名も“バーチャルワールド・アウトポスト ヤマギワテクニカ”。


■ゲーム帝国

●部屋の3大遊具、テレビ、電話、
春麗等身大ポップが壊れた。もう
だめだ。 (埼玉県 加納みかど)
●そちの申しておる内容はわりか
しわかり申すが、等身大春麗はな
にに使うかも申せ。すぐ申せホレ。


■クロレビ

(のーちん、内沢、イザベラ、TACOX)

サムライスピリッツ(SFC)
7 7 6 6

リブルラブル
8 9 6 6
んー懐かしい。青春って感じ。移植されるとはね……。犬小屋が建つほど金を注ぎ込んだゲームだけあって、細部の違いが気になるですよ。とくに音がちょっと。似てるけど。あと操作方法。こんなのシロウトには絶対無理。というわけで往時を懐かしむゲームジジイにのみ少し勧める。(TACOX)

アンジェリーク
7 6 7 6
光栄らしからぬといったら怒られるかもしれないがまあいいや。絵がね。綺麗だけど俺はどうも。基本的に育てゲーなんだけど、熱心にプレーするとあっという間に終わってしまうので悲しい。人物との会話に楽しみを見出さないとしんどいかもしれない。むしろ会話のほうが面白いぞ。(TACOX)

魂斗羅スピリッツ(GBC)
5 5 5 4


■ギャルゲー進化論

ギャルゲー……この言葉を耳にすると、甘酸っぱさとせつなさが込み上げてくるよね。いつもは代償行為(?)として楽しんでいるギャルゲーだけど、今回はアカデミックにそのすべてを研究してみようではないか。

ギャルゲー進化の背景

“ギャルゲー”とはいったい何?
ここでは以下のように定義してみよう。
①ギャルの存在がなければ、そのゲームは成り立たなくなるゲーム。もしくは、まったく別ものになってしまうゲーム。
②存在価値の大部分を、ゲーム中のギャルの存在に頼っているゲーム。
このいずれかに該当するものを、ここではギャルゲーと呼ぶことにするぞ。
○…『ヴァリス』
×…『悪魔城ドラキュラX』。サブキャラのマリアを使わなくてもクリアーできるから、ギャルゲーとは認めない。
×…『ラングリッサー』。たしかに主人公のレディンは美少女3人に囲まれてウハウハ状態だ。でも、仮に彼女たちが男でも、このゲームの本質に変わりはない。すなわちこれはギャルゲーではないのだ!!

ギャルゲーを取り巻く世間の流れ
80年代初頭 パソコンがマニアの超高級玩具だったころ
83年 ごぞんじファミコン登場
86年 国会でギャルゲーが問題に…第1次ギャルゲー、正確にはエッチゲーブームともいえる時期
87~90年 アイドルゲーム時代!?
89~90年 『ドラゴンナイト』で再びギャルゲー人気再燃!
91年 ジャスト&キララ摘発事件
92年 ソフ倫発足
93年 美少女CD-ROM増加

脱衣麻雀の変遷
①麻雀ゲームの彩りとしてセクシーな写真が登場
②女性を脱がすことが主になり、ゲーム性が変化
③グラフィックと演出が進化し、完成度を高めた
④脱衣麻雀からセクシー麻雀へ。次世代へ発展?



ギャルアドベンチャーゲームの変遷
①マニア向けのロリータ押し倒し型が隆盛を誇る
②アニメ絵の美少女が登場する紙芝居型に移行
③長編に比べてお手軽な短編オムニバス型が登場
④巨乳美少女によるマルチストーリー型出現



ギャルアクションゲームの変遷
①シューティング、アクションタイプ全盛期には、面をクリアーするとビジュアルを見られるものが流行。セーラー服、SF、メカといった内容が主流
②格闘タイプが登場。しかし基本的な内容は変わらず



ギャルRPGの変遷
①敵を倒すと、報酬としてエッチができるようになる
②敵を倒すと、敵とエッチができるようになる
③美少女キャラクターが戦いを繰り広げる
④CG、イベント、シナリオが良質に



ギャルシミュレーションゲームの変遷
①ナンパ型シミュレーションゲームが登場。あまり売れず
②ユニット同士で戦うシミュレーションゲームがメジャーに
③美少女を好きなように育てる育成タイプが登場。経験値の概念を持つシミュレーションRPGも現れる



パソコン用エッチCD-ROMの現状
・実写と音声を多用したものがほとんど
・大別すると写真集的なものとお遊びものとがある
・完成度の高いものはまだまだ少ない



[※実際の誌面では各ジャンルごとに2ページずつ割いてけっこう詳細に歴史を検証している]

※関連記事:
美少女キャラ倶楽部、丸裸三郎と全裸マンブラザーズバンド/93年6月18日号
ギャルゲー年表'83~'93、美少女コレクション/93年9月17日号


■ビーム通信

カイザーナックル

(担当:チムコ中堀)

タイトーのゲームはおもしろい!!

女子キャラの胸への攻撃はまさにキャッチ・ザ・ハートな感じ。タイトーファンのキミは、ぜひやってみよう。

ヘボナイス新聞

平安京エイリアンを編み出した人に親戚がいたっ!!
今週は『平安京エイリアン』を編み出した開発者に親戚の人がいたことがわかったのでそれを大紹介していきたい。名づけて中潟さん。中潟さんはメルダックというメーカーに勤めている人なんだよね。メルダックはゲームボーイの『平安京エイリアン』を編み出した有名なメーカーなんだ。中潟さんの奥さんのお兄さんが『平安京エイリアン』を編み出した東京大学のTSGの会長の田畑さんなんだ。だから田畑さんの親戚の人が中潟さんなんだーゼ~!!中潟さんは奥さんと学生時代から3年間もつきあっていて好き合っていた、みたいな~。そして恋愛結婚したみたいだ。うらやましいゼ~。オイラもいよいよ28歳だから童貞喪失適齢期なんだよね。恋人も欲しいし結婚もしていきたい。おいらと大結婚したい女子を大募集みたいな~。(五十嵐)


■MOTHER2の謎

なぜ『MOTHER2』の開発は5年もかかったのか?
理由1 巨人の不振
理由2 樋口可南子
理由3 埋蔵金発掘

フォントデザインは誰が作ったのか?
「はあ?フォント?ああ、ゲヱセン上野が音楽のプログラムやってて、その関係でゲヱセンからフォントやらないって話があったから作ったっスよ。ふつうっぽいやつと漢字のあるやつだったかなあ。っつっても、ほかは一切関わってないから、ゲームの画面も見たことないけどね」(TACOX)

ゲーセンのゲームはいったい何?
「あれは『ゼビウス』と『シェリフ』と『インベーダー』だという噂があります」(エイプ 陣内)



■獣神サンダーライガーのトラブルスープレックス

Q. 僕は思春期にもうすぐ入る青春の12歳ですが、ここ1年のあいだ、まったく好きな女の子ができません。ぼくは異常なのでしょうか?どうか女の子を好きになる方法を教えてください。/神奈川県 ドクターモスキート 12歳
A. 世の中には彼女いない歴20年っていうヤツがゴロゴロしている。あせってはダメだ。男と女の出会いはタイミングが大切なんだから、気長に待て。それでもまだ好きな女ができなかったら、男に走るっていう手もある。だいたい12歳で女をつくろうっていうのがズーズーしいよ。何が思春期の~だ。そんなこと言ってるヒマがあったら自分を磨け!

クソゲーのしくみ 飯野賢治、飯島健男 クソゲーを語る/96年6月28日号・後編





[※前回の続きです]


■クソゲーのしくみデラックス

いまタブーを破る特別企画

ゲーム業界有名人 クソゲーを斬る!!

飯野賢治

――クソゲーとはどんなものだと思いますか?
飯野 広告とか売り方がそのソフトが本来持っている性質と違う場合、これはクソゲーというでしょう。広告なども含めた意味でのパッケージと、中身に違いが生じている。そりゃあ、買ったほうはクソゲーと感じますよ。

――では、どうしてそんなクソゲーが生まれるんでしょう?
飯野 理由は3種類しかなくって、ハードメーカー、ソフトメーカーの社長や部長、あとは下請け会社。ハードメーカーの悪い点は、自分のところにないジャンルのゲームを補てんしようとするところですね。ハードの特性も考えずに作るから、大失敗をやらかす。ソフトメーカーは、上の者が自分の趣味とかどこからか聞いてきた流行を取り入れろって言うわけです、よく知りもしないで。これが開発現場のものとしては頭にくるんですよ。でも、上のいうことだから渋々従っちゃう。で、トンチンカンなものができると。下請けの場合はもっと切実で、すべての仕事を全力でこなしていたら、儲けが出ないんですよ。極端な話、3本に1本くらい手を抜いて作っちゃう。あと、1度作ったルーチンをほかのソフトで使い回すのも、下請けの問題点ですね。とくにシューティングなんか、どこかで見たようなゲームが異様に多いですから。でも、プレイステーションやサターンが出た当初に比べれば、全体にクソゲーは減ったんじゃないですか?

飯島健男

――飯島さんの考える、クソゲーの条件ってありますか?
飯島 まず、売れてないクソゲーは存在しませんね。みんながプレーしたうえで、あれはおもしろかったとかつまらなかったとか言えるんです。その意味では、クソゲーにもならない、それ以下の買ってもらえないソフトってのもあるんです。そのうえで、僕がクソゲーだと思うのは、ポリシーのないゲームですね。遊んでいて作者の意図がわからないゲームは、おもしろさが見えない。

――最近だとどんなゲームですか?
飯島 逆に、最近はコレというクソゲーが少ないと思うんですよ。昔と違っていまゲームをやってる人は、本当にゲームが好きな人ばかりですから。つまり、クソゲーが生まれるのは、それを支えるクソユーザーが多いからなんですね。いまのユーザーは洗練されているから、クゾゲーを出しても以前のように売れませんよ。ただ、ここ1、2年、クソゲーの代わりにマニアックなカルトゲームが増えましたね。でも、そのゲームがターゲットとしている人を満足させられるなら、それはクソゲーではないんです。また、そういうゲームの存在が許されるようになってきた。
僕はいい時代になってきたと思ってますよ。あと、クソゲーが減った理由のひとつは、柳の下のドジョウが釣れなくなったってことですね。昔は人気ゲームの二番煎じを作っていればそこそこ売れたんだけど、いまはオリジナリティーのないゲームはユーザーに相手にされない。その意味でも、ユーザーの目が肥えてよかったんじゃないでしょうか。作り手もそうそうヒドいクソゲーを出せませんから。

渡辺浩弐

――クソゲーの存在する意味ってのはあるんですかね?
渡辺 クソゲーってのは業界にとって必要悪なんですよ。もともとクソゲーってのは“ダメなゲーム”という意味だけじゃなかった。ファミコン全盛期に、一発アイデアだけでゲームを作って、それが平気で10万本20万本売れましたよね。そのなかにはもちろんガッカリするようなゲームが多かったわけですが、そのヘンなゲームを喜ぶ人もいたわけです。なぜそういうゲームが生まれたかというと、そのころはできあがりの見えないものを手探りで作っていたからなんですね。とんでもないヘンなゲームもたくさん生まれたけど、そこからすばらしいものが出てくる可能性がある。そういう土壌がないと新しいものなんて生まれないんですよ。ファミコン濫造の時代に、『ドラクエ』などの名作が生まれたのは、数々のクソゲーの屍を乗り越えてきたからだと思いますね。
ただ、クソゲーを作るのはいいことなんだけど、それをそのまま市場に出すということはまた別の問題なんです。たぶんいいメーカーってのは、内部で実験的にクソゲーをいっぱい作るんだけど、そのなかで光るものだけを実際に発売する。でも、小さいメーカーはそれをやってる余裕がないですからね。いまそんなメーカーは、実験せずに、ヒット作の二番煎じを作っている。「最近、味のあるクソゲーが少ないね」というのは、そういうところからきてるんです。それも寂しいけど、かといって「実験作を作ってみたらクソゲーでした」ってやりかたも許される時代じゃないと思うんですよ。

――クソゲー作っても売るな、ということでしょうか?
渡辺 いま、ちょうどクソゲーは第2黄金期を迎えていると思うんです。32ビットマシンが出て、3Dをリアルタイムで動かすことができるようになったということで、いろいろ実験をしなければならない時期なんだけど、制作費や期間が増えてきているから、なかなか乗り出せない。また、仮に小さいメーカーがそういう実験作を作ってみて、クソゲーだったらそれをクラッシュしろとは言えないじゃないですか。そこで僕が提唱したいのが、ゲーム界における雑誌的メディア、具体的に言うとCD-ROMマガジンとかネットワークの利用なんです。何作かの実験的なゲームを、1枚のCD-ROMに入れて安価に売るとか、ネット上で一部を無料プレーしてもらって、ユーザーの声を集める。そのなかで光るものがあれば、1本のゲームとして改良して出していくのがいいと思うんですね。

クソゲーコラム 吉田戦車




■町内会

報告書
・空手部5人で『耳をすませば』を見に行った。/広島県 ブランコマン
・俺はいまでも茶々丸のぬいぐるみを大切に持っている。/埼玉県 マムシ


■NEW'S CLUB

CD
宇都宮隆/easy attraction
中山美穂/Deep Lip French
べック/オディレイ
ソウル・フラワー・ユニオン/GHOST HITS 93~96

CM GIRLS
藤村ちか/ビフナイト

クソゲーのしくみ 浜村通信、クソゲーに苦言/96年6月28日号・前編





[※この号は2回に分けて紹介します]


■エクスプレス

またも低価格化 新価格は19800円!!
SCEが6月22日から、プレイステーションの新型モデルを発売すると発表したぞ。
6月22日といえば、ニンテンドウ64発売前日。世界500万台普及のリードとともに、強烈な牽制球を投げた……のかもね。

とうとう発表!サターン用モデム

新作ソフトの予約がザックザク ますます広がるコンビニ流通
セブンイレブン、ファミリーマート、サークルK、サンクスの4つのコンビニが、6月17日からプレイステーション本体とスクウェアの『TOBAL No.1』の店頭予約販売を開始することになったのだ。

ヘッドマウントディスプレー タカラが9月14日に発売だ!!


■インプレ

ポケットモンスター

♪トレーナーになったら 友だち100人できるかな♪

拙者はゲームボーイというマシンが大好きだ。サターンやプレイステーションなどのニューハードが幅をきかす現在、いまだにこのマシンが好きだ。けっして高いハードが買えずに意地を張ってるわけではない。どこでも持って行けて、場所を選ばず遊べるという手軽さが単純に好きなのだ。ウンコをしながらでも遊べるのはゲームボーイならではの特権である。~
さて、ラベルの高い読者ならもうおわかりと思うが、今回拙者が採り上げるのは、そのゲームボーイ用ソフト。この『ポケットモンスター』は、ゲーム中に登場する100種類以上のモンスター、通称“ポケモン”を捕獲し、成長させて楽しむというRPGだ。このポケモン集めがニンとも楽しい。『ウィザードリィ』をプレーしたことのある御仁は、あのゲームでいうアイテム収集を想像してくだされ。~
本誌でクロスレビューを担当するようになってから、拙者はいろんなゲームをプレーさせてもらった。ただ絵が美しいとかだけで中身のないニューハードゲームはいくらでもある。ゲームボーイにさえこの『ポケモン』のような良質ゲームが存在しているというのにだ。また、ハードの性能を活かしきれてないゲームが多いところも悲しいところ。ニューハードで出す意味が感じられない内容だったり、バーチャルボーイなのに3D要素が皆無だったり……。その点『ポケモン』は、ハードの長所もきちんと活かしている。通信ケーブルを使ったポケモン交換、対戦などの要素は、多機種ではそうそう味わえない楽しさだ。まさにゲームボーイで遊ぶために生まれてきたソフトが『ポケモン』なのでござる。ニューハードのビジュアルの美しさだけに気をとられるメーカーが多いなか、ゲームボーイもまだまだいけるということを見事証明しているソフトといえるでござろう。
(忍者増田)

ポケットモンスター

赤と緑、両方とも買いました しかも発売日に速攻でした

こんにちは、ちょっとおじゃまします。じつは私、高橋ピョン太と申しまして、『ログイン』というファミ通とは兄弟誌にあたるパソコンゲーム系の情報誌の者なんです。なんか風のうわさで元同僚の忍者増田さんが、ファミ通で『ポケットモンスター』について語るっていうんで、『ポケモン』ファンの私としては、ぜひともそれに参加したいと思いまして、こーしておじゃましているしだいです。もっとも、けして忍者増田さんの友だちというわけではないので、誤解しないでください。あと、ログインの宣伝もしたいと思いまして……。パソコン買ったらログインも買おう!読もう!~
(高橋ピョン太)

[※当時、ファミ通誌上でほとんど唯一忍増だけが、ささやかに『ポケモン』をプッシュしていた]


■クソゲーのしくみデラックス

いまタブーを破る特別企画



[※特集プロローグ部分(1ページ目)と、最後の〆のひとことを鈴木みそに描かせて、みその連載(おとなのしくみ)の特別編みたいな形にしている。この時期にはすでにみそを盾にでもしないと“過激”なことが語れなくなっていたのかと思うと切ない]

クソゲーの現状認識 クソゲーっていったい何?



◆編集長のことば
ゲームを遊び始めた初期段階であたったら、一生ゲームに対して偏見を持ってしまうんじゃないか。そんな悲しくなってしまうようなソフトが、最近、あちこちで見受けられる。とくにプレイステーション。ソフトを開発、発売しやすい環境を整えようと、初期投資を低く抑えたソニーの戦略は、それ自体はとても良いことだと思う。あらゆる才能に可能性を広げることは、ゲームの進化に大いに貢献できるコンセプトだと思う。でも、それが安易なソフト開発、そして失敗作の氾濫を招いていたことは、疑いようのない事実だ。
ゲームに対して愛がない。それが、ダメなゲームを作る製作者たちに、一様に共通していることだ。流行りのキャラを使う。動画を間に挟む。人気の声優を使う。あとは、ちょいちょいとゲームっぽい演出さえしておけば、ゲームファンなんて納得して買うさ。そんなファンをナメきった姿勢。海外で見つけてきたものを、日本向けになんの改良もせずまんま出してしまう洋ゲーも同じ。ゲームを遊んだことない、ゲームに愛や夢をもたないで製作に関与する人々のゲームは、いつかファンのゲームへの情熱をも破壊してしまうんじゃないか?そんな不安が、最近、マジでボクを苦しめている。
(浜村弘一)

[※もともとファミ通誌上で『クソゲー』という言葉を使用禁止にしたのは浜通]

◆クソゲーをそのまま放置しておくと…ATARIショックの再来!?
'95年11月、千葉県幕張で開催された初心会ソフト展示会での任天堂、山内社長の公演内容を抜粋。
「おもしろくないものはダメソフトなんです。内容の伴わない駄作や愚作が増えると、ユーザーのテレビゲームに対する魅力がなくなります」
そのいい例が、アタリショックだ。このままクソゲーが増え続けると日本のゲーム業界も危ないのでは……!?

ユーザーはどう思ってんの?

女性を含めた125人のアンケート結果

◆印象に残っているクソゲーはありますか。また、その理由があれば?
・ビヨンド・ザ・ビヨンド…敵がすぐ出てくるし、しかも強すぎるんだもん。バランス悪し。
・真・サムライスピリッツ…キャラクターの強さに差がありすぎるッ。
・スペランカー…主人公が弱い、すぐ死ぬ。
・星をみるひと…主人公の足が遅い(移動)。わけわからん。画面がバグっぽい。
・バンゲリングベイ…多人数プレーの意味が感じられない。難しすぎるッすよ。
・アーク ザ ラッド…操作性がいまいち良くない。なによりゲームバランスが悪いよ。
・麻雀同級生 Special…キャラクターに頼りすぎていて斬新さがまったく感じられない。
・FFⅤ…なんか、作ってる人たちの自己陶酔で終わっちゃってる感じ。

たけしの挑戦状/バハムートラグーン/闘神伝/10ヤードファイト/花の慶次~雲のかなたに~/北斗の拳/Jリーグスーパーサッカー/キングスナイト/バードウィーク/ザ・ラストバトル/デイトナUSA/カラテカ/燃えろ!!プロ野球/スプラッターハウス/長靴をはいた猫/アキラ/ジーコサッカー/ガイア幻想記/超魔界村

メーカー側の考えは……?

ゲームメーカー200社にアンケート

◆クソゲーとはどんなゲームのことですか?
1 つまらないゲーム
2 操作性が悪いゲーム
3 ゲームバランスが悪いゲーム
4 価格と満足度のコストパフォーマンスが悪いゲーム
4 パグが多い(※ママ)
6 製作者のひとりよがりが目立つ
6 キャラクター人気に頼りすぎている
6 コンセプトが明確でない

◆クソゲーの生まれる原因とは何でしょうか?
1 時間がない
2 お金がない
3 上司が悪い

クソゲーのアレ(仮性)/羽生生 純





[※このバカ社長は半年後の増刊号にも再登場する。なぜ風貌がなんだ馬の介そっくりなのかは不明]

クソゲーコラム 桜玉吉




[※次回のエントリーに続きます]

TACOX関連記事


『大奥記』の影響か、“TACOX”“TACO.X”で検索してくる方が急に増えたので、主だったTACOX関連記事をまとめておきます。
ほか細かいクロスレビューなどに関してはサイト内検索をご活用下さい。
ちなみにペンネームは
TAKO.X

TACO.X

TACOX
と変遷しています

◆92年12月11日号/TACOXとクロスレビューと『チェルノブ』

◆92年3月20日号/TACOXの『ギミック!』評

◆92年2月14日号/なつかしのゲームたち(※記事中にTACOXの『マジカルパズル ポピルズ』評)

◆91年10月11日号/ゲーム感動体験記(※記事中にTACOXの『ヒットラーの復活』評)

◆94年10月14日号/クロスレビュアーたちが語る採点ポリシー



◆88年6月17日号/TACO.X、クロスレビューに初登場

◆95年3月3日号/TACOXクロスレビュアー卒業



◆92年12月4日号/クロスレビューで13点 ←これはあんまし関係ないんですけど最低点(?)タイということで

92年1月24日号・後編/各ゲーム雑誌編集部に失礼な質問電話をかけてみる





[※前回の記事の続きです]


■究極のアクションゲームを考える

アクションゲームこそゲームの基本……

好き・嫌い いろんな意見

ここにアクションゲームに対するさまざまな意見を集めた。全ての意見は都内某カメラ店のゲームソフト売り場にて取材したもの。

好き
・展開に変化があるところかなあ。面ごとにガラッと変わっているアクションゲームが好きなんですよ。/スネークマン(サラリーマン)
・超人的なところがいいよね。身長の何倍もジャンプしちゃったりしてさ。夢があるよね。/山本順(陸上部)
・やっぱ、はでな動きでしょ。メガドラでプリンスのでてるやつなんて最高だよね。/谷森真一(歯科医)
・殴りゲーがいいよね。逮捕されることもないし。/弱い人(編集バイト)

嫌い
・死んだら同じ面を最初からやらなきゃなんないでしょ。ああいったタイプのやつは論外だね。/杉本卓也(セールスマン)
・マイキャラがヘボいときがあるでしょ。ダセー服着たやつとか。きっと開発の人間もダセー服しか持ってないんだよ。/三宅文男(清掃夫)
・うるさいなあ。ゲームなんて嫌いなんだ。くたばりやがれ!/パーフリスト(高校生)
・処理が遅くなることがあるよね。ぼくにはゲームで遊ぶ時間があんまりないからああいうのは困りますね。/代々木慕情(予備校生)
・ちょっとした段差とか、小さな落とし穴で簡単に死ぬのにはまいるな。なんか、自分も簡単に死んじゃうような気がして、あまり外出もしなくなった。/スペランカー(大学生)

思い浮かぶまま感じるままに いろんなアイデアを出してみよう
前頁に紹介した人々の声を参考にしながら、究極のアクションゲームに取り入れたい画期的なアイデアが星の数ほど生み出された。
・嫌なヤツの顔を取り込みで入れられる
・正体不明のマイキャラ
・ハリネズミとジャンプ兄弟の格闘もの
・体毛がリアルに描き込んである/ファミ通の企画記事と切っても切り放せない関係にあるのが毛である。
・ロムがくさい汗をかく
・人気ゲームとセット販売
・ステロイドが付属
・イヤな効果音

これが究極のアクションゲームだ!
スーパーヘッジホッグ・ザ・ロードファイターⅢ ~ヒゲの伝説~
こいつはいままでにないほど、すべてがすごい格闘アクションゲームだ。主人公はハリネズミのマスクで正体を隠したヒゲおやじ。名前やストーリーはとくにないので気楽にプレーできるぞ。



キャラは究極コントローラーを見につけたプレーヤーと、まったく同じ行動をとる。したがって人間の行う行為ならどんな淫らなことでもできてしまうのだ。





■メイキング

人を楽しませるために、ゲームデザイナーやゲームメーカー、編集者は何をやっているのか?

質問電話大作戦

実験1 メーカーに失礼な質問をするのだ!

アイレム
女性 アイレムです。
――あの、すいません。ちょっと聞きたいんですけど、12月20日に『パーマンPART2 秘密結社マドー団を倒せ!』っていうソフトを出してますよね?
女性 えーっと(考えてる)、そうですね(自信なさそうに)。
――(唐突に)あれって、おもしろいんですかね?
女性 えっ(一瞬沈黙)?もちろん、おもしろいですよ(笑)。
――どういうところがおもしろいんですか?
女性 えーっと、こんどはパーマンが飛べるんですよ。前は飛べなかったんですけどね。
――(残念そうに)違いは、その点だけなんですか?
女性 そうですね、あとは……。ちょっと待ってくださいね(相談しているのが聞こえる、約1分後)こんどはメインキャラを4人のなかから選ぶこともできるんです。
――ああ、なるほど、なるほど(さも感心したように)。
女性 で、全部で6ステージあって、まあ、内容もレベルアップしているようなんですが……。
――そうなんですか、どうもありがとうございます。

BPS
女性 はい、BPSです。
――こんど出る『テトリス2』っておもしろいんですかね?
女性 (5秒沈黙)はあ、あれはですね、操作性は以前よりもよくなってますしね。
――前のは、よくなかったですもんねえ……。
女性 (むっとして)まあ、そうですね。
――それじゃ、操作性がよくなっただけなんですか?
女性 あと、対戦プレーができるようになったんですよ。
――それなら、任天堂の『テトリス』と変わりませんね?
女性 (また沈黙)ゲームボーイ版と変わらないということですか?
――(えらそうに)ゲームボーイ版は操作性がよくなって、対戦プレーもできますからね。
女性 (うんざりして)あと『テトリス』とはちょっとちがった『Bombliss』というゲームも加わったんです。それから、25ライン消してもゲームを続けられるし……。
――じゃあ、前の『テトリス』よりまったくいいんですか?
女性 ええ、まったく、そのとおりです(なげやり)。

メサイヤ
――(あぶない感じで)あああ、あの、ちょ、ちょっとお聞きしたいんですけど、ゲームボーイの『ジャンケンマン』って、おも、おもしろいんですか?
女性 (間髪入れず)ええ、おもしろいです。
――どういったところがですか?
女性 難易度がそんなに高くないので、小さいお子様からおとなの方まで遊んでいただけますし。主人公がいまアニメで放送中で、そういう点でもお楽しみいただけると思います(スラスラとしゃべる)。
――ファミコン通信のクロスレビューで、評価があんまり高くなかったですよね?
女性 (まったく気にしたようすなく)はあ、好みとかもありますので、そういった点で低い評価になったんじゃないでしょうか?(急に)あの、もし、よろしかったらカタログをお送りしますが……。
――(思わぬ逆襲)えっ、いや、あの、カタログはいいですよ。
女性 住所をお教えいただけたらすぐにお送りしますよ。
――いや、ほんとにいいんですよ。
女性 (残念そうに)そうですか。
――ええ、いいんですよ、ほんと。

実験2 ゲーム雑誌編集部に失礼な電話だ!

ファミリーコンピュータマガジン
TRRRRRRRRRRR……。ダイヤル6回。
男性 ファミマガ編集部です。
――もしもし。
男性 はい。
――ちょっと聞きたいんですけど、メサイヤの『ジャンケンマン』っていうゲームが、ゲームボーイで出てますよね。それがおもしろいかどうか聞きたいんですけど。
男性 うーん、それはちょっとむずかしい(口ごもる)質問になってしまうんですが……。
――あ、そうなんですか?
男性 はい。
――全然、答えられない?
男性 ええ、とりあえずそういった評価はですね、本誌で徐々に紹介していく情報をもとに読者のみなさんにして欲しいんですが……。
――はあ。
男性 あの、ウチのほうとしてはあくまで情報の提供であって、点数をつけるっていうのはいっさい行ってないんで、情報を正確にお伝えしていきますんで、読者の方に判断していただくと……。
――じゃあ、記事を出して、それまでというか。言い方が悪いですけどね、そういうカンジ?
男性 情報誌で中立の立場をとってまして、そういった得点づけはしておりませんので、発売前のゲームには余計な先入観というものを持たさない、持たないという方針をとっておりまして、その質問にはちょっとお答えできませんね。
――はあ、そうですか。何十回聞いてもダメですね?
男性 はい(あきれている)。
――わかりました。

ザ・スーパーファミコン
TRRRRRRR……。ダイヤル4回。
男性 ソフトバンクです。
――もしもし、あのー、ちょっとおうかがいしたいんですけど、スーパーファミコンの、東映動画から出る、『雷電伝説』ありますよね、あれ、おもしろいですか?
(12秒間沈黙)
男性 (冷静に)それは人によると思います、まあ、記事や紹介を読んでもらったら、だいたいわかると思います。
――そういうので判断するしかないんですか?
男性 ええ、そういうので判断していただくしかないですね(やはり冷静)。
――実際、どうですかね?教えてくださいよ。
男性 ですから(ちょっとムッとしている様子)、それは記事で判断して……(あくまで、冷静沈着)。
――(ちょっとビビる)あ、そうですか。実際に、あなたの口から教えてもらうことはできないんですね(ビビっていながらもけっこうしつこい)。
男性 ええ、そうですね(きっぱり)。
――どうも、すいません。
男性 いいえ、どうも(ちょっと怒り気味)
――あの、どうしてもダメですか。
男性 はい、どうしても、です。

HIPPON SUPER!
TRRRRRRR……。ダイヤル4回。
男性 ヒッポンスーパーです。
――もしもし、ちょっとおうかがいしたいんですけど、メサイヤから出てる『ジャンケンマン』というゲームボーイのソフトなんですけど、それが、おもしろいかどうか聞きたいんですけど。
男性 おもしろいかどうか?ちょっと待ってね。
――はい。
男性 (『ジャンケンマン』遊んだことあるやついるかぁ。とか、相談してる)もしもし。
――はい。
男性 『ジャンケンマン』が欲しいんですか?
――ええ、買おうかどうしようか迷ってまして……。
男性 どうせ、メサイヤのソフトを買うんなら、『ジャンケンマン』より『バトルトード』がいいですよ。
――え(ちょっと驚く)。あ、そうですか、ファミコンの?
男性 ええ、そうそう。
―― 全然、おもしろいですか?
男性 全然、おもしろいですよ。
――(思わず笑ってしまう)『ジャンケンマン』、だめですか?
男性 『ジャンケンマン』……(困っている様子)。どうして?キミは何年生?おとな?
――高校生(ほんとは26歳)なんですけどもね……。
男性 高校生なら、やっぱり『バトルトード』やるでしょう。
――あ、そうですか。わかりました。わかったのか、わかんないのか、よくわかんないんだけど。
男性 あんまり納得してもらっても困るんだけど。『バトルトード』、おすすめですよ。
――『バトルトード』ですか。
男性 うん、おすすめです。
――メサイヤ買うなら『バトルトード』?
男性 ええ(きっぱり)。
――わかりました。どうもすいませんでした。

ファミコン通信
TRRR……。ダイヤル2回。
女性 ファミコン通信です。
――あの、メサイヤっていうところからでる『ジャンケンマン』っていうゲームについて、なんですけど。
女性 はい。
――それがおもしろいか、おもしろくないかを聞きたいんですけど。
女性 ハァ(ため息)。ちょっとお待ちください(困っている)。
(15秒間待たされて……)
女性 もしもし、お電話変わりました(さっきより若い女性)。
――もしもし。
女性 はい。
――あの、メサイヤの『ジャンケンマン』についてなんですけど、おもしろいかどうか聞きたいんですよ。
女性 えー、どちらさまですか?
――読者なんですけど。
女性 あのー、そういうことには、ちょっとお答えできないんで……。あの、メーカーのかたですか?
――いえ、読者なんですけど。
女性 じゃあ、ちょっとお答えできませんので……。
――どうしてですか。
女性 あのー。……。もうクロスレビューでやりましたっけ?(誰かに聞いてる)あっ、ちょっと待ってください。(やっぱり誰かに聞いてる)Nさぁん、もうクロスレビューで『ジャンケンマン』やりましたっけ?(なんか相談してる。「やったよ」という声も聞こえる)あの、もうクロスレビューでやってますんでそちらを見て判断してください。
――え、ここでは答えられないんですか。
女性 ええ、申し訳ありませんが。
――そうですか。
女性 すいません、お願いします。

読者になりすまして、各編集部に電話するという試み、どうでした?各編集部の傾向や編集方針なんかがつかめて非常に参考になったでしょ。でも、本当に電話でこんな質問されても、なかなか答えられないので、読者のみんなは真似しないように(説得)。他誌の皆様にはご迷惑おかけしました。

[※『ジャンケンマン』は、クロレビで14点を叩き出したゲームボーイソフト]


■アーケードマニアック

第51回『LADY BUG』


■NEW'S CLUB

薬マニアの“オバカン族”が急増中!
最近、薬局で売っている薬にやたらとくわしい若者が増えているのに気がつかないか?この薬マニアは俗に“オバカン族”と呼ばれている。オバカンとはオーバー・ザ・カウンターの略で、薬局の店員にカウンター越しにえんえん話かけるところから名付けられた。オバカン族増加の背景には、『家庭医学大辞典』のような、わかりやすい家庭医学書の普及があるといわれている。
[※『オバカン族』のGoogle検索結果0件。このコーナーのミニコラムは適当というか苦し紛れなことが多い]

92年1月24日号・前編/宮本茂インタビュー ゼルダの伝説の伝説





[※この号は内容が濃いので2回に分けて紹介します]


■エクスプレス

トイザらスは現代の黒船か?
3歩進んじゃ2歩下がる、てな感じのトイザらスが、さまざまな難関を突破して、'91年12月20日に日本での1号店をオープンした。

'91マルチメディアグランプリ
ビデオゲーム部門
最優秀賞…がんばれゴエモン~雪姫救出絵巻~
企画賞…シムアース
表現技術賞…スターブレード
キャラクターデザイン賞…ジェリーボーイ

『シム』のウィル・ライト邸 火事で燃える!
「ボクは家で仕事しないからね。家に持って帰ったディスクは燃えちゃったけど、ちゃんと会社にバックアップをとっておいたから大丈夫ってワケ」(ウィル)


■クロレビ

(浜村、アルツ、渡辺美紀、TACOX)

ミズバク大冒険
6 6 6 6
業務用の移植。水がドバドバ流れるのがこのゲームのキモだったよーな記憶があるんだけど、エンジン版はあまり水が流れない。水爆弾がフツーの飛び道具になっちゃってる。それさえ納得しちゃえばそこそこ楽しめるのでは。(TACOX)

SDガンダム SD戦国伝2 天下統一編
5 4 4 4
シミュレーションゲームっぽくコマを進めてアクションゲームっぽく戦うのだけど、いずれも中途半端。戦略性は感じられないし、戦闘シーンもアクションゲームとはいえないほどアバウトな感じがする。いずれも入門編レベルと考えるのが妥当なのかな。(TACOX)


■町内会

闇の飲み屋
・行かん!年始の新年会/静岡県 黒田

報告書
・友人Tは小学2年生のころ、「オレは中学生になったら死ぬんだぜ」といっていばっていた。/宮城県 快傑ズバット
・週刊化されてクロスレビューをする人が増えたが、メーカーとしては、自分の会社のソフトが載るときには、森下さんを入れて欲しいと思っている。/福岡県 破壊天使
・『スペランカー2』の主人公は前作の50倍は強い。/東京都 骨のある人


■メイキング

人を楽しませるために、ゲームデザイナーやゲームメーカー、編集者は何をやっているのか?

ゼルダの伝説の伝説 宮本茂インタビュー

――『ゼルダ』の開発に着手されたのはいつごろなんですか?
宮本 『スーパーマリオワールド』と一緒です。任天堂で初めてスーパーファミコンの発表会を開いたとき('89年7月)にも『マリオ』と一緒に発表する予定だったんです。スーパーファミコンと同時に発売する予定もあったんですけどね。
――では、発売がずいぶん延期されてしまったことになりますね。
宮本 今年の3月には発売したいなと思ってたのが、夏休みに延びて、けっきょくスーパーファミコン1周年記念(笑)。

――『ゼルダ』の開発チームは何人くらいだったんですか?
宮本 任天堂の場合、大勢のチームで長時間かけてソフトを作るということはしないんです。最初は数人で1年くらいやって、そのあとで人数を投入して8ヶ月くらいで仕上げる。だから『ゼルダ』も大人数が投入されたのは、'90年の11月くらいなんです。
――では、基本システムを少人数でやって、人手が必要になってから大人数で、というシステムですね。
宮本 というよりは、むちゃな実験を少人数でやっておいて、(完成した形が)読めるようになってから大勢でやるんです。大人数でむちゃな実験をやると、ひまな人がたくさん出てきちゃうから。具体的には、ハードの限界に挑戦するような実験を早めにやってシステムを固めておいて、敵や演出に関することなどをあとから詰め込むんです。

――家に帰れない時期なんかもありましたか?
宮本 『ゼルダ』のときは、会社から「家に帰らないで体を壊したらどうするんですか?」といわれるくらいのことはしてましたね。でも、頭を疲れさせないために1日8時間は寝るようにしてます。
――さすがプロ!
宮本 プログラマーにも睡眠時間はきちんととってもらうようにしました。夜寝ないで仕事がはかどることは絶対にないですから。ただ、睡眠時間は大切なんですが、「そろそろ時間なのでお先に失礼します」なんて言われるのはいやなんですよ。みんなが熱中して仕事してるときに「時間だから」なんて言われると、「なんやこいつ」って思っちゃうんです(笑)。

――『ゼルダ』を作り始めるときに、「こんなゲームにしよう」といった目標はあったんですか?
宮本 『1』が不十分なシステムだったんで……。『1』で足りなかった部分をきちんとやろうという思いはありました。
――あの『1』が不十分とは、ずいぶん厳しいですね。
宮本 もっとやりたいことがあったんですが、ハードの性能上“つもり”が多かったんです。
――具体的には『1』のどんな部分に満足していないんですか?
宮本 ほんとは色を描き変えただけなのに、水がなくなったつもり、とか、実際には小さな木を燃やしてるんだけど、大きな木を燃やしたつもり、とか……。そういうのが多かったんで、スーパーファミコンの『ゼルダ』では、実在感を出したかったんです。

――Aボタンを使ったダッシュが気持ちいいですよね。
宮本 じつはNES版の『MOTHER』も、似た操作でダッシュができるんです。ダッシュのためにボタンが振り分けてあってね。

――8メガに収まりきらなかったアイデアもたくさんあるんじゃないですか?
宮本 たっくさんあります!でもゲームって「こんなことやりたい、あんなこともやりたい」という欲望だけじゃ作れないものなんです。その演出をゲームの中のトリックと結びつけたり、他の演出との汎用性を持たせたりしてプログラム上の一貫性を保たないといけないんです。でも、やりたかったことはたくさんあるなぁ。
――どんなアイデアがあったんですか?
宮本 草原でカンテラを使うと、とめどもなく火が燃え広がっていくとかね。あらかじめ主人公のまわりの草だけ刈っておいて……。
――それは楽しそうですね。ほかにもありますか?
宮本 池のところからシャベルを使って溝を掘っていくんです。そして池の防波堤を爆破すると溝に沿って水が流れていく、とかね。これは実際やりかけてたんですけど……。時間がもう半年あればできたかもしれないですね。
――ほかには?
宮本 女の子が××で××するところがあるんですが、ほんとは××を××して××だったんです。
――えーっ、それはすごすぎるっ!……アイデアって無限にあるもんなんですね。
宮本 無限だと思います。現実の世界って、アイデアであふれてるわけでしょう。それをどういうふうに編集してプログラムにつめこむか、というのがゲームデザイナーの仕事だと思うんです。ゲームを作るのに大切なのは、想像力とか創作といったことよりも、編集する力だと思ってるんですよ。
――現実の世界のどんな部分をどのように切り取ってきて、カートリッジに詰め込むか、ということなんですね。
宮本 全部ディフォルメ(誇張)と編集ですね。

――ここ数年の宮本さんは続編を中心にプロデュースされてますよね。ここらでまったく新しいゲームを発表されるご予定はないんですか?
宮本 そう言われてみると、『新・鬼ヶ島』以降は新しいものをあまり出してませんね。でも、『パイロットウィングス』のような路線を拡張したものとか……、いろいろと。
――『パイロットウィングス』の路線って……?
宮本 ぼくは、プレーしてるときだけがゲームじゃないと思うんです。外にいて、「家に帰ったら遊ぼう」と思っているときも含めてゲームなんじゃないかと。そういう意味で、「今日も5分遊ぼう」と思ってもらえるようなものが作れたらいいな、と。ただ、まだキャラが立ってこないんですけどね。
――するとしばらくの間は予定なしですか?
宮本 ま、いろいろ(笑)。コンピューターゲームというのは、「これをゲームと呼ぶのか」というものまで含めると、アイデアは無限にありますからね。今ゲームと呼んでるものは、ゲームのなかのひとつのジャンルに過ぎないんじゃないかな。パソコンのゲームもいろいろと新しいことを試みているようですしね。ネタは永遠になくなりませんよ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。