スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連絡


すいません、ほんとだったらこないだの90年5月11日・25日合併号の続き分を起こすつもりだったんですけど、週末に部屋のそうじしたら他の雑誌類といっしょにどっかやっちゃったので、その分飛ばします
じきに出てくると思うので、そのときに続きやります
スポンサーサイト

ビック東海の発売中止ソフト『KABUTO』/92年5月29日号





■エクスプレス

任天堂VS.アタリの法廷闘争 ついに決着
'89年に始まったこの裁判は、3年にわたって続けられた。そして5月1日、ついにサンフランシスコ連邦地裁の審判が下った。審理の結果、陪審団は任天堂の主張をほぼ全面的に受け入れたのだ。任天堂が市場を独占している状態にはあるものの、独占する意志はなかったとしてアタリの賠償請求を棄却。任天堂の勝ちぃ!!

中古ファミコンチェーンによって名作ソフトが復活!! 再販決定!!
中古を扱うファミコンチェーンが集まって結成した“7社会”という組織が、名作と呼ばれるソフトをメーカーに発注、販売することを決めた。この“7社会”に参加しているチェーンは、カメレオン倶楽部、エフアールシー、ブルート、TVパニック、わんぱくこぞう、モンキーランド、ドキドキ冒険島。
今回、これらの中古ファミコンチェーンが復活させる第1弾は、任天堂のシミュレーションゲーム『ファミコンウォーズ』。これには比較的データが飛びやすい傾向があった。でも今回再販されるのはニューバッテリーバックアップを組み込んだ、完全補強版なのだ。


FACE

伊集院光

伊集院さんは、ニッポン放送で大人気オンエア中の、『伊集院光のOh! デカナイト』の人気パーソナリティ。自分の番組のなかにゲームのコーナーを作るほどの大のゲームファンなんだよね。

――ゲームはいつごろからやってるんですか?
伊集院 うちのアニキの影響が大きいんですよ。アニキがゲームに関係する仕事してたんでね。だから小さいころからうちにはいろんなゲーム機があったんです。パソコンのゲームもよくやりました。『ブラックオニキス』なんかのRPGもそのころからやってましたね。

――この間、伊集院さんの番組で、『シャイニング・フォース』の開発者の高橋さんなどを呼んで盛り上がってましたよね。もうクリアーしました?
伊集院 それがね、まだクリアーしてないんですよ。というのはボクって新しもの好きで、つぎからつぎへと新しいゲームをやってしまうんですよ。だから『シャイニング・フォース』が中途半端なうちに『スーパーファミスタ』や『弟切草』を買っちゃったりして(笑)。しかも『弟切草』なんて、裏モードみたいなものまであるなんてファミ通に載ってたじゃないですか。こいつぁやられたー、なんて言って『弟切草』を出してきて、早くしおりピンクになれー、とかいいながらやったりしてるんですよ。

――ところで、伊集院さんはいろんなゲームのアイデアを持っているということなんですが……。
伊集院 ええ、もうホントいっぱいありますよ。もし自分がゲームデザイナーだったらこんなゲームを作ってみたいっていうのがね。RPGなんか売れセンだからはずせないですよね。たとえば、廃墟の原宿の街っていう設定で、マップや店なんかみんな実際の街と同じものにするんです。ラフォーレがあった位置ならそれの跡があるんです。ラフォーレって、このまま廃墟になったらいいダンジョンになると思いません(笑)? 複雑な造りでひとつの売り場に行くのもひと苦労でしょ? 東急ハンズもね(笑)。だから、100年後の池袋とか渋谷とかを舞台にしたようなゲームが出たらおもしろいと思うんだけどなあ(笑)。

――たしかに、おもしろいかもしれないですね。
伊集院 ボクの番組のなかで、そういうコーナーを集めたコーナーをやったりしてるんです。今後もそういった関係のイベントとかも考えてるし。もっとゲームというメディアを広げていくようなことをやりたいと考えてるんです。




■広告

テイチクン(天久聖一)



[※新連載。『アルゴ情報局』の片隅で展開された、テイチクの“でぃーてぃーぴー広告まんが”]


■広告

ナグッ子くらぶ特別号

[※もりけん先生の『熱血硬派!! スプリガンMk-II』というマンガが載ってる]


■町内会

俺の兄貴は地図が好き



[※なんか当時印象的だったので]


■開運占いコーナー

迷える子羊救済

2年前、ちょっとした好奇心から8歳年下の妹と従妹にエッチないたずらをしてしまいました。いま僕は、「あんなことするんじゃなかった」という後悔と、「一生罵られるのではないか」という不安で、気が狂いそうです。(山梨県 匿名希望 15歳)

誰でも異性に対する好奇心はあります。昔はお医者さんごっこで、性器を見せ合ったりしたものです。お互いの身体の違いに興味がわくのは当然です。易で観ても、そんなにひどいことをしたのではないようです。妹は5歳のときで、あまり覚えていないようです。将来に問題が出ることはありません。従妹のほうも、悪い記憶としては残っていないので大丈夫。いっしょにお風呂に入ったくらいのことと考えてよいのではないでしょうか。(福田)


■新着ゲーム通信

KABUTO(ビック東海)



[※発売中止。ゴルゴ13第二章っぽい感じでしょうか]

バブリーな毎日を誇示する橋本名人/88年12月9日号





■クロレビ

帰ってきたマリオブラザーズ
5 6 6 6
よくファミコンでここまで描けるなあってぐらい、広告のグラフィックはいいね。今後は、広告メディアとしてのファミコンも注目されるんじゃないかな。でもってカンジンのゲームだけど、ROM版よりはグラフィックが進化してる。ゲームシステムはまったく同じだけどね。(ファミ坊)

桃太郎電鉄
5 6 7 8
ボードゲームってのは、戦略をあれこれ考えるところにおもしろさがあるのだと思う。それと、さいころを振るときに「よーし!3だ! 3出ろよ!」と意気込む緊迫感。この2つがポイントなのだ。残念ながら、『桃鉄』ではその両方ともが欠けている。グラフィックはいいんだけどね。(ファミ坊)
ボードゲームは、駆け引きが楽しい遊びだと思う。でもこのゲームは、そのおもしろさの要素が少ないような気がするのだ。億単位のお買い物は気持ちいいけど、それだけじゃ飽きちゃうしね。グラフィックやだじゃれはいいんだけど、肝心のゲームがいまひとつなのだ。(TACOX)

半熟英雄
7 6 7 8
シミュレーションというととってもとっつきにくい難しいゲームと思いがちだけど、このゲームに関しては大丈夫。面倒くさいことがほとんどないからだ。目的は単純だし、システムもRPG風でとっつきやすい。これでマップやエッグモンスターの種類が多ければ、文句なしなのだ。(TACOX)

突然!マッチョマン
4 5 6 4
『冒険島』に似た感じのアクションゲームです。タイミングがものをいう、オーソドックスなタイプですよね。こういうゲームって、ゲームオーバーになると手が自然にスタートボタンにいってしまうのです。マッチョマンに変身するキャラクターが、なぜかとってもかわいいのね。(万里子)

サムライソード
6 6 6 4

たけしの戦国風雲児
6 6 7 4


■インプレ

東方見聞録
お笑いの世界をゲームにしようと企んだものって、ファミコンゲームの異端児みたいに、、チョコチョコとではあるけど発売されている。で、このお笑いの世界ってやつには、人の好みがケッコウあって、タレントの世界でいうなら、とんねるずは好きだけど欽ちゃんはキライみたいに、人にあーだこーだ言われてもどーにもならない部分で、評価が決められてしまうところがある。
たとえば『桃太郎伝説』の笑いっていうのは、ワタシにとっては子供だましに過ぎなかったんじゃないかと思う。もちろんこれは個人の感覚だから、面白い!と思った人も多いだろうけど。
『東方見聞録』は、ビギナー向けという広報資料通りな感じで、ちょっと強引なストーリー展開やイジワリィーな謎はいただけないけども、これまでの無機的なアドベンチャーゲームからは脱皮してるんじゃないかな。これまでのアドベンチャーといえば、大方が殺人事件の謎解き、犯人捜しだったから、人という人を疑って、尋問しちゃあ、跡をつけてみたりして、なんかこう心にゆとりとかがないものばっかだった。
そこで、笑いやなんかを入れてみたのが『定吉七番』や『桃太郎伝説』だったワケだろう。
『東方見聞録』は開発に際して、テンポよいコメディータッチのハイセンスな歴史ロマンのアドベンチャーゲームを目指して作ったという。ハイセンスかどうかはちょっと疑問が残るところだけど、テンポのいいコメディータッチの歴史アドベンチャーゲームに仕上がっていると思う。
もちろん、このセンスが万人に受け入れられるハズはないと思うが、ほんのちょっとエッチでとにかくグロい『東方見聞録』は、フィーリングが合った人には買いなんじゃないかなあと思われる。
(柴田英春)


■カゲキにファミコン

[※新連載]


■禁断の裏ソフト大全集

えーっ、こんなソフトってアリだったの!?

ハッカー各種タイトル
ウィナーズ・データシステム
キャラクターエディター・ジンゴロー

禁断の裏ソフトをクロスレビュー

(ファミ坊、店長、万里子、ひでごんす)

亜紀とつかさの不思議な旅
5 5 6 6
このゲームは、けっこういける。3Dブロック崩しのコンセプトは今までのゲームにもなかったものだし、ゲームデザインも比較的しっかりしている。グラフィックもまあまあいいしね。もうひとひねりすれば、もっとおもしろいゲームになったと思うけどね。(ファミ坊)

小林ひとみのホールドアップ
2 2 4 3
このゲーム、ぜんぜん意味がわからなかったの。どこを撃ってもみんなハズレ、どういうゲームなのか、理解できませんでした。マニュアルを読んでから、もういちどやってみたんですけど、それでもぜんぜんだめだったのです。こういうのってヒドイと思うわ。(万里子)


■町内会

日記でこんにちは

橋本名人(バンダイ)

10月○日
ファミコン業界の他メーカーの人たちとお食事会を開催。K社、S社などなど、みなさんと情報交換。最初はビジネスのお話をしたものの、後半は、どどどっと六本木へと、なだれこんでしまったあ。ハハハ。

10月○日
『ファミコンジャンプ』の音楽のレコード化が決定。ゲームスタジオの遠藤さんのご紹介で、サイトロンレーベルから発売されます。オリジナルをベースに、多彩なアレンジをする予定。ひょっとして、マハラジャで『ファミコンジャンプ』サウンドが流れたりして……そんなわけないか。

10月○日
週末は、ソフトを忘れる。星座、双子座。UFO、信じる。クレジットカードの宣伝ではないけど、気分をリフレッシュするために屋外へ。今人気の駒沢公園へテニスをしに行きました。ランチは、いちばんホットなスポット、『ING』で……。最近人気の駒沢通りなので、渋滞ぎみ。注意しましょう。

10月○日
やったあー!快晴だ。今日はF-3000のドライバー、池谷さんのお招きで、三浦半島シーボニアへとクルージング。船上でのワインパーティーなどもあって、いやー気分は最高!夜は横浜。鳥料理の『やまと』さんで、鳥づくし。新鮮なお料理ばかりで感動しました。店長さん、ごちそうさま。
こうしてリフレッシュ。エネルギー充電完了。また明日から、がんばろう!


ギブミー!お習字
・あれじゃ売れん(カルチャーブレーン)/千葉県 ちゅん太郎
・とっぱちギャラクシアン付きラーメン/兵庫県 梶原


万里子イラスト選考結果発表



[※関係ないけど、いまの絵描きの人ってみんなほんと上手いよね。季刊エスみたいな雑誌とかイラストサイトとか見るたびびっくりする]

報告書
・ある日、T君に『熱血高校ドッジボール部』を借りたとき、箱に入っていたアンケートはがきにぼくの名前を書いて出したら、テレホンカードが当たった。T君、ごめんなさい。/茨城県 長沼
・ある日の朝、ぼくは父に、「ねえ、会社の帰りに、ファミコン通信買ってきて」と頼んだ。父はうなずいていたが、忘れっぽい性格なので、念のためにもう一度頼んだ。すると父は、「何回もうるさい、バカモン!!」と怒った。その夜、「おい、買ってきてやったぞ」と言いながら父が渡してくれた紙袋の中には、『ファミコンロッキー』第1巻が堂々と入っていた。/愛知県 モゲ
・ぼくは熱帯魚を10匹ばかり飼っています。いま、熱帯魚にエサをやらないでどの魚が生き残るかを決めるバトルロイヤルをやっています。/岩手県 ぜったい出してちょ
・学校のI先生は、ガムのつつみ紙のことをガムのからと言う。/山梨県 グロ人形
・ぼくはまだ校長先生の顔を知らない。/千葉県 いなかもん12歳

『FF5』、SFCで登場!『4』はファミコンで/90年11月23日号増刊





[※『増刊ファミコン通信』は、隔週刊時代末期の'90年11月から翌'91年4月にかけて、全5号発行された。編集部的には、週刊体制に馴染むためのお試し期間としての意味合いがあったという。
週刊化のタイミングに関しては、「福田有宵先生に占ってもらったところ、“90年中は避けた方が吉”という結果が出たため、翌年6月まで先延ばしにした」という話を、元ファミ通編集の方から聞いたことがある]



■クロレビ

ハーイ!! みんな元気?増刊号のクロスレビューは、本誌とは違うスタッフでお送りするのだっ。今回は、スーパーファミコンのゲーム7本をレビューしちゃうぞ。

(浜村通信、スタパ、渡辺美紀、渋谷洋一)

[※このとき初めて、ファミ坊、店長、万里子、ガスコン、TACOX以外のレビュアーが登場した]

スーパーマリオワールド
9 9 8 6
さすがは任天堂。開発に時間をかけているらしく、操作性も良くゲームバランスも良く、フィールドやフィーチャーも練られている。だが、なんだかスッキリしない。驚かせてくれない。わりとスタンダードな感じだ。スーパーファミコンの『マリオ』という期待が大きすぎたのか?(渋谷)

F-ZERO
7 8 8 9
スピード感、臨場感は満点。あらゆるフィーチャーをスーパーリアルに仕上げたレースゲーム。シミュレーターとしては完璧! と言い切ってもいいとは思うんだけど……。ゲームとして何度も遊ぶとなるとどうかな。。走ること自体に爽快感を感じることができる人なら、買いね。(浜村)

グラディウスIII
7 7 6 5
アーケードから比べると弱すぎなくらい楽に進む。このくらいのゲームバランスがいいとは思うが、単に処理速度や敵キャラの出現数を抑えただけのバランス取りには、納得がいかない。とくに泡ステージの泡はもっと出してほしかった。押し潰される!? という危機感がまったくない。(渋谷)

ファイナルファイト
8 6 6 5

ボンバザル
8 6 7 4

ポピュラス
7 9 9 5

SDザ・グレイトバトル 新たなる挑戦
6 6 6 4


■特報 ファイナルファンタジーV

スーパーファミコンの発売を目前にして、またもやビッグタイトルの発売が決定したぞ。

――容量のほうは?
スクウェア 8メガです。
――さすがーっ、ってかんじですね。製作スタッフは同じですか?
スクウェア 基本的には同じです。人数的には過去のどの『FF』シリーズよりたくさんの人間が関わっています。現在は『Sa・Ga2』のスタッフも何人か加わりました。

――タイトル名を変えようと思ったことってありません? 物語がつながっていないわけだから、それって簡単なことですよね。
スクウェア 正直いうと、ハードがファミコンからスーパーファミコンに変わったので、タイトル変更の話も出ました。でも、今回描かれる世界もまた、まぎれもなく『FF』の世界ですから、結果として『ファイナルファンタジーV』となったわけなんです。

――『IV』はファミコンで発売するんですよね。
スクウェア ファミコンです。現段階ではまったく未定ですが、開発は進めています。
――じゃあ『V』が先に発売しちゃいますよね?
スクウェア 開発は『III』が終了した時点から、『IV』、『V』同時にスタートしたのですが、進行状況および市場動向を検討し、スーパーファミコン用の『V』を先に発売することに決定しました。現在『IV』のスタッフは全員『V』の開発にかかっています。

――まず『V』なんですね。こう説明されると納得しちゃいますね。じゃあこれからは、スーパーファミコンとファミコンで『FF』シリーズを発売していくの?
スクウェア ファミコンのタイトルに関しては、いまは『IV』を含めすべて未定です。
――『FF』以外のRPGは考えてないのですか?
スクウェア 現在いくつかの企画が進行中です。『Sa・Ga』だってあるじゃないですか。


[※関連記事:スクウェアより、FF4開発中止のお知らせ/91年2月22日号・後編]


■これが史上最悪のゲームマシンだ!!

[※クリックで拡大します]






■コマンドー大作戦

安永航一郎


■大江戸百景

フジサキヒトシ
[※ロビン西]


■初冬

鳴海優道





[※ファミ通マンガ大賞でデビューした人]


■嗚呼!感動 マリオブラザーズの青春

石原豪人

[※数年前話題になったやつ]


■ラ・エクスプレッソ

国税庁謹製ソフト『惑星アトン外伝』だ!
「毎年11月11日から17日までの1週間を“税を知る週間”として、さまざまな行事を催しているんですが、その一環としてゲームを作ってみたんです。『惑星アトン外伝』は、普段税のしくみに親しむ機会の少ない小学生を対象として作成しました」(国税庁 広報)

新島弥生/93年10月29日号





■ゲーム帝国HE事業部

祝! ゲーム帝国4色刷りページ進出! 「祝え祝え祝え(残響音含む)」うむ。総統も祝われておる。過労死よりも突然に始まったこのページだが、我が帝国は電光石火で出前迅速、落書き無用で成り立つ超時空集団であるゆえ、予告などはせんのだ。

[※新連載。スタパ以外の誰かが書いてる]


■徹底攻略ゾンビハンターと手話

[※ページ上段でゾンビハンターの攻略、下段でファミ通バイトのシュワルツ宮井が『エンディング』『ハイスコア』などの用語を得意の手話で解説する、という見開き2ページの企画]


■アイドルスタジオ

新島弥生





菊池万理江/98年4月10日号





■エクスプレス

東京ゲームショウ'98春盛大に開催!

ゲーム通も食通も見逃せない!『鉄拳3』がラーメンになったぞ
このラーメンを製作するのは、世田谷区にあるラーメン店、“なんでんかんでん”。

アニメ『ポケモン』4月から再開!? ついにピカチュウと再会でチュウ
「まだ4月から再開できるとは決まっていません。ですが、1日も早く放送が再開できるように努力はしています。もうお少しお待ちください」(任天堂 広報)

ゲームをもっと楽しんでほしい! 身障者を招いてゲーム体験会開催
シグマが、社会貢献活動の一環として、身体障害者や高齢者のかたがたに気軽にゲームを楽しんでもらうためのイベント、“第1回シグマアミューズメントスクエア”を開催したのだ。


■TOP30

1 ブシドーブレード弐 [NEW]
2 EVE The Lost One [NEW]
3 DEAD OR ALIVE [NEW]
4 Pia♡キャロットへようこそ!! [NEW]
5 クロックタワーゴーストヘッド [NEW]


■クロレビ

(水ピン、風永、まるこ、乱舞)

修羅の門
3 3 4 2
昔ながらの典型的なキャラゲー。原作に対してもゲームに対しても、愛が感じられない。グラフィックはガキガキ、サウンドはシオシオ。物悲しい雰囲気。レスポンスの悪さとヘナチョコな動きにより、駆け引きなど味わえない。原作のファンかどうかは、楽しめるかどうかと無関係。(水ピン)


■アイドルスタジオ

菊池万理江





98年12月4日号





■エクスプレス

デザインナンバーワン
10月28日に発売された、SNKのネオジオポケット。斬新な色使いも人気のこのマシンが、日本産業デザイン振興会が審査する、'98年度の“グッドデザイン賞”という賞を受賞したのだ。

これでゲーム業界が活性化!? ふるさとクーポンの導入決定!


■クロレビ

(本田慈庵、風永、永野、ブンブン)

激闘パワーモデラー
6 5 6 6
非常に単純な2D格闘ゲームなんだけど、バトルに勝ってお金を貯め、新しいパーツを買ってパワーアップするっていう要素がゲームボーイ向き。けっこう楽しいので遊んじゃうんだよね。なにげにキャンセル技のコンボ作りが楽しかったりするあたりが、さすがカプコンだよな。(ブンブン丸)

87年6月12日号



■クロレビ

先日、また冷凍松茸をいただいた。冷凍してから7ヵ月。香りって逃げないものなんだね。(ファミ坊)
[※ファミ坊は、この近況欄で、少なくとも5回は冷凍松茸の話をしている]

勇士の紋章 ディープダンジョン
6 7 8 6
ロールプレイングってのは、やっぱりシナリオがすべてだと思うのね。これからのロールプレイングは、やっぱりよりアドベンチャーの方向に進むべきだと思う。逆にいえば、戦闘部分をヌキにしても、謎解きだけで楽しめるようなもの。『勇士の紋章』の場合、あと2歩ってとこかなあ。(ファミ坊)

スマッシュピンポン
8 9 9 9
ついに出た卓球ゲームなのだ。卓球のあのチョコマカしたテクニックや、スピード感といったものが、実にうまく再現さいれていてすばらしい。そして、それよりもなによりも、どんな人でもすぐにプレイできてしまう操作性のよさ。こいつはタダモノではない。私も、のめりこんじゃいそうだ。(店長)

Bugってハニー
6 7 8 6
このゲームは、表面よりも裏面のほうが面白い。ひょっとして、『アルカノイド』よりも面白いかもしれない。でも、その裏面がどーゆーゲームなのか、今ここでは書けないんだよね。コマったコマった。買ってみてのお楽しみってとこですか……。それにしても、表っかわはつまんないなー。(店長)

ナゾラーランド2
7 8 7 8
創刊号に引き続き、第2号も出ちゃった『ナゾラーランド』。ゲームを雑誌に見たてて、内容盛りだくさんに構成しているところが何ともニクイです。“お子様ランチ”的つまみぐい要素が、回転の早い現代っ子を飽きさせないポイントですね。(万里子)

磁界少年メット・マグ
6 7 8 6
パズルのテーマが磁力というところがおもしろい。なんか、理科の教育ソフトのような感じもする。個人的にパズルゲームがあまり好きじゃないからかもしれないけど、もう一歩ってとこかなあ。(ファミ坊)

聖剣サイコカリバー
4 6 7 6
『ゼルダの伝説』にとってもよく似ている。3時間しかプレイできなかったので、あまり先の方のことはわかんないけど、とにかく『ゼルダ』によく似ている。あと、付録がいっぱいついていてすごい。プレイする前には、絵本を読んだりカセット聞いたりして、気分を盛り上げておくわけね。(店長)

所さんのまもるもせめるも
4 6 7 7

Dr. CHAOS 地獄の扉
4 7 7 6


■町内会

報告書
・僕の弟は、母ちゃんにナイショで、こっそりファミコンをやっている。母ちゃんが帰ってくると、いそいでファミコンをしまうんだけど、いつも間にあわないで、黒いアダプター(HVC-1002)をにぎりしめている。/大阪府 ヤング山口
・『エスパードリーム』は、死んでしまうとなぐさめてくれるので、やりがいがあります。とくに村長さんのことばには、やさしさがありますね。/愛知県 熊田


■ゲヱセン上野の以下同文

ひとりインタビュー よもやまばなし オブ 『オホーツクに消ゆ』

上 ~音楽の話に戻りますけど、全曲上野さんが作られたんですか?
上 全部じゃないです。殺人現場の曲はログイン編集部のヤブさんの作品です。あと、ヒントになっちゃうので、ここでは詳しく書けませんが、とある女性の病室でのテーマが、ぬあんと、驚くべき事に東府屋ファミ坊の作曲なんですねー。ヤブさんは、某音楽雑誌にも原稿を書いているプロフェッショナルな人です、ちなみに。
上 なんかわかりませんがすごいですねー。あと、ファミコンの音楽って、どーやって作るんですか?
上 他の人はどうやっているのか知りませんが、私の場合はPC-8801mkIISRにローランドのMIDIボックス、音源ボックス、キーボードなんかをつないでですね、カモンミュージックのRCP-88というソフトがあるんですが、それで曲を作っていくわけです。そして、そのデータを、自作のテキストコンバータで、アセンブラのテキストに変換します。当然、このとき、ベロシティや、ゲートタイムなどのいらないパラメータは削るんですね。で、エディタでちょこちょこっと修正し、アセンブルしてから、音楽ルーチンとリンク。ROMに焼いてチェック。この無限ループです、ほとんど。
上 なんか……めんどくさそーですね、それは。


■INFORMATION

GOODS

・ついつい6種類全部ほしくなる 気になる“カッとびライダー”だ!

・朝起きてひとつポトリと落ちる きょうの運勢“しかの運”!
近頃、かつての吉永小百合サンのレコード、『奈良の春日野』から急に有名になってしまった“鹿のふん”に結びつけて、みょーな占いが登場!

アルバートオデッセイ開発者インタビュー/93年6月4日号





■クロレビ

(浜村、田原、渡辺、ジョルジョ)

ファイナルファイト2
7 7 7 6

セプテントリオン
9 8 7 8
断面図好きにはたまらないゲーム。ジャンル分けすればアクションアドベンチャーということになるんだけど、スペクタクル映画を見てるようなドキドキがあるのだ。字幕を模したフォントも雰囲気出してるし。要所要所の演出も凝っていて、はやくも続編を楽しみにさせてくれる。(田原)

エクスランザー
7 7 6 7
『ヴァルケン』的なアーマノルドアクションシューティング。グラフィックよし、動きよし、仕掛けもよしなんだけど。その仕掛けが豊富すぎてもて余してしまった。敵の攻撃が激しすぎて、細かい演出を楽しむ暇がないのが残念。忠犬ハチ公のようなオプション君がいい味出してる。(田原)

[※「アーマノルド」っていうのは誤植だと思うんですけど何のことかよくわかりません。アーマード?]


■アーケードマニアック

第117回『ルパン三世』


■町内会

ゴアさんにねがいましては

[※「ご破算にねがいましては」の「ゴアさん」とは何者ですか、という伝言板のネタから派生したゴアさん情報募集コーナー]


■次世代100万本ゲームデザイナー

宮本、堀井、坂口のつぎは俺たちの時代だ!!

大島直人、山口恭史 - ソニック・ザ・ヘッジホッグシリーズ

――なぜ、セガに入ろうと思ったのですか?
大島 サンタクロースにあこがれていたのですよ。小さなころからいろんな仕掛けや物を作っては、他人をあっといわせたりするのが好きだったんです。それで大学生のころ、アミューズメントセンターで『スペースハリアー』を見て、子どもから大人まで楽しめるゲームを作りたいと思い、セガに入ったんです。そのころ、ゲーム業界にはトップがいなかったので、自分がトップになってやろう、という野望があったのも理由のひとつです。

――セガに入ったのはゲームが好きだったからですか?
大島 いや、じつはセガに入るまではゲームはやったことがなかったんですよ。
――それは意外。ゲーム好きが、ゲームデザイナーになるとは限らないのですね。山口さんは、どうしてセガに入られたのですか?
山口 大学生の頃、映画の業界に入りたかったんですよ。だけど、なかなかきびしくて入れなかった。で、大島と同じ理由で巨匠になりたいのもありました。その当時のゲームを見ると、これなら自分でもできそうと思い、セガに入ったのです。

――『ソニック』を作るきっかけとなったものがありますか。
大島 スーパーファミコンのキャラクターゲームはすべて僕たちのライバルでありターゲットでした。とくに開発が同時期に進行していた代表的なゲームは、かなり意識して作りました。ファミ通の情報もギミックを考えるのに、ずいぶん参考にさせてもらいました(笑)。

――『ソニック』のキャラクターは、どこから誕生したのですか。
大島 当時、すでにゲーム性ができていて、ゲームに合うキャラクターがいなかったのです。そのときにいまとは全然違いますが、ハリネズミというキャラクターを山口が作ってくれたのです。それに、自分の持っているキャラクターを合わせたらこれは使えるなと。そのときピンときたのです。それと、最初から動物でいこうと決めていたのですが、ネズミだったら世界的に有名なキャラクターがいる。猫だったら○○に勝てない。それじゃ、ハリネズミでは? といったら名前が出てこなかったので、決まりましたね。
大島 そういうのって本当に、ずーっと悩んで、パッと決まると、あとはすべてがピピピと決まりますよね(笑)。それが出せるか出せないかなんですけどね。あとは努力。
山口 やっぱり、初め絞り出すのは、きびしいですよね。

大島氏の好きなゲームベスト3
テトリス
ポピュラス
スペースハリアー

山口氏の好きなゲームベスト3
ヴァルケン
ラングリッサー
サンダーフォースIII


森達男 - アルバートオデッセイ

――どういうきっかけで『アルバートオデッセイ』の制作に携わるようになったんですか。
森 じつは僕は、サンソフトでは初め、取扱説明書や広告のデザイナーとして働いていたんです。そのころ同僚のひとりが、『アルバートオデッセイ』の原型になるゲームを企画してたんですけど、行き詰まっちゃてたんでいろいろと僕が相談にのっていたんです。
――森さんが相談にのったことで、そのゲームのどういうところが変更されたんですか。
森 そうですね。『アルバートオデッセイ』の根本となるようなゲームシステムはすでにできあがっていたんです。でも最初はメカが主人公のゲームだったんですけど、やっぱりRPGはファンタジーにしたほうがいいんじゃないかということになったんです。そこで僕が『アルバートオデッセイ』の世界を創造することになったんです。

――制作するにあたって、いちばん力を注いだところはどういったところですか。
森 僕が携わったことというのは、じつはゲームをやっただけでは見えてこないようなとこなんです。ファミ通からでている攻略本には載っているんですけれど、そういった裏設定なんかに力を入れましたね。あとはイベントがうんぬんというよりも、洗練されたグラフィックのすごさですね。

――ゲームが立ち上がるとき、会社名が女性の声ですごくリアルに発音されるんでビックリしたんですが。
森 最初はあの声は取ってしまいたいなと思っていたんです。というのはこれから始まるゲームのイメージとあの声の雰囲気があまりに違いすぎると感じたんです。でも結果的には入れて正解だったなと思っています。アンケートはがきでとっても評判が良かったんですよ。ビックリしたとか、これからもあの声は入れて欲しいとか。まっ、結果オーライということですかね。

――『アルバートオデッセイ』を作るにあたって、参考にしたゲームはありますか。
森 そうですね、よくグラフィックが『ゼルダ』に似ていると言われるんですが、プログラマーは『ゼルダ』よりもアーケード版の『G-LOC』を意識していたみたいですね。それとシナリオや設定で、『ドラクエ』や『FF』を参考にしましたね。

――最後に、現在制作中の『アルバートオデッセイ2』について、なにか教えてもらえませんか。
森 ゲームシステムでは、『2』ではターン制を廃止して『FF』の戦闘シーンみたいに、キャラクターを設定してある速さのパラメータの高い順に行動を決めていくようにします。そのほかに、基本的にはプレイヤーは主人公以外操作しなくてもすむようにする。町と町の間の移動をもっとスムースにしたいとか考えています。ストーリーでは、時代設定は前作の10年後くらい。そして、アルバートとは別の人物が主人公になります。ゲームの世界もゴート王国以外の地域に広がります。

森氏の好きなゲームベスト3
ドラゴンクエスト
真・女神転生
FFV


天野亮司 - スーパーフォーメーションサッカー

対戦するゲームなら俺にまかせろ

天野氏の好きなゲームベスト3
テニス
ファミスタ
スーパーフォーメーションサッカー


時田貴司 - 半熟英雄

見た目で遊べるゲームを作りたいですね

時田氏の好きなゲームベスト3
ファイヤープロレスリング2
ドラクエII
ファイヤープロレスリング


森田和郎 - 早指し二段森田将棋

2010年までに将棋名人を打倒してやります

森田氏の好きなゲームベスト3
FFIV
ゼルダの伝説
ドラクエIII


内藤寛 - ランドストーカー

作りたいゲームは首都高かっとびゲームだ

内藤氏の好きなゲームベスト3
ゼビウス
クエスト
V.R.(バーチャレーシング)


[※『アルバートオデッセイ』の開発者の方(ニコ動でクレジットを確認したところ、肩書きは“スーパー・カウンセラー”となっていました)のインタビューというのはちょっと珍しいかなと思ったので、全文起こしてみました]

97年5月2日号





■エクスプレス

FACE

市井由理

市井 いま放送されてる『パラッパラッパー』のコマーシャルで、最後に女の子の声が入ってますよね。じつは、その部分は私がやってるんですよ。それと以前にEAST END × YURIでゲームも出してるので、意外とゲームに関わるところでも活躍してるんです。

――自分でも、ゲームとかやったりします?
市井 そんなにやるほうじゃないですけど、ゲームは好きですね。とくに『パラッパラッパー』が好きでハマってるんですけど、難しくてなかなかクリアーできないんですよ。ラップやってたのにリズム感ないなー、って思いながらついやっちゃうんですけどね。

――そのほかにはどんなゲームをやってるんですか?
市井 プロレスのゲームもやりますよ。わたしすごいプロレスのファンで会場まで見に行きますし、中学生の時にオーディションまで受けたんです。落ちちゃったんですけどね。それで私の友だちもプロレス好きな人が多くて、よくプロレスゲームでゲーム大会をやるんです。わざわざ闘魂ショップでチャンピオンベルトを買ってくるんですよ。本格的でしょ。

――思わず盛り上がって夜更かしすることは?
市井 さすがにそれはないですね。ずっとゲームをやってると気持ち悪くなってしまうんですよ。だから、ゲームは1日にちょっとずつしかやらないようにしてます。でも『パラッパラッパー』は、ついやっちゃうんですよね。


■クロレビ

(田原、忍増、渡辺美紀、乱舞吉田)

やっとポケモン図鑑完成! 未だTOP30の上位に顔を出すこのソフト、“ポケモン”どころか“バケモン”ですな。『ポケモン』については発売前から騒いでた拙者だけど、数字は正直です。己の目に狂いはなかった。あと酒井は、やんないなら緑の『ポケモン』返してください。(忍者増田)

TOBAL 2
9 8 9 10(殿堂入り)
スゴイ!! グラフィックや動き、練習モードなど、すべてが前作より格段に進化してる。寂しかった背景や技の流用といった、前作で気になった点も改良されてる。キャラの数もすごく多いし、『シレン』や『ポケモン』の要素を盛り込んだモードもおもしろい。文句なしです!! (乱舞吉田)

ゲーマーさんいらっしゃい/92年2月7日号





■エクスプレス

発表!! スーパーファミコンCD-ROMアダプタシステム
ついにベールを脱いだニューハードはバッファ8メガのモンスターマシンなのだ!!


■TOP30

1 時空の覇者 SaGa・3 [完結編]
2 スーパーフォーメーションサッカー
3 スーパーファイヤープロレスリング
4 スーパーマリオワールド
5 スーパー信長の野望 武将風雲録


■クロレビ

(浜村、アルツ、渡辺美紀、TACOX)

ロマンシング サ・ガ
9 8 8 6
グラフィック、シナリオのデキは『FF』のほうが数段上。でも、ゲームという、おもちゃの1ジャンルとして評価するなら、こっちのほうが勝つと思う。『FF』が守りのゲームなら、『ロマンシング』は攻めのゲーム。面倒くさいけどいろいろやれた『FFII』が好きだった人にお奨め。(浜村)
『FF』の臭いがみっちり染みついてて、私はどうしても馴染めそうもない。複数分岐のシナリオシステム自体はそれほど目新しいものではないけど、でもまあよくめげずにやったなあと感心。惜しむらくはなんだかいい加減な戦闘シーンとビジュアル。『FF』よりもクオリティが低い。(TACOX)

バッキーオヘア
6 8 6 4
グリーンプラネットの2面が、同社の『マジカルツリー』というボクの好きだったMSXのゲームに似てる! とにかくただひたすら木を上っていくだけのゲームだったんだけど、敵の出るタイミングなどが絶妙で、とても楽しかった。もちろんこのゲームも楽しいぞ。(アルツ)

ギミック!
7 8 5 6
とても丁寧に作り込まれた、純粋なアクションゲーム。細部まで凝ってるし、敵は敵らしく動いてくれるし、ひさびさによくできたアクションゲームを見たなあという思い。ただし、けっこー難しい。アクションが好きな人じゃないと駄目だと思う。『バットマン』的なおもしろさ。(TACOX)

サイバードッジ
6 6 6 2
これって『熱血高校ドッジボール部』そのままなのでは? 移植と銘打たれているわけでもなし、ちょっと首をかしげたくなる。内容はそこそこなんだけど、オリジナリティーのかけらも見られない。(TACOX)

ソウルブレイダー
8 9 9 6


■町内会

報告書
・京都に住む友人が「この10年のあいだ、京都できれいになったものは、任天堂と競馬場だけだね」と言っていた。/愛知県 ハリケーンKID
・屋台のラーメンを食べに行ったら、サラリーマンに「子どもの来る所じゃない」と言われ、その瞬間に顔を殴られた。/岩手県 鈴木
・友人は2回も車にひかれ、「今度ひかれたらもう面倒見ないよ」と言われた。/静岡県 オパールの騎士


■アーケードマニアック

第53回 PRO TENNIS


■発表 やりこみゲーム大賞

応募総数96通

・『FFIII』 全員カエルでクリアー
・『ドラクエIV』 各種木の実や種とリセットで微調整し、全員のパラメータの1の位を0か5で揃える
・『ウィズIII』 レベル10000超え
など

[※これが『やりこみ』の1回目だと思います。全員カエルでクリアーの元ネタは『はまり道』]


■ゲーマーさんいらっしゃい

ゲーメストに聞け!!

ゲーセンで高得点をビシバシ叩き出すゲーマー、いわゆるハイスコアラーとは、いったいどんな人々なのか? 家庭でゲームをしている人々とどこが違うのか? ゲーメストの編集部の4人のかたがたにズバリ聞いてみました。

――知り合いのゲーマーとかで、こいつはスゴイって人はいます?
石井ぜんじ 『ガントレット』で、100以上ある面の順番を全部覚えてるヤツとかいましたね。
山河悠理 全部で128面かな。
YOU.A 108じゃなかったっけ。
ずるずる いや、120。
――おおおおーっ(驚嘆)。
石井 ぱっと見れば全部わかる。
山河 ボタンが2個しかない『沙羅曼蛇』筐体の『ライフフォース』で、1000万点出した人とかね。最近では、『グラディウス』と『究極タイガー』の両方で1億点出した人もいます。
YOU.A 『究極タイガー』で? すごいねえ。
山河 カンスト。4人で回したとか。ふつうは夜12時でお店が閉まるけど、お店の了解を取って、閉店後も夜通しプレーしたらしい。
石井 風営法が施行される直前に、3人で『ギャプラス』1億点っていうのもありましたね。3日間電源入れっぱなしで、途中飯交替とか便所交替とかしながら(笑)。

――アーケードゲームのうまい人が誉める家庭用ゲームはなんですか?
ずるずる やっぱり『ミネルバトン・サーガ』じゃないですか(笑)。
YOU.A 『F-ZERO』なんかも人気がありますね。あと、『超魔界村』はおもしろかったですね。アーケードのゲームを同じような感覚でプレーできるっていう。

山河 昔は、3度のメシよりゲームって言葉がそのまま使えましたね。コーラのビンを売ってゲーセンに行ったり。それから、電車賃を浮かすために、東村山から高田馬場まで自転車に乗って行ったりしましたね。でも、上には上がいるもので、朝3時ごろ家を出て福岡から熊本まで、日帰りでゲーセンに行った人もいますからね(笑)。
――熊本!? ただ脱帽ですね(笑)。
山河 散髪代としてお金をもらったんだけど、それで髪を切ったらもったいないから、ゲーセンに行ってゲーセンの店員に髪の毛を切ってもらったこともありますよ。
――無料でですか?
山河 ええ。知り合いの店員に。

なつかしのゲームたち/92年2月14日号・後編





[※ひとつ前のエントリーのつづきです]


■町内会

報告書
・この前、古本屋に『ディスクシステムの黒い罠』という本があった。/東京都 やる気地蔵
・『悪魔城ドラキュラ』をやってハートを集めてると、『ポパイ』をやってる気分になる。/神奈川県 バックテイオー
・友人は、城みちるをたけし軍団だと思っている。/兵庫県 ぱおんぷーま


■アーケードマニアック

第54回『FISHING』


■Remember 80's なつかしのゲームたち

ファミコンが発売されてから早9年。この間に家庭用のゲームマシンは急激な進化を遂げてきた。
ファミコンソフトしかなかったころには想像もできなかった、夢のような贅沢が、いまのゲームでは可能になっちゃっているのだ。でも、一度ゼータクを味わっちゃうと、ありがたがる気持ちがマヒしちゃって、ゴーカなのが当たり前と思ってしまいがちじゃない?
みんな、ファミコンで初めてゲームをプレーしたときのことを思い出してほしい。最初にプレーしたゲームや、すごくハマッたゲームは、いまでも忘れられないはずだ。これまでに発売された2000本近いソフトのなかで、すぐに思い浮かぶメジャーなゲームはほんのひと握り。なかでも、『スーパーマリオ』や『ドラクエ』などの大ヒットゲームは、いま遊んでも十分に楽しめる優れた作品。だから、みんなが覚えてても当たり前だ。
一般的に評価された大ヒット作品じゃないけど、隠れた名作ってやつがけっこうあるんだな、これが。

ファミ通が独断と偏見でおススメする!なつゲーベストセレクション20

ミネルバトンサーガ
スターラスター
エキサイティングビリヤード
デッド・ゾーン
きね子

グーニーズ
サーカスチャーリー
バレーボール
時空の旅人
ナゾラーランド
銀河の三人
ナポレオン戦記
ナムコクラシック
真田十勇士
三国志 中原の覇者
東方見聞録
キング オブ キングス
ネクタリス
甲子園
スウィートホーム

ファミ通スタッフが送る『私の思い出のゲーム』

アイドル八犬伝/水野店長
申し訳ないが、私はアニメとかいうやつにはまったく興味がない。あのおメメぱちくりなギャルのみなさんや、カワイラシー動物状のキャラクターたちにココロを奪われたことは、ただの一度もないのだ。
そんな偏屈ジジイの私が、アニメっぽいキャラクターでただひとり心を動かされた人物がいる。この『アイドル八犬伝』に登場する西園寺エリカちゃんだ。理由はよくわからないが、いまでもあのときの『恋』みたいな胸キュン状態ははっきり覚えている。
私の女性の趣味というのは、昔っから大人っぽい人と相場が決まっていた。そんな私が、アニメ風のしかも二次元キャラクターでしかない女の子に恋をしてしまうなんて……。信じたくないが本当の話なのであった。
ゲームのストーリーは、西園寺家の跡を継ぐためエリカちゃんがアイドル修業の旅に出るというお話。途中8人の仲間を見つけ、世界中をイロモノ一色にしてしまうという野望を持つイロモノ大王を倒すのが目的だ。
ところどころにキョーレツなギャグをかましながら、ゲームスタートから2時間半でエンディングを迎えてしまうわけなんだけど、なぜかクリアーしたあと、心の中に温かい何かが残る。ゲーム中、エリカちゃんの言う「世界中を私の歌でカンドーさせるの」という言葉通りに、彼女の歌い、踊る姿を見て、鼻の奥をジュンとさせてしまっている私。ふっ、俺もまんざらではないんだナ……なんて、殊勝な気分にさせてくれるエリカちゃんには、いまでもホントーに感謝してます。

ヒットラーの復活/TACOX
なんてつまんないゲームだ、こんなクソ難しいゲームのどこがおもしろいんだ、こんなもん遊べねえよ、と、最初は思った。サンプルROMならなんでもやっていた、ゲームに貪欲だったころのことだ。操作がとてつもなく難しく、常人には絶対にできないのだ。これは2度と触れることのないゲームであると、長年培ってきた『ゲーム選択眼』が心の中で告げたような気がしたのでサンプルROMを管理者に返した。「つまらん」と言って。
しばらくして「このゲームの記事を作らねば斬る」との御命令が編集部上層部近辺から下った。嫌だったが仕事だからしょうがない。やらねば斬られる。しぶしぶヤニがついたファミコンにROMを差し、火を入れ、プレー。あーつまんねえ。こんな操作でき……できるじゃん。意外といいじゃん、このブラブラ。慣れると複雑怪奇な動作もちょちょいのちょいとできちまう。ううむ、じつは貴様はおもしろいのではないか。「つまらん」などと言って失礼でござった。お詫びの印に最後まで遊ぶでござるーーーッ、と決心すると同時に、俺のゲーム選択眼も曇ったなと思ったものだ。
それまでのアクションゲームといえば、判で押したようにアタックアンドジャンプ。細部の違いさえあれ、おおむね同じ。それが悪いとは言えないが(『マリオ』を見よ)、決していいとも言えまい。だって進歩がないからだ。ゲームを遊ぶ動機のひとつには、刺激を求めるという衝動がある。その衝動を満たすのは、未体験のフィーチャーが詰まったゲームの役割だ。このゲームにはそれがあった。ちんちんが抜けるような浮遊感、敵には真似できない技を使いこなす優越感、道なき道を突き進む緊張感。それらすべてをワイヤーというフィーチャーひとつで表現し、体験させてくれる。完成度も高い。
このゲームの神髄を暴くにはそこそこの技量が必要とされる。悪く言えばマニアックなゲームだ。が、技量がある人だけが本当の楽しさを体感できるゲームがあってもいいのではないか、と思う。

インドラの光/アルツ鈴木
さまざまな別れ……

クルクルランド/サウナマン野口
あの頃のゲームはおもしろかったなあ、どれも。なんつーの、ユーザーにウケる売れセンのゲームというものがどんなもんなのか、はっきり確立されていないときだったと思うんだよね。だから、作る側も色々と試してたみたい。

なつかしのゲーセン

数々の荒波に揉まれながらもゲーセンは生き続けてきた


赤羽 ゲーム平安


池袋 ザ・ゴリラ


藤沢 ジョイパーク


大山 ゲーム平安

宮本茂インタビュー CD-ROM第1弾は『ゼルダ』と『マリオ』!?/92年2月14日号・前編





[※この号は2回にわけて紹介します]


■エクスプレス

CES速報第2弾!! 『ストⅡ』も出展
今回NOAがもっとも展示スペースを割いて力を入れていたのは、この春発売予定というスーパーNES用の新型光線銃! その名もスーパースコープなのだ。
「日本での発売も、もしかするとあるかもしれません。現在検討中です」(任天堂 広報)
おつぎはSOAの話題だ。『ソニック』のヒット以来勢いのついているセガなんだけど、やはりブース内は『ソニック』一色だったぞ。
「『ソニック』が登場して以来、ジェネシスが160万台売れましたからね(過去累計290万台)。今年は、さらに200万台は売れる模様です。6月にはメガCDのアメリカ国内発売も控えていますし、セガの話題は尽きないでしょう。それに、じつは『ソニック』に続いてまたまた大ヒットを狙っているソフトがあるんですよ」(SOA副社長)
と、言って紹介してくれたのが、『キッドカメレオン』。

アメコミ版『ゼルダ』&『マリオ』ニンテンドーパワーで連載開始
書いているのは『ゼルダ』が石ノ森章太郎で、『マリオ』がチャーリー野沢というマンガ家なのだ。

マリナーズを任天堂が買収!!

バーチャル流行りの昨今だけどバーチャルドラッグってなに?


■クロレビ

(ファミ坊、店長、万里子、ジョルジョ)

いけいけ熱血ホッケー部 すべってころんで大乱闘
6 5 7 6
いわゆるくにお君路線のスポーツゲームシリーズ。忠実にスポーツをシミュレートするというよりも、そのスポーツをくにお君なりに消化してしまおうってパターン。このゲームも、アイスホッケーとして捉えるならけっこう不満があるけど、ゲームとして考えるならかなり遊べる。(ファミ坊)


■緊急インタビュー 宮本茂

CD-ROMソフト第1弾は『ゼルダ』と『マリオ』!?

ついに正式発表されたスーパーファミコンCD-ROMアダプタ。我がファミ通アメリカ特派員は、CES会場内において、あの宮本茂氏に突撃インタビューを試みたぞ。

~[※冒頭、「基本的にCD-ROMに関しては一切ノーコメントなんですよ」と渋る宮本から無理矢理訊きだそうとするやりとりの様子]~

――宮本さんが、マシンのスペックについて何もしゃべっちゃいけないとことはよーくわかりました(笑)。じゃ、任天堂のゲームデザイナーとしてのコメントということでどうですか?
宮本 なるほどね、わかりました。値段も発表されましたよね。あの値段[※27000円]で、この性能だったら、満足のいくマシンだなと思いますよ。今後発売されるソフトについても、そこまで発表されているなら少しだけコメントもいいでしょうね。まずね、最初に言っておきたいことがあるんです、まあいつも言っていることですけどね……。スーパーファミコンの出現はゲームの世界を変えましたよね。ハードウェアがゲームを変えるというわけではないんだけど、技術の進歩っていうのは確実にゲームを変えるんですよ。たとえばね、今回のCESでは、小さなパソコンソフトのメーカーがたくさん16ビットの市場に入ってきているでしょ。やはり8ビットのときは、パソコン関係のソフトハウスの実現したいことが、マシンの性能が低いために表現できなかったわけです。だから、市場に参入してこなかった。でも、マシンが16ビットになって彼らがやりたいことができるようになった。で、多くのソフトハウスがソフトを出してきて、面白いソフトが出現する可能性が増えてくるわけですよね。

――では、具体的に言って、CD-ROMのソフトでは、いったいどんな面白いゲームが出てくるんでしょうか?
宮本 うーん……ちょっと言っておくと、その『面白い』ってのが問題ですよね。業界のCD-ROM幻想というか、CD-ROMに対する夢が大きすぎるんですよ。CD-ROMだからというだけで、どんなジャンルのゲームでも面白くなると思われちゃうと……ちょっと困りますよね。あるジャンルのゲームには向いていて、あるジャンルのゲームにはまったく向いていないと思うんです。100のジャンルがあるとすると、15~30くらいのジャンルしかCD-ROMには向いていないのではないかと思います。

――そのジャンルというのは、いったいなんですか?
宮本 じつは、それはまだ模索中というか……(笑)、お教えできないというか(笑)。でも、これだけは言えると思うんです。たとえばあるソフトがあったとするでしょ。そのソフトはカートリッジに載せるつもりだったんだけど、なんだかCD-ROMとかいう新しいものが出てきたからそっちに載せて発売しちゃえ、って考えて発売したとします。これじゃちょっと寂しいですよね。CDにする必要のないものを、わざわざCDに載せて発売したんじゃ、はたしてお客さんが納得して買うかなあ? たとえば、1000面もある『マリオ』なんていうのは、ツライですよね。そのへんのことを、作る立場の人間としては、冷静に考えていきたいと思います。

――宮本さんの場合、ある程度ジャンルを絞って、CDに載せるゲームを開発済みなんですか?要するに、CD-ROMと同時発売の新作ソフトなんですけど!
宮本 はい、だから全1000面の『マリオ』です(笑)……なんてのは、冗談ですけどね。もちろん、同時発売のソフトは開発中ですよ。

――うーん、やっぱり、ボクらとしては任天堂ってことで、やはり第1弾は『マリオ』って線を期待しているんですけど? 全国500万人のファミ通読者のためにも、ちょこっとだけ何か教えていただけませんでしょうか?
宮本 うーん(ニガ笑いをしつつ、かなり困った様子)。しかたないな、ちょっとだけ言うとね、CD-ROMということにテーマを絞って、『マリオ』が登場するゲームを出す予定ですよ。このCD-ROMならでは、ってのがなかなか難しい問題でして(笑)。CD-ROMならでは、ってのが開発できなかったら、やはり1000面入った『マリオ』を出しましょうか(笑)。

――CD-ROMソフトとして『マリオ』が出るとボクらは期待していていいんですね!! ところで、『マリオ』1本ってことはないですよね。
宮本 うーん……(かなり長い間がある「うーん」でした)。『マリオ』と『ゼルダ』ってことにしておきましょうか……。

96年3月15日号





■エクスプレス

AOUエキスポ開催 最新マシンを肌で体験!
『バーチャファイター3』初公開!


■TOP30

1 バハムート ラグーン
2 ナムコミュージアムVOL.2
3 スナッチャー [NEW]
4 ドラゴンクエストⅥ 幻の大地
5 スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー


■クロレビ

(ノダ、水ピン、永野、忍増)

やっぱゲームってスゴイ物だと思う。飽きっぽい俺が14年ものあいだやり続けて、それでもまだまったく飽きる気配さえないんだもの。ゲームとは関係のない仕事をしてるときも私生活はゲームづくしだった。これからもそうなるんだろうなあ。ゲームってスゴイ。(水ピン)

拙者の家の近くの某ファミコンショップでは、ファミ通のクロレビが店内に貼られている。悪い気はしないのでよくのぞいてみるのだが、なぜか拙者や内沢とかの欄だけ切り除かれている場合が多い。寂しいので今度から全部10点をつけることにしました。うそです。(忍者増田)

CG昔話 じいさん2度びっくり!!
5 5 5 5
なんかタイトルのとおり、昔バナシをタラタラやってるだけなんだもんなあ。いまいちギャグも理解できないのだけれど、このソフトのターゲットってどういった層なんでしょうか? 確かに絵はなんともかわいいから、なんかなごむし、ジワジワと心になじんでくるんだけどねえ。(ノダ)

スーパーマリオRPG
9 8 8 7
グラフィックは超美麗。ユーザーフレンドリーなところも○ですな。結論として、きちんと作られたアクションRPGだというのは認めるが、個人的にはあの緊張感のなさがちょっと……。キャラなどがかわいらしいのに文句はない。けど、もう少しハラハラドキドキしたいというか。(忍者増田)


■インプレ

不思議のダンジョン2 風来のシレン

ありがとう風来のシレン 感激インプレスペシャル
今週のインプレは15人の中毒者が『シレン』を語る。

青山ガゾー
いいゲームの条件に、絶妙なバランスってのがある。てきとうにやってクリアーできるゲームはおもしろくない。かといって、難しすぎてクリアーできないゲームはハラが立つ。難しいけど、努力すればなんとかなるゲームこそがいいゲームだと思う。『シレン』に関しては、バランスがとにかくすばらしい。操作感覚もいい。なのに、『シレン』をプレーしているユーザーがいまいち少ないというのはどういうことだ!? 僕はあまりに残念でカゼをひいた。あと、モノホンの剛剣マンジカブラがほしい。
●俺のベストゲーム5/あいうえお順
ネクタリス
バーチャファイター2
女神転生2
不思議のダンジョン2 風来のシレン
ワールドアドバンスド大戦略

風のように永田
“価値観を押しつけるな”、だって!? 冗談じゃない。それは君が、無限に提示される価値観の洪水に溺れて何かを見落とすんじゃないかと脅えているだけなのだ。ここにあるのは15の善意だ。それは君を変えようとするものではなく、可能性のひとつを提示しているに過ぎない。たとえばゲームは、いまこの瞬間にも変化し続けている。何かを悟ったようにすべてが見渡せるなんてことはきっとなくて、僕らは瞬間瞬間を確実につかみながら前進していくしかない。だからいつもニュートラルな心で。
●俺のベストゲーム5/あいうえお順
ゼルダの伝説 神々のトライフォース
ドラゴンクエストⅢ
バーチャファイター2
不思議のダンジョン2 風来のシレン
MOTHER2 ギーグの逆襲

ジョルジョ中治
ゲームはかなりやった。たぶん、そんじょそこらの少年には負けない自信がある。クリアーした数もプレーした時間も。丸々2日間かかって、エンディングを迎えたときには灰になっていた『バイキング』。コンマ数秒を削るために、正月返上で徹夜した(それも遊びで)『F-ZERO』。教祖にまでなって布教活動を行った『FE』。良質ゲームのエッセンスがすべて詰まっている『ゼルダ』。そして『風来のシレン』……。映画も好き。競馬も好き。女も好き。けど、なによりおいらはゲームが好きなんだ。
●俺のベストゲーム5/あいうえお順
F-ZERO
ゼルダの伝説 神々のトライフォース
バイキングの大迷惑
ファイアーエムブレム 紋章の謎
不思議のダンジョン2 風来のシレン

[※ほか、鈴木みそ、あべかよこ、編集者9人が『シレン』について寄稿]


■町内会

アナグラム・サム
・ある老婆と腕が隣接(リアルバウト餓狼伝説)/神奈川県 ドラクえもん
・悪魔に手裏剣配るバカ戦士が行く世界(ばくばくアニマル世界飼育係選手権)/兵庫県 スラリン

報告書
・ケロッグコンボの少年はあのトラがいないと何もできない。/北海道 佐伯
・山口美江は太りすぎ。/東京都 葛西彰広


■伝言板

[※この号より担当が風永に変更]


■ビデヲゲーム道場

名人新聞
データイーストが新作2本発売――シューティングとパズル
(株)データイースト(本社東京、福田哲夫社長)は、縦スクロールタイプのシューティングゲーム『スカルファング~骸牙~』を発売した。制限時間制の面クリアーシステムや自機の方向転換による多彩な攻撃システムなど、独自のゲームシステムが注目されている作品だ。このゲームについて1月9日製造のおにぎりを冷蔵庫に入れっぱなしにしているゲーム名人の毛利公信名人は、「コマンド入力をシューティングゲームに入れる必然性はあるのかぜひ知りたい」と、ゲームシステムについての疑問を語った。
また同社は対戦プレー可能のパズルゲーム『マジカルドロップ2』を発表した。新モードやスペシャル玉の追加など、さまざまな要素が加えられている。このゲームについてパズル好きなゲーム名人の毛利名人は、「前作に比べるとアニメ絵になっている。私はアニメ絵はきらいだ。でもコテコテのアニメ絵じゃないから許す」と、アニメ絵に関してじっくり考察を加えてからゲームを楽しんだ。(徭)

97年2月14日号





■エクスプレス

セガとバンダイが合併 セガバンダイを10月設立!

「両社は双方の持つ経営資源を合体させることによって、企業グループとしての総合力を高め、グローバルなマルチメディア総合エンターテイメントカンパニーを目指します」(両社発表の資料より)

FACE

松本零士

――プライベートでもゲームをされるんですか?
松本 若い人がやっているのを見て、たまにやらせてもらうだけなんですけどね。実際やってみると、簡単そうに見えて、なかなか目的地まで行けないものが多いんですよ(笑)。それで怒ってやめちゃう。そういう風にならけっこうな本数をプレーしていると思いますね。

松本 (ゲームの制作にも)機会があればぜひ挑戦したいものですね。作るなら、シナリオからキャラクターまで全部手がけて、世界中の人ができるようなものを作りたいですよ。プレーすると勝っても負けても面白い……そんなゲームを作れたら素敵なんですけどね。

――世界レベルですか?
松本 最近は、インターネットなんかが流行っていますから、もし自分がゲームを作るなら、それらを通じて世界中の子どもたちに体験してほしいですね。そして、それらに触れた子どもたちの中から次世代のプロが出てくる……。そんな風にキッカケを作って、子どもたちの可能性を広げてあげたいんですよ。私たち年寄りの役目は、次世代への土台作りといったものでしょうからね……(笑)。


■クロレビ

(ノダ、水ピン、永野、内沢)

エリア51
6 8 8 6

蒼穹紅蓮隊
7 6 6 5
キチンと作られていて破綻がない。グラフィックがキレイだし、敵味方の攻撃もハデ。だが、プレー感覚は以外にも地味。溜め撃ちが重要なため弾を撃てない時間が長い、カタイ敵をなるべく出現と同時に倒す、多くの弾を避ける、といった要素が一因か。高難易度。硬派なシューターに。(水ピン)


■町内会

報告書
・「新宿高島屋で迷っているようじゃ今度の『女神転生』はクリアーできないな」と言われた。/大分県 出張マシーン
・俺が生まれて初めて人から注目されたのは、学校にケンちゃんラーメンのおまけを持っていったときだった。/三重県 ばんちち
・初台で「週刊ペースをなめるな!」と叫ぶ男に絡まれたと国語の教師が告白した。/東京都 バギーよしお


■はるばると行ってきましたエロマンガ島

バカタール&チャンコの物件探しの旅
だれも行ったことがないから行くことに価値がある

堀井雄二書き下ろし『ドラクエ2』秘話/87年7月10日号・後編





■『ドラゴンクエストⅡ』ができるまで(後編)


堀井雄二がゲーム作り秘話を大公開っ!!



じつをいうと、最初、サマルトリア城は現在の湖の位置にあったのだった。
しかし、そこは、宿屋のあるリリザの町からあまりに遠い。ここは仲間とふたりになってから来るようにしよう。サマルトリア城をリリザの町にぐっと近づける(『ドラゴンクエストⅡ』のLPレコードが発売されていますが、なんとジャケットの裏に、湖に囲まれている城の写真が出ています。これが実は初期のサマルトリア城。ジャケットの撮影が比較的早めに行われたためジャケット写真は初期のバージョンのものになってしまったのでした。興味のあるキミはレコード屋さんで見てみてください)。
そんなわけでサマルトリア城をリリザの町に近づけたのはいいけど、それだけだと、せっかくの湖が何も意味をなさなくなってしまう。というか、こっち方面に来る必要がなくなってしまう。
せっかく地形までつくったのに、それはもったいない!
というわけで、元サマルトリア城の位置には洞窟を置いたのだった。



メモリ等の制約で、泣く泣くボツになった事柄について書こうと思う。
まず残念だったのは、見せ場には紙芝居的に大きな絵を入れるという企画。
当初の予定では入るはずで、すでに絵のデータがあがっていたのに、最終的にはやっぱりメモリに余裕がなくなり、ボツになってしまったのだった。
たぶん、気づいている人は少ないとは思うが、『ドラクエⅡ』の説明書の物語のところに、それらの絵のうちの1枚だけが、ひっそりと写真になって載っている。
もちろんファミコンの画面写真であり、本当はカラーだ。
そして、シナリオ的にも、そういった1枚絵を利用するはずだった。
たとえば船の財宝、当初の設定では、大灯台の上からロンダルキアを一望すると、ロンダルキアの台地の絵が出て、さらにそのむこうの海の1ヵ所がキラキラと光っている。つまり船の財宝はそこにあり、財宝に関してそういった情報を人々に話させるシナリオにしていたが、大きな絵がカットされた時点で、シナリオも変更してしまったのだった。



エンディングも、もっといろいろやるはずであった。
王位につき王座にすわると、いろんな人々が1人また1人と王座のもとにヒザまずいては祝辞をいって帰って行く。
そして最後は、あでやかな舞踏会が開かれるとか……。

またボツになったが、こんなアイデアもあった。
それは、サマルトリアの王子が犠牲となって、最後の敵を倒すというものである。
目的は果たしたが、もはやサマルトリアの王子は戻らない。
彼の冥福を祈りながら、キミはムーンブルク王女と2人で帰路に……。
お城では人々が待ちかまえ、キミたちの偉業を心から称えてくれる。そして、一大セレモニーが開催される。
と、その時!
「お兄ちゃんの仇っ!」
駆け寄ってくる1人の少女。
気づくと、少女の持った短刀が、キミの胸に深々と刺さっていた。
少女は、いうまでもなく、サマルトリアの王子の妹であった。
ボーゼンとする人々。
キミの身体は、やがて、ゆっくりと倒れてゆく。……幕。
と、この結末はあまりに悲しすぎるので結局やめてしまったのだった。
でもなんとなく、こういった雰囲気も捨てがたいので、いずれ機会があれば、ひたすら美しく悲しい涙、涙のRPGをつくってみたいと思う(実現するのはいつのことになるか、わかんないけど……)。
ゲームをしながら思わずボロボロと泣いてしまう。そんなゲームがあったっていいだろう。
と、話がそれた。

――などなど、メモリの制約から、なくなってしまったアイテムも少なくないのだ。ところどころにカラッポの宝箱があったりするのは、その名残である。
想像力豊かなキミはカラッポの宝箱を前に「ここはなにが入っていたんだろう」などあれこれ考えてみるのもいいかもしれない。

ともあれ『ドラゴンクエストⅡ』は発売され、すでにボクたち制作者チームの手から離れていってしまった。
ボクたちは世界を用意しただけである。
その世界でどんな物語を体験するかは、キミたちの手にかかっている。
願わくばその物語が楽しい想い出になりますように。
パルプンテっっ!!


■インフォメーション

NEWS

『所さんのまもるもせめるも』発売!記念イベントがあるぞ
EPIC・ソニーから堂々新登場するソフト、『所さんのまもるもせめるも』の発売を記念して、もりだくさんの楽しいイベントが開催される。
当日は、所さん本人はもちろん、あのカケフくんほか“まもるもせめるも”名人(?)たちがドーンと出演。所さんの歌やおしゃべりが聞けるし、サイン会もあるぞっ。100インチの大きなモニター画面で、キミもこのゲームに挑戦できるからね。

LET'S PLAY

“おそうじ探偵君”でおそうじする

2本の糸で攻撃する“糸スプレー”


■大トロ倶楽部

第6面(スマッシュピンポン)



[※名ゼリフ]

所さん、『まもるもせめるも』を語る/87年7月10日号・前編




[※この号は2回にわけて紹介します]


■クロレビ

この夏は、『ハチ公物語』だとか『ラッコ物語』だとか、そーゆーふーな動物映画が公開されるらしい。もっとマシな企画はないのかねえ。(店長)

ボンバーキング
6 7 7 6

ゴルフUSコース
7 8 9 8

チェスターフィールド
4 6 7 5
ちょっぴりRPG風味のアクションゲーム。先週紹介した『ゾンビハンター』のノリだね。ただ、アクション性が要求されるわりには、操作性が悪い。スクロールもぎこちないしね。あと、カタカナのメッセージってのが、読みづらいんだ。日本人なんだから、せめてひらがなを使うべきだと思う。(ファミ坊)

モンティのドキドキ大脱走
4 5 6 6
『スーパーマリオ』のスタイルから抜けきれてないんだよね。うーん。あと、操作性がちょっぴり悪い。スティックを倒してからキャラが反応するまで、微妙なタイムラグがある。イライラするんだよね。(ファミ坊)

ファミリートレーナー 迷路大作戦
6 7 7 5
いままでのスポーツものとは違い、こんどの『ファミトレ』用ソフトはゲームだ。迷路自体はそれほどムズカシクはないが、実際に制限時間内に抜けるのはタイヘン。コントローラーのほうで弾を撃って、出てくる敵をやっつけられたら、もっとオモシロクなるんじゃないかな!?(ガスコン)

ヘクター'87
7 8 7 7

ハイウェイスター
6 9 9 8
見たとたん、はっとする。コースにアップダウンがあり、スピード感もなかなかのものなのだ。ただ、実際にプレーしてみると、うーんという感じ。まず、コースが単調すぎるのだ。横の景色がゼロだからね。あと1コース4分も長くて疲れると思う。まあ、息ぬき用としてはいいけれど。(ファミ坊)


■所さんのまもるもせめるも徹底解剖

本人に聞く!! タメになる



――えーっと、こんにちは。今日は、『まもるもせめるも』の遊びどころなどを、直接本人にお聞きしようってんでおうかがいしたんですが。
所 おもしろいよアレ(笑)。なさけなくて笑っちゃう。まず千代田から所沢まで帰らなくちゃいけないから、とりあえず新宿区に行くじゃない。そのあいだにさ、ドアが3個くらいならんでるのね。このドアが、どれがどこにいくのかきまってないんだ。きまってればさ、覚えたりして、ひとつ目的をもっていけるでしょ。でもきまってないから、新宿とか江東区とか、千代田区のまわりばっかりウロチョロウロチョロしちゃってて、もういやんなっちゃう。

――そのへんの、熱心にやってもしょうがないみたいな、いいかげんなところが所さんらしくていいですね。
所 そう。だいたいファミコンてさ、いそがしいでしょ。時間に追われていっしょうけんめいやんないと解けない、みたいなね。そういういそがしさっていうのは、ウチのにはナイ(笑)。

――このゲーム、ストーリーはもちろんですけど、特にキャラクターのデザインと、音楽の方も、ご自分で作られたんですよね。
所 そう、キャラクターはみんなかわいくって、いい。2頭身でね、歩き方なんかワタシにそっくりだもの。あのキャラクターね、これからいろんな商品になって売り出されるんだけど、それはみんなファミコンの絵がそのまんまなの。ま、商品になっちゃうくらいだから、かなりきれいなものになってるんじゃないかと思うね。

――音楽の方は、どのくらいかけてお作りになったんですか?
所 5分くらいじゃないの(笑)。いつもそう。かみさんが朝ごはんを作ってる時に、ちょこちょこっとね。

――才能ですねえ。それにしてもお忙しい中、よくそれだけ積極的になさいますね。
所 最近いろんなタレントさんもゲーム出してるけどさ、あの人たちはだいたい名前だけでアレでしょ。だけどゲームができてみて「つまんないよ」っていう声が返ってくるのはタレントのところなんだよね。ボクの場合はそういうの言われるとイヤだったからさ、本とか、歌とかなんでも自分で作ることにしてんの。自分の歌うたって「よくねえ」っていわれても、それは自分の責任なんだから納得できるじゃない。



さて、このたび所さんが、ファミ通の読者のために、直筆でメッセージとサインをくれたよ。これは、ス・ゴ・イですねー。
欲しいキミはゲームを買って……というのはウソで、はがきに住所、氏名、年齢を書いて応募してね。


■ゲヱセン上野の以下同文

あまりにセンスがぶっとんでいて小学生がついていけない恐ろしい本(ファンロードより)の一部


■禁断の秘技スペシャル

『オホーツクに消ゆ』30000ガバスの懸賞クイズだっ!
裏コマンドを探せっ!!
めぐみのバスタオルを取るのだ!!


[※次のエントリーに続きます]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。