スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

95年12月8日/山下達郎登場、クロスレビューインフレ





■エクスプレス

FACE

山下達郎

山下さんは、じつは大のテレビゲーム好きでファミ通の愛読者だったのだ。

――テレビゲームを好きになったきっかけはなんですか?
山下 コンサートツアーのいちばん忙しかった時期に、友だちがファミコンの『ロードランナー』で遊んでいたところをみたのがきっかけです。世の中に、こういうものが登場したのかってちょっと感心しました。それから、ツアー中の暇つぶしにゲームをやるようになったんです。
――いちばん好きなゲームはなんですか?
山下 『ドラクエ』シリーズが好きですね。『ドラクエ』と出会ってからはRPGにはまりました。『Ⅲ』がいちばんいいかな。『ドラクエ』ってほかのゲームと比べると、すべての面でかなり抜きんでているソフトだと思うんですよ。だから『ドラクエ』を超えるゲームソフトというのは、自分のなかではもう出てこないと思っています。
――プロとしてゲームの音楽に、興味を持ったりしませんか?
山下 ボクはあんまり気にならないですね。非常に幸運なことに、ゲームの音楽はいっさい耳に残らないんです。さすがに、すぎやまさんの『ドラクエ』のテーマは覚えてますけど。そのほかのゲームの音楽についてはイントロを聴いてもぜんぜんわからないですね。あんまりうるさいときには、音を消して遊んでますから(笑)。
――ところで、最近ではどんなハードを買いましたか?
山下 とりあえず、プレイステーションは持ってます。バーチャルボーイも買おうと思ってるんだけど、まだ買っていません。この2、3ヶ月は本当に忙しくて、ものすごいスケジュールのなかで仕事をしていたんですよ。もし、この状況で買っていたらゲームに没頭しちゃって仕事ができない状態になっていたかもしれませんね。
――レコーディング中にゲームをするのはまずいですね。
山下 絶対ダメ。レコーディング中はゲームとパソコンのハードディスクは全部外して、机の中にしまっています。


■クロレビ

(浜、ジャッキー、渡辺美紀、内沢)

ドカポン外伝 ~炎のオーディション~
6 5 7 6

ロックマンX3
7 6 7 6

不思議のダンジョン2 風来のシレン
9 9 10 10
満点だからって不満がないわけじゃない。極悪すぎる敵や先の話が知りたくてプレーするため、やらされてる感が強いのは不満。でも、今作には仲間がいる。物語の展開がある。新しい魅力的な道具や場所がある。だからあの麻薬的なおもしろさがさらに強力に。だから10点。文句ある?(美紀)

バーチャファイター2
9 10 10 10

ワリオランド アワゾンの秘宝
5 8 7 7
ベースは、ゲームボーイの『ワリオランド』。それの、3Dバージョン。3Dにする必要がゲーム性にあるかどうかは別にして、演出的には、従来のモノより一生懸命作っている印象は受ける。スーパーファミコンの『マリオ』、『ゼルダ』的役割を負うには役不足。期待が大きすぎたのかな。(浜)

Dの食卓 ―コンプリートグラフィックス―
8 10 8 7

スペースインベーダー ~バーチャルコレクション~
4 4 4 3

リッジレーサーレボリューション
9 10 10 10
前作でできたことは、すべてできる。ゴキブリカーもでるしミラーモードもある。新コースはみとれちゃうほどキレイな景色。BGMは相変わらずかっこいい。それに加えてさまざまなマイナーチャンジもあり。ウリであると思われる通信対戦が少々インパクト不足なのが残念だよなあ。(美紀)

今週は各ハードを代表するような大物ゲームが続々発売され、クロスレビューは近年まれに見る大満点大会になったのでした。けっこう壮観でしょ?みんなもそれに合わせてゲーム買ったりハード買ったりゲーム買ったりたいへんだね。


■町内会

報告書
・わが家には参勤交代の制度がある。/石川県 YAGI
・ノッポさんにテクスチャーマッピングをほどこしたのがジャイアント馬場だと思っていた。/滋賀県 鶏

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。