スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正式タイトル発表!『MOTHER3 キマイラの森』 | '97年3月7日号・後編




[※前回の続きです]



■エクスプレス

次世代機は共通規格?
セガの中山隼雄社長が新聞などの取材に対して、ちょっと気になる発言をしているぞ。それはゲーム業界の今後のことを訊かれて、「ソニーや任天堂と協力して、仕様の共通化を検討してもいい」と答えているものだ。
「将来の可能性を考えた場合のことです。現在では、家庭でゲームを遊ぶ場合に家庭用ゲーム機が必要とされていますが、将来的に、家庭用のマルチメディア端末のようなものに統一されるかもしれません。そんな時代が来るときは、規格の共通化を検討する、という意味です」(セガ 広報)



■正式タイトル発表!! MOTHER3 キマイラの森

例によって糸井重里に聞く! 糸井重里VS風のように永田 ROUND 3

何、正式タイトルが決まった!? すわ! というわけでまた聞いてきました。お相手はいつものように糸井重里氏と、HAL研の岩田聡氏。いってきまーす!!



風永 『FF』やりました?
糸井 まだやってないんだよ。
岩田 満漢全席だな、っていう印象がありますね。
風永 まんかんぜんせき?
糸井 教養がないなあ。まったく。不愉快だ! 帰る!
岩田 なんか、このインタビューっていつもこうですよね。
風永 「作ってんじゃないの?」ってよく言われるんですよ。
糸井 これからもこれでいこう。
風永 っていうか、そうなっちゃうんだけど(笑)。え~と、それでは。『バス釣り』も発売されたし、いよいよ『MOTHER』ですね。
糸井 それが『バス釣り』にハマっちゃってね。スーパーファミコンしまえないんだよなあ。
本郷 しまってもろうたら困ります(笑)。
岩田 糸井さんがね、「釣りやろうと思うんだ」って言い出したのが、2年まえで。それで、「そういえば決定版ないよね、釣りゲーに」っていう感じで、一昨年のはじめから作り始めたんですよ。
風永 ……2年もかけたか。
糸井 じつは(笑)。
岩田 こんなはずじゃなかったと言いつつ、2年もやってました。
糸井 半年でできるだろ、って。
岩田 糸井さんが現在進行形で釣りに詳しくなっていくから、やりたいことがどんどん変わるわけですよ。で、まだゲームが出来ていないうちは、ねえ……。
風永 本領発揮せず。
岩田 で、去年の夏くらいに遊べるヤツがやっと出来たんですよ。そこからドバーっと出てきて……。
風永 本領発揮。
岩田 そこからもう一度作り直したんです。2回作るのをモットーとしてますから(笑)。
風永 また2回作ったか。
糸井 山内社長に直々にプレゼンしてかけあったからね。
風永 本当に?
本郷 え? たまたま新幹線でいっしょになって、釣りの話で盛り上がったんじゃないんですか?
糸井 ち、違うよ(笑)!!
風永 ちょっと思ったんですけど、ゲームに自分の顔が出てくるって恥ずかしくないっすか?
糸井 しょうがないよ、商人としては。ここ(事務所)の6階で写真撮ったんだよ。多少釣りに関係した服わざわざ着たんだけど、ゲームじゃ顔だけで、なんの意味もなかった……。
一同 (笑)



風永 『MOTHER3』の話いくぞお。
岩田 副題は『キマイラの森』に決定しました。
糸井 キマイラ タクヤ。
風永 (無視)。タイトルは以前からあったと聞いていますが?
糸井 もう、『2』作ってたときからこのタイトルはありますから。黙ってるのは辛かった……。
風永 ウソつけ。
岩田 『2』の制作が5年目に入ったころ(笑)、糸井さんがみんなを元気づけようとして、「『3』はすごいぞー」って言い回ってて「タイトルは『キマイラの森』!」とかって言ってるんだけど、みんな殺気だってて相手にしてもらえなかった。
糸井 大失敗。「いいですね」とも言ってくれないんだぜ。
風永 ようやく日の目を見たと。
糸井 構想7年、無罪みたいな。
風永 ていうか有罪。キマイラっていうのは固有名詞?
岩田 じゃなくて“キメラ”とか呼ばれてる、ファンタジーに出てくる伝説上のものです。
糸井 あ、なんで“キメラ”じゃなくて“キマイラ”なのかってこと、聞いてくれる?
風永 なんでなんですか?
糸井 響きがいいからに決まってるだろ。キマイラーッ!!
風永 (無視)。
岩田 『MOTHER3』の世界でどんなふうに解釈されるのかは、ひとつお楽しみってことで。
糸井 悪いのはキマイラ(君ら)のほうじゃないか。
風永 (無視)。え~と、写真を見ると、パーティーは3人という感じですが、よろしいでしょうか?
糸井 いままでのRPGの概念で、すぐ何人パーティーとかっていう銀行員的発想はよくないなあ。ひとりだってパーティーなんだよ。人格が分裂していれば。
風永 ……人格が分裂してるの?
糸井 むろん、してません。
風永 ……えーと、カメラの視点とかは固定されてるんですか?
岩田 もちろんカメラを自由に動かせるのがリアルタイム3Dの良さですから、それはやっていきたいと思ってます。視点は一点固定じゃなくて、追いかける感じになると思います。状況によっては、変わってくると思いますが……。
風永 糸井さん、寝ないで!
糸井 ……ためになる話で眠くなっちゃったよ。
風永 子供じゃないんだから……。作業のほうはどんな感じですか?
岩田 土台ができあがって、どんどん進んでる感じですよ。
本郷 どだい無理な話だ。
風永 本郷さん、悪ノリしない!
岩田 ……え~、わりと全体は見えてきたという感じですね。
風永 じゃあ、年末には……。
糸井 (当たり前のように、あくまでサラリと)年末には無理でしょ。
風永 …………え~、いま、なんとおっしゃいましたか?
糸井 いや、出ないってことはないんだけれどもさ……。
風永 いちおう64DDと同時発売のキラーソフトなんでしょ?
糸井 じゃ、DDが出なきゃいいんだよね?
本郷 困りますなあ! 世間の人は年末発売を期待してはりますよ。
風永 かなりね。
糸井 するな!
風永 むちゃ言うな!!
糸井 期待しないで買うだけ、っていう人がいちばんいいなあ。
岩田 できてないってことはないと思うんだけど、発売するかどうかはべつ。どういう意味かっていうと、できててもつまらなかったらもっと良くしようとして発売しないってことです。クオリティーのほうを優先させようとする人間に対して、期日を100パーセント約束させるっていうのは、いわば、神を冒涜する行為ですよ!
一同 (爆笑)
糸井 言うねえ!
風永 キャラが違う。
岩田 たまにはこういうことも言ってみたかったんですよ。



風永 え~、泥沼化しそうなので話を変えます。敵の存在っていうのは『3』ではなんになるんですか。たとえば『2』のギーグみたいな。
糸井 そういうことを、キミたちは本当に知りたいのかね?
風永 個人的には知りたくないけど、やっぱ読者に情報を……。
糸井 じゃ、ウソでもいいんだよね、記事になれば。じゃあ、あれだ。敵はパラサイトです! ミトコンドリアなのです!
岩田 糸井氏断言!
風永 めちゃくちゃだ……。えーと、この兵士がいっぱいいるような写真がありますが、これが敵?
岩田 その赤い人、ジョン・トラボルタのポーズをとってるんですよ。昨日デザイナーが、インターネットからそのポーズをダウンロードして、苦労してそうしたらしい。
糸井 ファミ通のために! インターネットから。ほかのとこはまた違ったポーズです。ほかは横綱ポーズですから!
風永 ウソつけ。
糸井 ここからはまじめモードで話すとね、白と黒のっていうか、無限にいい人と無限に悪い人っていう話にはならないと思います。まあ、なんていうかその、フランス小話みたいな、小さい話を作りたいな……クックックッ。
風永 そこで笑わなきゃいいのに。
糸井 だって、フランス小話って、いったいなんだよ?
風永 「え~、メアリーがパリに行きましてな……」とか。
糸井 それそれ(笑)。「ちょいと、カフェオレ入れとくれ」、とか。
岩田 ……永田さん。
風永 すいません。え~と、敵の話でしたね。明確に悪い人、という存在ではないとすると……?
糸井 今回は俗物をやりたいんですよ。欲望っていうのをひとつのテーマにしたいんです。
風永 ほう! 欲望!
糸井 欲望がなかったら何も動かないし、それが人を狂わせるし。その限界に気づきたいじゃないですか。欲望を本当にあらわにするっていうのはゲームには意外とないと思うし。たとえば、好きな食べ物ひとつ入れただけで、その人にとってすごく深いゲームになったりするじゃない? 欲望があると世界にスケール感が出るんだよ。
岩田 糸井さんは、表現のなかに毒を盛り込んでいく人なんですよ。だから欲望っていうとちょっと毒があって、『MOTHER』と反するようだけど、引き立つ面も出てくる。
糸井 学校の先生が作ってるわけじゃないですから。
風永 なるほど。
糸井 じゃ、まとめて。
風永 えーと、タイトルの由来は響きがいいからで、敵はパラサイトで、ストーリーはフランス小話のようで、テーマは欲望、と。
糸井 うむ。
風永 めちゃくちゃだ……。


[※関連記事:糸井・岩田、NINTENDO64『MOTHER3』を語る/97年1月31日号]

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。