スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

97年12月26日号





■エクスプレス

ニンテンドウ64と“デジカメ”が合体!?
任天堂、富士写真フィルム、東京エレクトロンの3社は、デジタルカメラで撮影した画像をニンテンドウ64に取り込み、加工や印刷などができるニンテンドウ64用ソフト『ふぉとぴー』の開発を始めたぞ。

サミーの新製品が続々登場!
12月2日、サミーが流通やマスコミ、そして関係者向けに新作業務用アミューズメントマシンの展示会を開催したぞ。
とくに注目を集めていたのが、手軽にタトゥーシールを作れる『モンモン倶楽部』だ。これはなんと作詞家の秋元康氏がプロデュースするマシンだぞ。

ネットワークゲームの時代がやってくる?
家庭用ゲーム機に、ついにネットワークRPGが登場した。セガと富士通が共同開発したソフトで、『Dragon's Dream』というタイトルだ。


■クロレビ

(Part1…野田、水ピン、戦闘員まるこ、ブンブン丸)

ブンブン丸は実はレビュアー初登場。今後よろしく。

ついにレビュアーになったかあ。冷静に考えて1週間でこれだけの量のゲームで遊べるって、辛くもあるけどなんかうれしいぜ。大げさな前情報に騙されねえで、ホントにおもしろいゲームを実際にプレーして見つけることができるんだからな。ホント嬉しいわ。(ブンブン)

クラッシュ・バンディクー2
9 8 8 6
新しいドキドキは無い。良くも悪くも安定しているというイメージが感じられた。ステージ数も物足りないしね。(ブンブン)

ロックマンDASH
9 8 8 6
3Dでのアクションシーンの戦略性と難易度の低さでは、今までのシリーズファンは受け入れにくいかも。(ブンブン)

電車でGO!(PS)
10 7 8 6

パネルクイズアタック25
6 7 7 6

牧場物語GB
8 8 6 7

(Part2…田原誠山、風のように永田、イザベラ、内沢)

はーい、後半のレビュアー陣にも新人がいますね。伝言板でおなじみの風永。

具体に溺れず、抽象に逃げず、知識に溺れず、吸収を怠らず、瞬間の確信をつかみとる決断力と、ダジャレをも辞さぬ瞬発力で、快楽を誠実に伝える。そんなレビューを書いていきたいのだが、どうかなあ。これからもちょくちょく顔を出しますので、どうぞよろしく。(風永)

サウンドノベルツクール2
8 7 7 6
モノを作ることはとても楽しいことだから、それを知っている人は、多少作りづらかろうが、乗り越えて作業に没頭できると思う。だが、ストレスは少ないほうがいいに決まってる。(風永)

グランディア
9 7 8 8
たとえば酒場の喧騒、すすけたポップな町並。配慮の行き届いた幻想へ飛ぶべき魅力的な主人公。世界へ入り込む準備は万端整ってるのにゲームがなかなか引き込んでくれない。随所に見られるジンとくる台詞や宮崎駿風の展開が心を打つだけに歯がゆい。物語の強さは期待通り。(風永)

DJ Wars
5 5 5 6
曲つなぎゲームと割り切って幅広い層を狙うのなら、ターンテーブルまわりの操作性とレスポンスをよくし、サンプル曲も重ねたときにわかりやすいマテリアルを選ぶべき。DJに本気で興味のあるコアへ向けるのなら、これでは1曲の時間があまりにも短すぎる。結果、頭でっかち。(風永)

エアロゲイジ
7 6 6 5

ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー 電流イライラ棒
7 7 7 7


■クロスレビュー ザ・ベストコレクション

殿堂入りした過去の名作ソフトを一挙掲載だ!

ゲームの殿堂って何?
'96年11月22日号から始まったシステム。32点以上のゲームは殿堂入りとなり、ファミ通誌面にて大々的に宣伝されるのだ。さらに、今後は殿堂入りのソフトには下のシール(註:ネッキーのマーク)が貼られることもあるぞ(協力店のみで実施)。

(※'97年の殿堂入りソフトと、ニンテンドウパワーで配信された過去のスーファミソフトで殿堂入りに相当するソフトのレビューの再掲載。欄外にそれぞれのメーカー広報担当からのうやうやしい「異論・反論コメント」)


■町内会

報告書
・菅野美穂と柏原崇が結婚したら、仲人は奴だろう。/北海道 即席サークルK
・好きとか嫌いとか最初に言い出したのは、俺。/東京都 未完成人

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。