スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美少女キャラ倶楽部、丸裸三郎と全裸マンブラザーズバンド/93年6月18日号





■エクスプレス

新型ワンダーメガ 7月2日に発売だ!!

ゲームにも適正年齢!?
セガが、海外で発売するゲームソフトのパッケージに適正年齢を表記することになった。これは、子供には刺激が強すぎるソフトがあるという批判が各国で出てきていることに対応するための措置。
“MA7”が17歳未満に適正で適切ではないソフト。“MA13”が13歳未満は保護者と一緒に遊ぶのが望ましいソフト。“GA”がとくに制限のないソフトということなのだ。

『ストリートファイターⅡ』の映画化がついに決定したぞ!!
製作総指揮を務めるのは辻本憲三カプコン代表取締役社長。

ふたつめのディズニーランド“ディズニーシー”オープン!?


■クロレビ

(浜村、田原誠山、渡辺美紀、ジョルジョ)

すんげー遅ればせながら、『ボディーガード』を観た。もー死ぬかも。ケビン・コスナーがかっこよすぎる。あーもー、この興奮はとても口では言い表せない!!!!あーん、かっこいい。あの人って映画によってさまざまな顔をするんだなあ。ぜひ、ビデオで観てね(死ぬかも)。(渡辺美紀)

ジョイメカファイト
7 6 7 6
頭と胴と手足の先しか描かれてないロボットのデザインは、ファミコンで『ストⅡ』やるための苦肉の策!?慣れれば気にならなくなったから、まぁいいか。キャラの個性の弱さはロボットの数でフォロー。『ストⅡ』の短編シナリオをオムニバスで楽しむ。そんな感覚なのかなぁ。(浜村)

マイティファイナルファイト
6 6 6 4
キャラをSD化。経験値をためると使える技が増える。『ダブルドラゴン』路線のリメイクだね。ちまちましてはいるけど、『ファイナルファイト』の世界観はバッチリ再現。スーパーファミコンを持っていない小さな子供たちヘのフォローとしても、けっこう評価できそうな仕上がりかも。(浜村)

スラップファイト
7 7 6 6
古きよき時代の正統派シューティング。確かにトロさは感じさせる。ジミさも隠しようがない。でも!!派手さを競うあまり、ビジュアルを一通り見終わったらオシマイ、なんてゲームより、よっぽど味がある。『グラディウス』や『ゼビウス』がまだ若かったあの頃を思い出させるな。(浜村)


■広告

丸裸三郎と全裸マンブラザーズバンド/全裸マンのテーマ



[※ゲームに無関係の広告が載ることは稀だったこともあり、当時はオッと思った。「正義のハダカ。」などというコピーを踊らせてしまうところがいかにもソニーのセンスってかんじ]


■THE BOOM

[※『ストⅡ』、『ファイナルファイト』、『テトリス』、『ドラクエ』、『ゼビウス』など、一大ブームを巻き起こしたゲームとそれぞれの亜流ゲームを紹介]


■アーケードマニアック

第119回『WATER SKI』


■町内会

美人とお習字
・昭和ヴァリスⅢ by さくらと一郎/大阪府 ロシアン
・ああ麻里浜田 by 最近けばい/埼玉県 バ勝村

報告書
・反生徒会同盟を結成した。まず明日、図書部長の丸山を……。/ファンクス兄
・我らが3年1組の学級目標が『笑いと自由でゴー!』に決定した。/北海道 バカくん
・このまえ、学校の校内放送で「検尿を忘れた人は5月12日にチャンスがあります」と言っていた。/大阪府 ペンタゴン


■NEW'S CLUB

うまい缶コーヒーが飲みたい
[※72種類の缶コーヒーを写真つきでレビュー]

CD
ユニコーン - スプリングマン
ピチカート・ファイヴ - BOSSA NOVA 2001
かしぶち哲郎 - Fin~めぐり逢い~
谷山浩子 - 天空歌集
Rod Stewart - Unplugged
Jesus Jones - Scratched
ゴンチチ - 『日曜はダメよ』サウンドトラック


■美少女倶楽部

美少女レスゲームなんて考えられない時代なのだ

いろんなメディアで氾濫している美少女たちが、最近目立って活躍している場がゲームの世界。マシンの高性能化とCD-ROMの登場がこの現象の要因とされてる。が、本当にそれだけなんだろうか?
ゲームなんかやったこともなかったアニメファンたちが、いまではこういうゲームを支持する新規ユーザーになっている、という話もある。やっぱりニーズあってこその現象なんだよね。だからこの際、正直に言っちゃおうじゃないの。「僕らは美少女が大好きだ」って。女のコが嫌いな人なんてこの世の中にいないんだからさ。





[※みやすのんき]

美少女たちの歴史 アニメ編
スペースの都合で割愛したキャラもいるけどカンベンね。





美少女たちの歴史 ゲーム編
つづいて、ゲームのなかの美少女の歴史なんかも見てみよう。





ゲームの美少女を語るうえで、決して除外するわけにはいかないゲームがある。日本テレネットの『夢幻戦士ヴァリス』がそれだ。
この『ヴァリス』にはふたつの売りがあった。まず、美少女が主人公となって、フトモモもあらわなコスチュームで敵と戦うという点。そして、各ステージをクリアーすると、アニメ調のビジュアルシーンが挿入されるという点だ。
今でこそ当たり前のこの売りは当時としては斬新なもので、とくにビジュアルシーンの採用については、アニメファンをゲームに引きずり込んだという点で、その功績は大きい。また強い美少女というイメージも、数多くの美少女系ゲームに継承されているといえるのではないだろうか。

第1回国民的ドット絵美少女コンテスト

[※読者、ファミ通編集スタッフ、各ゲーム誌編集スタッフからのアンケートを集計]

[ ]内は得票数
1 ワルキューレ [135]
2 リリア [129]
3 不知火舞 [67]
4 絹 [63]
5 神楽坂ユナ [57]
6 真野妖子 [54]
7 マキ(ファイナルファイト2) [49]
8 ウインビー [47]
9 リディア [43]
10 フィーナ(イースⅠ・Ⅱ) [34]
10 エレナ(イースⅢ) [34]
12 ビアンカ(ドラクエⅣ) [33]
13 麻生優子 [31]
13 カトリーヌ(スナッチャー) [31]
15 アルル・ナジャ [29]
15 リョウコ(ワールドヒーローズ) [29]
17 フレイ(サークシリーズ) [27]
18 吉沢弓美 [23]
19 レア(イースⅠ・Ⅱ) [20]
20 クルル [16]
21 コットン [15]
21 フィリス(ゴールデンアックス) [15]
21 ニーナ(ブレスオブファイア) [15]
24 レイカ(タイムギャル) [13]
25 小夜 [12]
26 ジャンヌ(ワールドヒーローズ) [11]
26 琴乃(デッドダンス) [11]
28 アネット(アネット再び)[10]
28 カイ [10]
28 西園寺エリカ [10]
28 キャピ子 [10]

[※実は2位に2倍近くの差をつけて春麗が1位だったが、「24の女を少女と呼ぶのはどうかと思う」という話に。また、森高の歌の歌詞に「女盛りは19」という一節があることから、今回のコンテストでは19歳以上の女の子は対象外ということになった]


※関連記事:
ギャルゲー進化論/94年9月30日号
ギャルゲー年表'83~'93、美少女コレクション/93年9月17日号

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。