スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーマーさんいらっしゃい/92年2月7日号





■エクスプレス

発表!! スーパーファミコンCD-ROMアダプタシステム
ついにベールを脱いだニューハードはバッファ8メガのモンスターマシンなのだ!!


■TOP30

1 時空の覇者 SaGa・3 [完結編]
2 スーパーフォーメーションサッカー
3 スーパーファイヤープロレスリング
4 スーパーマリオワールド
5 スーパー信長の野望 武将風雲録


■クロレビ

(浜村、アルツ、渡辺美紀、TACOX)

ロマンシング サ・ガ
9 8 8 6
グラフィック、シナリオのデキは『FF』のほうが数段上。でも、ゲームという、おもちゃの1ジャンルとして評価するなら、こっちのほうが勝つと思う。『FF』が守りのゲームなら、『ロマンシング』は攻めのゲーム。面倒くさいけどいろいろやれた『FFII』が好きだった人にお奨め。(浜村)
『FF』の臭いがみっちり染みついてて、私はどうしても馴染めそうもない。複数分岐のシナリオシステム自体はそれほど目新しいものではないけど、でもまあよくめげずにやったなあと感心。惜しむらくはなんだかいい加減な戦闘シーンとビジュアル。『FF』よりもクオリティが低い。(TACOX)

バッキーオヘア
6 8 6 4
グリーンプラネットの2面が、同社の『マジカルツリー』というボクの好きだったMSXのゲームに似てる! とにかくただひたすら木を上っていくだけのゲームだったんだけど、敵の出るタイミングなどが絶妙で、とても楽しかった。もちろんこのゲームも楽しいぞ。(アルツ)

ギミック!
7 8 5 6
とても丁寧に作り込まれた、純粋なアクションゲーム。細部まで凝ってるし、敵は敵らしく動いてくれるし、ひさびさによくできたアクションゲームを見たなあという思い。ただし、けっこー難しい。アクションが好きな人じゃないと駄目だと思う。『バットマン』的なおもしろさ。(TACOX)

サイバードッジ
6 6 6 2
これって『熱血高校ドッジボール部』そのままなのでは? 移植と銘打たれているわけでもなし、ちょっと首をかしげたくなる。内容はそこそこなんだけど、オリジナリティーのかけらも見られない。(TACOX)

ソウルブレイダー
8 9 9 6


■町内会

報告書
・京都に住む友人が「この10年のあいだ、京都できれいになったものは、任天堂と競馬場だけだね」と言っていた。/愛知県 ハリケーンKID
・屋台のラーメンを食べに行ったら、サラリーマンに「子どもの来る所じゃない」と言われ、その瞬間に顔を殴られた。/岩手県 鈴木
・友人は2回も車にひかれ、「今度ひかれたらもう面倒見ないよ」と言われた。/静岡県 オパールの騎士


■アーケードマニアック

第53回 PRO TENNIS


■発表 やりこみゲーム大賞

応募総数96通

・『FFIII』 全員カエルでクリアー
・『ドラクエIV』 各種木の実や種とリセットで微調整し、全員のパラメータの1の位を0か5で揃える
・『ウィズIII』 レベル10000超え
など

[※これが『やりこみ』の1回目だと思います。全員カエルでクリアーの元ネタは『はまり道』]


■ゲーマーさんいらっしゃい

ゲーメストに聞け!!

ゲーセンで高得点をビシバシ叩き出すゲーマー、いわゆるハイスコアラーとは、いったいどんな人々なのか? 家庭でゲームをしている人々とどこが違うのか? ゲーメストの編集部の4人のかたがたにズバリ聞いてみました。

――知り合いのゲーマーとかで、こいつはスゴイって人はいます?
石井ぜんじ 『ガントレット』で、100以上ある面の順番を全部覚えてるヤツとかいましたね。
山河悠理 全部で128面かな。
YOU.A 108じゃなかったっけ。
ずるずる いや、120。
――おおおおーっ(驚嘆)。
石井 ぱっと見れば全部わかる。
山河 ボタンが2個しかない『沙羅曼蛇』筐体の『ライフフォース』で、1000万点出した人とかね。最近では、『グラディウス』と『究極タイガー』の両方で1億点出した人もいます。
YOU.A 『究極タイガー』で? すごいねえ。
山河 カンスト。4人で回したとか。ふつうは夜12時でお店が閉まるけど、お店の了解を取って、閉店後も夜通しプレーしたらしい。
石井 風営法が施行される直前に、3人で『ギャプラス』1億点っていうのもありましたね。3日間電源入れっぱなしで、途中飯交替とか便所交替とかしながら(笑)。

――アーケードゲームのうまい人が誉める家庭用ゲームはなんですか?
ずるずる やっぱり『ミネルバトン・サーガ』じゃないですか(笑)。
YOU.A 『F-ZERO』なんかも人気がありますね。あと、『超魔界村』はおもしろかったですね。アーケードのゲームを同じような感覚でプレーできるっていう。

山河 昔は、3度のメシよりゲームって言葉がそのまま使えましたね。コーラのビンを売ってゲーセンに行ったり。それから、電車賃を浮かすために、東村山から高田馬場まで自転車に乗って行ったりしましたね。でも、上には上がいるもので、朝3時ごろ家を出て福岡から熊本まで、日帰りでゲーセンに行った人もいますからね(笑)。
――熊本!? ただ脱帽ですね(笑)。
山河 散髪代としてお金をもらったんだけど、それで髪を切ったらもったいないから、ゲーセンに行ってゲーセンの店員に髪の毛を切ってもらったこともありますよ。
――無料でですか?
山河 ええ。知り合いの店員に。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
素子さんありがとうございます
インタビュー、全体の3/4くらい端折ってしまいました。すみません
この時代はまだまだおおらかに雑誌同士の交流が図られていましたね
ファミマガのパズルゲーム特集に、石井ぜんじさんが登場していたのを覚えています
  • 鈴木#79D/WHSg
  • URL
  • 2008.09.14(Sun)
  • Edit
はじめまして。

GAMESTのインタビュー最高です!
うちには91年発売のGAMEST50号がまだありますよ。
  • 大林素子#79D/WHSg
  • URL
  • 2008.09.13(Sat)
  • Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。