スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『FF5』、SFCで登場!『4』はファミコンで/90年11月23日号増刊





[※『増刊ファミコン通信』は、隔週刊時代末期の'90年11月から翌'91年4月にかけて、全5号発行された。編集部的には、週刊体制に馴染むためのお試し期間としての意味合いがあったという。
週刊化のタイミングに関しては、「福田有宵先生に占ってもらったところ、“90年中は避けた方が吉”という結果が出たため、翌年6月まで先延ばしにした」という話を、元ファミ通編集の方から聞いたことがある]



■クロレビ

ハーイ!! みんな元気?増刊号のクロスレビューは、本誌とは違うスタッフでお送りするのだっ。今回は、スーパーファミコンのゲーム7本をレビューしちゃうぞ。

(浜村通信、スタパ、渡辺美紀、渋谷洋一)

[※このとき初めて、ファミ坊、店長、万里子、ガスコン、TACOX以外のレビュアーが登場した]

スーパーマリオワールド
9 9 8 6
さすがは任天堂。開発に時間をかけているらしく、操作性も良くゲームバランスも良く、フィールドやフィーチャーも練られている。だが、なんだかスッキリしない。驚かせてくれない。わりとスタンダードな感じだ。スーパーファミコンの『マリオ』という期待が大きすぎたのか?(渋谷)

F-ZERO
7 8 8 9
スピード感、臨場感は満点。あらゆるフィーチャーをスーパーリアルに仕上げたレースゲーム。シミュレーターとしては完璧! と言い切ってもいいとは思うんだけど……。ゲームとして何度も遊ぶとなるとどうかな。。走ること自体に爽快感を感じることができる人なら、買いね。(浜村)

グラディウスIII
7 7 6 5
アーケードから比べると弱すぎなくらい楽に進む。このくらいのゲームバランスがいいとは思うが、単に処理速度や敵キャラの出現数を抑えただけのバランス取りには、納得がいかない。とくに泡ステージの泡はもっと出してほしかった。押し潰される!? という危機感がまったくない。(渋谷)

ファイナルファイト
8 6 6 5

ボンバザル
8 6 7 4

ポピュラス
7 9 9 5

SDザ・グレイトバトル 新たなる挑戦
6 6 6 4


■特報 ファイナルファンタジーV

スーパーファミコンの発売を目前にして、またもやビッグタイトルの発売が決定したぞ。

――容量のほうは?
スクウェア 8メガです。
――さすがーっ、ってかんじですね。製作スタッフは同じですか?
スクウェア 基本的には同じです。人数的には過去のどの『FF』シリーズよりたくさんの人間が関わっています。現在は『Sa・Ga2』のスタッフも何人か加わりました。

――タイトル名を変えようと思ったことってありません? 物語がつながっていないわけだから、それって簡単なことですよね。
スクウェア 正直いうと、ハードがファミコンからスーパーファミコンに変わったので、タイトル変更の話も出ました。でも、今回描かれる世界もまた、まぎれもなく『FF』の世界ですから、結果として『ファイナルファンタジーV』となったわけなんです。

――『IV』はファミコンで発売するんですよね。
スクウェア ファミコンです。現段階ではまったく未定ですが、開発は進めています。
――じゃあ『V』が先に発売しちゃいますよね?
スクウェア 開発は『III』が終了した時点から、『IV』、『V』同時にスタートしたのですが、進行状況および市場動向を検討し、スーパーファミコン用の『V』を先に発売することに決定しました。現在『IV』のスタッフは全員『V』の開発にかかっています。

――まず『V』なんですね。こう説明されると納得しちゃいますね。じゃあこれからは、スーパーファミコンとファミコンで『FF』シリーズを発売していくの?
スクウェア ファミコンのタイトルに関しては、いまは『IV』を含めすべて未定です。
――『FF』以外のRPGは考えてないのですか?
スクウェア 現在いくつかの企画が進行中です。『Sa・Ga』だってあるじゃないですか。


[※関連記事:スクウェアより、FF4開発中止のお知らせ/91年2月22日号・後編]


■これが史上最悪のゲームマシンだ!!

[※クリックで拡大します]






■コマンドー大作戦

安永航一郎


■大江戸百景

フジサキヒトシ
[※ロビン西]


■初冬

鳴海優道





[※ファミ通マンガ大賞でデビューした人]


■嗚呼!感動 マリオブラザーズの青春

石原豪人

[※数年前話題になったやつ]


■ラ・エクスプレッソ

国税庁謹製ソフト『惑星アトン外伝』だ!
「毎年11月11日から17日までの1週間を“税を知る週間”として、さまざまな行事を催しているんですが、その一環としてゲームを作ってみたんです。『惑星アトン外伝』は、普段税のしくみに親しむ機会の少ない小学生を対象として作成しました」(国税庁 広報)

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。