スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

92年9月11日号





■エクスプレス

いまからでも遅くはないっ!! 『ドラクエⅤ』絶対予約大作戦!!
これが『ドラクエⅤ』を予約できる都道府県別のお店リストだーっ!!


■TOP 30

1 ドラゴンボールZⅢ 烈戦人造人間 [NEW]
2 ストリートファイターⅡ
3 スーパー桃太郎電鉄Ⅱ [NEW]
4 マリオペイント
5 初代 熱血硬派くにおくん [NEW]


■クロレビ

(ファミ坊、アルツ、イザベラ永野、内沢)

TRAVEL エプル
3 5 5 4
面クリ形式のアクションゲーム。アイテムを拾って、敵にぶつけたり、殴ったり、一応ゲームの条件は満たしてるんだけど、いまひとつ緊迫感がないんだよね。(ファミ坊)

セレクションⅡ
6 6 6 4
意味の乏しいコマンドが多くて、手順をふむ部分がちょっとネックだけど、ストーリーはサクサク進んで小気味いい。携帯用としては、けっこうな完成度だ。(ファミ坊)


■ゲームバトルロイヤル

なぜわれわれはピンボールをするのか

TACOX なんで私たちは、ビデオゲームやらないでピンボールやってるのって言うと……。
斎藤大助 ビデオゲームがつまんないからですよね。
TACOX 同じなんだよね。基本的にシューティングなら、『ゼビウス』以降、なんら変わっちゃいないし、RPGなら全部、『ドラクエ』のクローンだし。
大助 まあ、そこまでは言わないにしても、画期的なものってのはもう、ビデオゲームにはなくなってきちゃったんだよね。たとえば『ゼビウス』でシステムはだいたい決まっちゃってて、あれに加えてグラフィックのきれいな『グラディウスⅡ』が出て……。
TACOX あとは音がすごいとか。そういう些末的な革新にとどまっているような感じ。

TACOX ピンボールで何がおもしろいかって言うと、そこに操っているもののすべてがあるわけでしょ。そういうのって絶対にビデオゲームにはないものだし。しかも、自然法則にのっとって動いているわけだよね。ビデオゲームの画面の中の世界って、どんなに自然法則をシミュレートしても、決して完全には動かせないわけだから。だからイレギュラーなバウンドとか。先の予測ができないところを、プレーヤーの力量でねじ伏せて、自分の好きなパターンに組み立てていくところが、私は最高に面白いと思う。
大助 ビデオゲームなんかだと、ここでこんな技を発見したっていうと、同じシチュエーション作れば何回でもできるじゃない。ピンボールの場合、同じ軌道の弾は二度とない。台ごと揺らせばボールの軌道も当然変わるでしょう。そういうメカっぽいところがいいんだよね。パチスロとかパチンコとか、そういう範疇のゲームだと思ってます。


■3Dとマウス

3Dテクノロジー

古今東西の3Dゲームとその技術を大紹介

周辺機器を使用した3D表現
・とびだせ大作戦
・スーパーダライアス
・バトルバード

ラスタスクロールを使用した3D表現
・『F1レース』『スーパーモナコGP』など

ワイヤーフレームによる3D表現
・スターウォーズ

回転、拡大、縮小機能を利用した3D表現
・F-ZERO
・スーパーダンクショット

想像力を利用した3D表現
・ウィザードリィ
・ダンジョンマスター

ポリゴンを利用した3D表現
・バトルテック
・ハードドライビング

スプライト移動による3D表現
・スターラスター
・機動戦士Zガンダム ホットスクランブル

これからの3Dはこうなる
・体感シアターのように
・『ギャラクシアン3』のように
・『キャプテンEO』のように
・バーチャリティーのように

パワフルな3D世界ができるのを信じて
既存のゲームジャンルは、いずれも行きづまり(イキヅボール)状態だ。多くのソフトは、以前あったソフトの焼き直し。まったく新しいジャンルの登場を待っていると、老いさらばえてひからびてしまいそうな按配だ。
こんなときは、メーカーさんだってわかっているはず。ファミ通は、システム面での改良はさておき、今後はマンマシンインターフェースを改良する方向に進むと見ている。そのひとつが3D表現の技法であり、つぎのページからの主題であるマウスなのだ。

マウスだよお父っつあん

マウスの登場でゲームマシンに新たな波が!
『マリオペイント』でデビューした、スーパーファミコンマウス。『レミングス』と同時発売される、PCエンジン用マウス。このふたつが、家庭用ゲーム機のソフトを大きく変えようとしている。
今回紹介する最新のパソコンゲームも、家庭用に移植される可能性が高い、要チェックのマウスゲームばかり。ズバリ、'93年のゲームシーンが見えてきそうだぞ。

・キャッスルズ
・卒業
・ミス・ディテクティヴ
・大戦略Ⅳ
・アイ・オブ・ザ・ビホルダー
・アートマスター・コア
など

こんなマウスゲームを作ってほしい!!
・シェフへの道
料理シミュレーションゲーム。画面中央にコンロがあり、鍋やフライパンが並んでいる。肉をマウスでクリックしてつかんで鍋に入れたり、包丁をクリックしてつかみ、野菜を切ったりというふうに、まさに台所にいるような感覚でプレーできるのが特徴だ。
・体感RPG(仮題)
3D型のリアルタイムRPGだ。とくに戦闘シーンに特徴がある。マウスを動かす方向が、さまざまな攻撃の方法になっていて、まっすぐ前ならストレートパンチ、横から前に動かすとフックパンチといった具合だ。

オマケ こんなマウスはイヤだ!!
・痛くて触れない
・板(マウスパッド)のほうを動かす
・AI搭載マウス
・ガソリンで動く
・デカくて家にもなる
・ドーム型
・水晶でできている
・なかの玉がじつはウッドボール
・子供を産むのでどんどん増える
・カウンターつき
・毛が生えてくる


■アーケードマニアック

第82回『GANG WARS』


■町内会

報告書
・不幸にも修学旅行中に夢精してしまった友人藤村は、みんなに「エロチックファンタジー藤村」と呼ばれるようになってしまった。/東京都 爆発寸前
・僕の妹は『マリオペイント』のことを『ペーちゃん』と呼ぶ。/奈良県 ダルお
・藤原の家に泊まったら、ライターを口につっこまれた。/静岡県 なおちん

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。