スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'94年9月23日号






■エクスプレス

FACE

ロード・ブリティッシュ

――コンピューターゲームのプログラミングを始めたのはいつごろなんですか?
ロード・ブリティッシュ ハイスクール時代ですね。学校に、どこかの大型コンピューターとつながっている端末が置いてあったんですが、よくそのなかに入っている簡単なゲームで遊んでいました。そのうち自分でもゲームが作りたくなって、簡単なプログラミングから始めてみたんです。

――そのころは、どんなゲームを作っていたんですか?
L.B. いまのRPGの先祖みたいなものですね。グラフィックも記号が並んでいるという感じの原始的なものでした。とにかく独学で、実際プログラミングすることでプログラムを学んでいったんですよ。

――それから『ウルティマ』の誕生までには、どんないきさつが?
L.B. 大学入学後にアップルIIというパソコンを手に入れて、それを使って『アカラベス』というRPGを作りました。じつは、これが『ウルティマ』の原形なんです。ある人の薦めがきっかけでこのソフトを売ることになり、その利益をもとにして作られたのが『ウルティマ』というわけです。

――『ウルティマ』シリーズの世界は、今後どのように展開していくんですか?
L.B. 正直いってわかりません。テクノロジーの進歩と並行して、テレビゲームのなかで表現できることもどんどん変わっていくと思っていますから……RPGという言葉の持つ意味すら変わっていくのかもしれません。私としては、とにかく、その時期その時期でつねに最高のゲームを作り続けていきたいと考えています。



[※関連記事:93年4月3日号/ウィル・ライト登場]



■TOP30

1 MOTHER2 ギーグの逆襲 [NEW]
2 ラングリッサーII [NEW]
3 ハロー! パックマン [NEW]
4 Jリーグサッカー プライムゴール2
5 餓狼伝説スペシャル



■クロレビ

(浜村、鈴木ドイツ、渡辺、ジョルジョ)

以前にも触れた『T'en Va Pas』の入った原田知世のCD『カコ』が超良い。なんかもう、そこではすべての歌詞が意味を失って、心地よさとか不安とか、楽しいとか哀しいとか、そんな感情だけになって聴く者を包み込む。ひどく色っぽいし。原田知世は天才かも。(ドイツ)

MOTHER2 ギーグの逆襲
9 9 8 8
とぼけたなかにもチラっと見える本気が心地よいそんなゲームです。もちろんRPG的なおつかい、次の行動を捜す展開も多少あるけど、それを補って余りあるちょっとした、あるいは大きなホンワカ感と心地よさがある。とくに言葉(セリフ)と音楽は無敵といっていいほど、よいです。(ドイツ)

おでかけレスタ~ れれれのれ(^^;
6 5 6 7
ポップでファンキーな『プリンスオブペルシャ』。ユーモラスな動きには爆笑。かなりキテる。でも残念ながら、レスポンスがイマイチ。細かい動きを表現してるからだろうけど。微妙な操作が必要なゲームだけに辛い。「なんで死ぬの、バカ」的なゲームオーバー続出。慣れだけの問題!? (浜村)

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
ぼくが初めて接したのはFC版の『恐怖のエクソダス』でした。大人な感じで難しくて、じきに投げ出してしまいました。クリアーは兄ちゃんに任せて、自分は『カリーンの剣』とか『ミネルバトンサーガ』をやってました
  • 鈴木#79D/WHSg
  • URL
  • 2009.03.02(Mon)
  • Edit
ロード・ブリティッシュ!
LOGiNを読んで、ウルティマやりてー、Appeleってなんでこんな面白そうなゲームがいっぱい…と思っていたころが懐かしいです…。
  • かばん#79D/WHSg
  • URL
  • 2009.03.02(Mon)
  • Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。