スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニチブツ社長インタビュー | '92年11月6日号






■エクスプレス


FACE

田中公平

――『レナス』の作曲はどういうふうに話が来たんですか?
田中 以前にアスミックさんの、『サーディオン』の音楽をやったんですよ。そのときに気に入ってもらえたようで "今回も" という感じで依頼が来ました。なかなか力の入った仕事になりましたよ。というのは、『レナス』は構想に5年以上もかけて、ようやく実現したものなんだそうですよ。実際の制作期間だけでも2年ぐらいはかかったそうで……。ですから、チョチョイのチョイってな感じで音楽をくっつけるのは、スタッフのみなさんに失礼だと思って、打ち合わせを綿密に行いました。イメージイラストも40枚ぐらいいただきましたので、その世界に浸ろうと1ヵ月ほどそのイラストを眺めて過ごしたりもしましたよ。

――これからやってみたい仕事はどんなことでしょうか?
田中 まずはソフトの企画の段階から参加して音楽を作ってみたいですね。このシーンはこんな曲をつけたいので、容量をこれだけ空けてほしいとか相談してね。それから世界に通用するようなアニメの音楽も作ってみたいですね。いまの日本で世界に誇れる文化というのは、ゲームとアニメとカラオケぐらいでしょうからね。そのうちのふたつに参加できる僕は幸せ者ですよ。ついでにカラオケも得意ですけどね(笑)。





■町内会


わくわく動物ランド


(神奈川県 門田)


(静岡県 なおちん)


(秋田県 安良薬品店)


報告書
・最近あまりフィットしない。(岐阜県 美濃死鬼)
・任天堂の社長は横山やすしに少し似ている。(長崎県 ガバンチョ)
・任天堂は歌に凝っている。(愛知県 山王中キング)
・流行社会には納得できない。(宮城県 プリーズ)
・バーモントの国から帰ってきた今夜のカレーは絶品だった。(三重県 コージロー)
・ぼくの田舎がダムになる。(埼玉県 L.A. BOY)
・友人の机のなかから注射器が見つかった。(島根県 PC変人)
・ぼくの友人の兄はGコード予約を失敗して彼女にフラれた。(青森県 ドララグレート)
・学校にはウシが出るという伝説があるらしい。(広島県 ハーリー)
・今日三沢光晴にたしなめられた。(岡山県 全日本普及協会)
・ターザン後藤はサインをくれない。(大分県 お○む)




■日本の社長


日本物産株式会社 鳥井末治



1970年 創立
1972年 日本物産(株)設立
趣味 ゴルフ

脱衣麻雀として始めたのはうちが最初だったんです。最初はバニーガールの女の子の絵が入ってる程度だったんですが、それだけでインカムはだいぶ変わったんです。それにヒントを得て、女の子を5、6人入れてみよう、それなら脱いでいったほうがいんじゃないかとなっていったんですね。最初はマンガ的な脱ぎ方でしたね。それがヒットしたんで、各社さんが参入して来たんです。

しかしいろんなメーカーさんが競合した結果、どうしても描写が過激になってきた。それで問題が出てきたんです。ゲームセンターも、昔は景気が悪くて脱衣麻雀で稼いでいたときは何も言わなかったんですけどね。いまはクレーンゲームなどで売上が上がって、女の子のお客さんもおおくなってますので、どうしても邪魔になってきたんでしょうね。

いまの大学生は麻雀をしなくなりましたね。ユーザーも減っています。麻雀のやり方も知らない人が増えているんじゃないですか。今後、麻雀人口が増えるということはないでしょうね。いろいろほかに楽しい遊びがありますからね。

ただ麻雀ゲームは、作るノウハウがわかってますんで、新人教育に必ずやらせます。いちばん勉強になるんです。だから新人社員の研修を兼ねたもの、ぐらいにしか麻雀は考えてません。業務用の麻雀を作って、それからコンシューマーのほうのチームに入れるんですよ。去年はヒューマンの学校の卒業生をとりました。やっぱりうちらの業界では、そういう学校を出てるかたのほうが、即戦力になっていいですね。しかしまあ一人前になるには早くても2年近くかかります。

我が社はいままでどおりゲーム一筋でやっていきたいと思います。開発の人間は、自分の視点でゲームを作ろうとしています。そういうわけでどうもこの業界はマニア向けになりがちですけどね。小学生低学年から5、6年生くらいにうける商品を開発していかないといけないと思います。

これまでゲーム業界はゲーム屋さんで成り立っていましたが、これからは一般産業から参入して来ますから、その辺がどうなっていくかでしょうね。そういう方は本業とは違いますので、ダメだとすぐに撤退してしまいます。うちら昔からのゲーム屋さんは、ゲームしかできないんでね。

松任谷由実インタビュー | '91年12月13日号






■クロレビ

(ファミ坊、店長、万里子、ジョルジョ中治。中治はこの回が初登場)

忍者武雷伝説
6 7 8 8
忍者シミュレーションゲーム。最近の複雑化する一方のシミュレーションのなかでは、比較的初心者向きになっていて、取り組みやすい。RPG要素が少し入っているし、システムもかなりシンプルだ。そのぶん、一連の戦略シミュレーションでならした人には、物足りないかも。(ファミ坊)

ロックマン4 ~新たなる野望~
6 7 7 7
はっきりいって、僕レベルではとても追いつかない難易度だ。ただ、純然たる学習型だし、ちょっとでもアクションゲームが得意な人なら、少なくても意欲は湧く。攻撃方法その他も初登場のものが多いし、どちらかというと、今までのシリーズの延長線ではない。ファンなら迷わず。(ファミ坊)

ゼルダの伝説 ―神々のトライフォース―
9 10 10 10
『I』に比べると、アドベンチャー色が強くなった。昔の竹を割ったようなイメージが、今回はシナリオ&イベント最重視型。既存RPGの影響を色濃く受けてるんだよね。ただストーリー展開は絶妙に練られてるし、グラフィックは4重丸。とくに演出関係がすごい。かなりの力作だ。(ファミ坊)
よい悪いを別にして、世のなかには肌に合うゲームとそうでないゲームのふたつの種類がある。『ゼルダ』はまさに私にとってぴったしカンカン肌に合ってしまうゲームなのだ。実際私の前世はゼルダだったんじゃないかとさえ思う。んなわけで今回は、諸手をあげて10点さしあげるっ。(店長)


[※店長が「10点さしあげる」って言ってる]




■松任谷由実インタビュー


――ありがちな質問ですが、ファミコンはお好きですか?
松任谷 ええ。ロールプレイングものは大好きですよね。まぁ反射もの(シューティングゲーム)も好きだけど。
――そうですか(笑)。それは、ご自身でプレーされるんですか?
松任谷 旦那がね、好きなんですよ。それを横で見てて、あーきれいだなぁって。
――横で見ててもけっこうおもしろいでしょ。
松任谷 そうですね。それで『ドラクエ』なんかだとね、「ほらぁ、いまからお姫様を救い出すところだから見ろ」とかって言うんですよ(笑)。
――けっこう、うっとーしいなーとか思ったりはしませんか?
松任谷 いや、そんなことはないんですけどね。でも、毎年スキー場でコンサートをやってるんですけど、そのホテルの部屋で、自分でテレビにファミコンができるようにつないじゃって、1週間ぐらいずーっとやられてたときは、さすがに頭がおかしくなりそうでしたね(笑)。
――横で見てて自分でやろうとは思わなかったんですか?
松任谷 思わないんですよね。ファミコンに限らず、長く一緒に仕事してると。ホント、大脳の一部を共有してるって言ってるんですけどね、お互いに。
――やってる気になってるという。
松任谷 そう、やってる気になるし、わたしはわたしの好きな趣味のところをドンドンドンドン好奇心強いから広げるし、まぁそこが一緒になって何かの世界になるから。もう人生、時間もないことだし(笑)、それぞれこう手を広げようって感じですね。

――今回のアルバム『DAWN PURPLE』の『誰かがあなたを探してる』っていう曲は、かなりゲームっぽいですね。
松任谷 ええ。『Love Wars』っていう2年前のアルバムのタイトルチューンは反射ものをラブソングにしたんですけど、今度はやっぱりロールものも歌にしたいなーって思ってたんですよね。ロールものっていうより、わたしほんとファミコンの世界というかネットワークには、心情的に興味持ってるんです。すごいなぁーって。
――それでこういう曲を?
松任谷 詞の書き方なんかが、たぶん同じだと思います。というのは自分で楽しんでるというか、それを形にして出しているような、ラブソングも、ちょうどゲームソフトをプログラムするような感じです。
――それが共通するところですね。
松任谷 たぶん、わたしの作品の聴かれ方というのは、とくに女の子の場合、歌詞に出てくることがそのままストーリーなんじゃないんですよね。聴く側がね、そこに登場人物として入り込んで、勝手に歌詞にない部分もシミュレーションして『自分がその登場人物になっちゃって楽しんでるんだと思うんですよ。
――インタラクティブですね。
松任谷 そう言うんですか? 知らなかったです。音楽って一方的に情報がやってくることが多いと思うんだけど、じつはそれこそバーチャルリアリティーと一緒で、受け手が頭の中で何かリアクションすると、その世界のなかの人物なり風景なりもどんどん変わっていってるんだと思うんです。その登場人物に聴き手がなってる、そういう感情移入のしかたが、きっとファミコンを好きな人にもわかってもらえると思うから、今回のプロモーションでこの本(ファミコン通信)は、わたしが出たいって言ったんですよ(笑)。
――そうだったんですか。ありがとうございます(笑)。

――最後に、ニューアルバムのライバルって何ですか?
松任谷 ライバル? 『ドラクエ』ってライバルですよね(笑)。いやほんとに。ただ自慢じゃないけど、今度のアルバムは、『ドラクエ』に負けず劣らずサウンドが、ほんと豪華だと思います。


PUFFY | '99年4月9日号






■アイドルスタジオ


PUFFY



















■ハッピーゲーム ハッピーライフ


パフィーとゲームのお話



チップス えー、まずはおふたりが初めてプレーしたゲームについて教えてください。
由美 初めてやったのは、『ポパイの英語あそび』と『F1レース』かな。お父さんがファミコンといっしょに買ってきたんです。
亜美 私はゲーム&ウォッチ。
ポルノ 『ヘルメット』?
亜美 『マンホール』とかも。おばあちゃんが買ってくれたりしました。でもテレビゲームで遊んだのは、20歳を過ぎてからですね。ファミコンがブームになってたころは日本にいなかったんです。
チップス へー。20歳で初めてプレーしたゲームって?
亜美 友だちから借りたファミコンの『サーカスチャーリー』。ぜんぜんできなくてすぐ挫折しました。
ポルノ ゲームハードはどんなの持ってんですか?
由美 そうですねえ。ネオジオ以外はほとんど持ってますね。
チップス メガドライブとかも?
由美 『シャイニングフォース』のために買ったんですよ。プレステもセガサターンもドリームキャストもあります。
亜美 そういえば昨日友だちから「メガドライブ返して」って電話がありました。いっしょに借りた『エコー・ザ・ドルフィン』が難しくって苦戦しましたね。ゲームの機械はひととおり持ってると思います。
チップス 昨日……。すてきな友だちがいますね。それじゃあ、そのゲーム機たちでプレーしてきた思い出深いゲームを教えてください。
由美 やっぱり『マザー』シリーズかなあ。『マリオ』シリーズも好きだし、『熱血硬派くにおくん』や『スパルタンX』も。ああっ! 画期的だなあと思ったのは『スペランカー』。カートリッジに赤いランプが付いていて電源を入れたら光の。あれは感動しましたねー(笑)。
亜美 私は『サラトマ』ですね。『サーカスチャーリー』の次にやったゲームなんですけど、めちゃくちゃおもしろくて、学校でもその話ばっかりしてましたね。でもある日ピーナツ村のナツコさんの居場所が判らなくなっちゃって、周りの友だちに聞いても誰も知らなくて……。
チップス あまりにも古いからね。
亜美 それでとりあえず104で任天堂の電話番号を調べて電話したんですよ。そしたら「ハドソンさんのソフトなんでそちらの連絡先を教えます」って言われて。
チップス、ポルノ 親切だな-。
亜美 それでハドソンに電話をかけたら「はーい、どうしたのー?」ってやさしい口調のお兄さんが出て、とっさに子供のふりして質問したら「お兄さんもちょっと覚えてないなー」って(笑)。でも彼なりにいろいろアドバイスしてくれて。結局自力でナツコさんを見つけたんですけど、今度はカボチャ大王とジャンケンをするっていうのがあって、これが勝てなくて。またハドソンさんに電話したら、お兄さんが「それは運だね」って(笑)。
チップス 思い出のゲームになるわけですね。長い話をありがとう。


[※亜美については昔からいろいろ言いたいことがあるけどここには書くのやめとく]

加藤あい | '99年2月5日号






■アイドルスタジオ


加藤あい













パワーコンソール | '89年11月10日号






■クロレビ


遊遊記
6 7 8 7
ノリ自体は、前作『鬼ヶ島』と変わらない。ほどほどに親切で、標準的なアドベンチャーゲームといったところ。ただ、メッセージが読みづらいのがネック。単語と単語のあいだは、やっぱり離すべきだし、カタカナを使わないってのも疑問だ。全部ひらがなは、親切じゃないと思うなあ。(ファミ坊)

超人ウルトラベースボール
5 6 6 5
ウリはなんといっても超人モード。いろんな魔球、特殊技法が使えて、通常の野球ゲームでは味わえない楽しさがある。邪道には違いないけど、野球ゲームに新しい要素を盛り込もうとした意欲は、ほかのメーカーさんにも見習ってほしいとこだと思う。ワンパターンじゃつまらないもんね。(ファミ坊)

ソフトボール天国
5 6 7 5
ガキんちょのころ狭い路地裏で友だち3人と遊んだ三角ベースを思い出させるようなゲーム。ああ、こういう野球ゲームの作り方もあるんだな、と感心しちゃったぞ。野球じたいはちょっと……なんだけど、それをすべてアイデアでカバーしちゃってるところがスゴイと思う。でも飽きるかも。(TACOX)

鏡の国のレジェンド
5 6 7 7
この手のソフトは、ゲームとしての評価より、アイドルがどれだけイキイキしてるかってことが重要なんだと思う。まえに小川範子のCD-ROMのゲームが出たときほどは衝撃的じゃないけど、ファンだったらどうしても手に入れたいはず。アニメーション効果の点で新しいことやってる。(店長)

リュッター
6 6 7 4
『ロードランナー』タイプのパズル型アクションゲーム。キャラクターデザインとかコントローラーの操作性はイマイチなんだけど、ゲームアイデア自体はかなりいい。わりに新しかったりするんだよね。面クリに燃えるゲームって感じだ。もうすこしシェイプアップしてほしかったなあ。(ファミ坊)



■新着ゲーム通信


ブレードランド
何が東京に起こるのか?
『ブレードランド』は、近未来の東京を舞台にしたSF仕立てのRPGなのだ。キミの知っている区や市が、実名で登場しちゃうぞ。このゲームの目的は、残念ながら秘密なのだ。





[※日本ソフト販売の発売中止タイトル。『アームドF』と隣同士で1/4スペースで紹介されてる]



■NEW'S CLUB

EAT

ファイバーヌードル


暖まりながら、ダイエタリーファイバー(食物繊維)、ビタミン、カルシウムなどが摂れる。(サンヨー食品 150円)


スーパーマスタード


マスタードのきいた激カラスナック。(日清食品 120円)




■エクスプレス


PCエンジンSG周辺機器早くも登場!!



商品名は、パワーコンソール。形状はとってもサイバーなコクピット感覚なのだ。 ハンドル、スロットルレバー、ジョグダイヤル、ジョイスティックと、どんなゲーム操作にも対応が可能。複雑な操作の多いゲームセンターの体感ゲームシリーズでも、このパワーコンソールさえあれば、支障なく遊べてしまうわけね。
じつはこのパワーコンソールには、もうひとつのあっと驚く秘密機能がついているのだ。ひと呼んで、マクロ機能。プレイヤーのコントローラー操作を覚え、それをそのまま再現するというトンでもないコトができてしまうんだな。
「たとえば『R・TYPE』なら、3ステージくらいまで楽に覚えておいてくれますよ」(日本電気HE 広報)
このほかにも時計機能、マルチタップ機能と、文字通りパワフルなコントローラー。こうなると気になるのは、その価格だが……。
「対象をおもにマニア層に設定。多少高くても、高機能なモノにしようと考えました。値段は59800円です」(日本電気HE 広報)
59800円!! ゲームの周辺機器にしては高すぎない!?
「品揃えの一環です。マシンと一緒についてくるターボパッドでも、ゲームはじゅうぶん楽しめる。もっとグレードの高いものを望むなら、別売りのジョイスティック。さらに本物を指向するならパワーコンソール。PCエンジンには、プレイヤーの好みに合わせて、こんなに世界が広がっていると考えていただければ……」(日本電気HE 広報)



■広告


アトミック・ロボキッド





[※この号は当時買えなくて中学に入ってから友だちに譲ってもらったので印象に残ってる]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。